<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 31日

城下町の石油製品屋に宿るインドの情念

d0353489_20195751.jpg

あまりの暑さに、劣化しはじめた街路樹の葉・・・
その背景にもなにやら赤錆の浮いた物体が見えています。

d0353489_2020247.jpg

うぉぉぉ、実に存在感のある赤錆建築なんでありました。

d0353489_20211890.jpg

建物の横に回ってみると・・・おお、これはあいちトリエンナーレのシンボルロゴ・・・おお、ここは会場の一つなんだ♪
奥には天守閣らしき建築物も見えております・・・おお、ここは城下町なんだ。^^

d0353489_20213583.jpg

あいちトリエンナーレの会場で城下町と言えば、岡崎なんであります。
ここは岡崎市内を横切る国道1号線沿い、岡崎城のすぐ近くにある岡崎表屋のビルです。
戦後まもなく建てられたビルの1階は各種石油製品の販売ほかを行う会社のオフィスとして営業中だそうです。

このビルの2階・3階では、インドのアーティスト、シュレヤス・カルレさんの作品が展示されています。
作品のタイトル名は「帰ってきた、帰ってきた:横のドアから入って」・・・まさしく非常階段の「横のドアから入って」行きます。

d0353489_20372272.jpg

カルレさんはインドで制作したオブジェと、建物内の家具や雑貨を利用して、周辺の地理や歴史、文化を視覚化し、日本とインドにおける西欧文化の受容について考える場を立ち上げたんだとか。
うむ・・・これは建物内に元々あったもののようですね。

d0353489_20225349.jpg

こちらはインドで製作したものでしょうか。

d0353489_20373379.jpg

ううむ・・・「これも作品ですか?」とスタッフの方にお尋ねしたら、「はい、そうです。」とのことでした。^^;

d0353489_20232148.jpg

これはカルレさんが作ったものでしょうね。

d0353489_20234367.jpg

これも・・・作品の一部でしょうね。

d0353489_20241762.jpg

えっと・・・作品だと思います。^^;

d0353489_2024366.jpg

朽ちた窓枠越しに見る岡崎市内・・・うむ~、これも作品なのだ♪

d0353489_20255427.jpg

もちろん天井の得体のしれないシミも作品に間違いない♪

d0353489_20262346.jpg

階下に降りる階段の味わいも半端なく、げーじつだったんであります。^^v

d0353489_21153297.jpg

あいちトリエンナーレの会場って、選択の基準が実にツボです・・・こういう不思議さがたまらなく良いですね~♪
使われていない場所、廃棄された場所なので使用料が安上がり、ってのもこういう場所を選ぶ理由なのかなあ。
いずれにせよ、錆ふぇち、廃墟ふぇちにはたまらない場所だったんでありました♪

愛知県愛知県岡崎市康生町759 表屋にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この城下町の石油製品屋に宿るインドのエートスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-31 05:00 | Art | Comments(20)
2016年 08月 30日

秋雲が浮かぶ猛暑の黄昏

d0353489_19342966.jpg





d0353489_19404360.jpg





d0353489_19351670.jpg





d0353489_19571526.jpg

8月も明日でおしまい、明後日からは暦の上では秋です。
でも、今年の夏は本当に蒸し暑くて、全然秋が近づいてきているという実感がありません。
夕方になっても、体温に近い気温があり、もうヘロヘロです・・・

思えば去年、一昨年の晩夏は涼しかったです。
なんせ、金木犀が9月中に咲きましたからね。^^;

でも、そんなうだるような晩夏でも、空を見上げると秋の気配が・・・
やはりちゃんと秋っぽい雲が浮かんでいるんでありました♪

P.S.
今朝になったら急に秋めいて、涼しくなってきましたよ。^^;
ほんの数日で秋を実感できるようになるとは・・・今年は残暑が軽いのかも、うれしいです♪

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この秋雲が浮かぶ猛暑の黄昏をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-30 05:00 | Sky | Comments(22)
2016年 08月 29日

いまだに中世が残る職人の家

d0353489_191581.jpg




d0353489_193624.jpg




d0353489_1965293.jpg




d0353489_1972167.jpg




d0353489_198366.jpg




d0353489_1982625.jpg




d0353489_19294781.jpg




d0353489_1984489.jpg




d0353489_199238.jpg

ローテンブルクはそこかしこに中世の面影が残る街です。
でも、文字通り、中世からそのまま残っている家もあるのですよね・・・このAlt Rothenburger Handwerkerhaus、「職人の家」です。

郷土博物館の一種で、1270年から1300年ごろに建てられて以来、様々な職人たちの仕事場として使用されてきたんだそうです。
記録を辿ると、1500年ごろまで桶職人、1510年から1680年までは染物師、1681年から1724年までは織物師、そして1724年から1802年まで靴屋が住んでいたんだとか。
その後は、籠細工師、石鹸製造工、舗装工などがここを使用したんだそうです。

そんな素晴らしい歴史を誇る博物館にも関わらず、あまり混んでませんでしたね。
ローテンブルクには、他にも魅力的な博物館があるからなんでしょうか。^^

Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このいまだに中世が残る職人の家をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-29 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
2016年 08月 28日

とってもARTな旧輸入食品屋

d0353489_16112146.jpg

温かな透明感を感じさせるガラスのオブジェ・・・素敵なアートでした。

d0353489_16114437.jpg

このアートが展示されていたのは、こんな昭和レトロなビルです。
昔からの名古屋人なら、「ああ、あそこか・・・」とわかるかもしれません・・・はい、栄町の旧・明治屋栄ビルですね♪

明治屋は、高品質な食材や珍しい輸入食品を扱う高級スーパーで、名古屋ではこの1938年に建てられたビルがそのシンボルでした。
この美しい昭和レトロなビルは、新しい耐震基準を満たしておらず、残念ながら2014年5月にその76年の歴史に幕を下ろしてしまいました。

d0353489_1612397.jpg

でも、今回の「あいちトリエンナーレ」の会場の一つとして復活したんであります♪
「あいちトリエンナーレ」、イレモノが楽しいんですよね・・・古いビルなどを積極的に活用しています。
私のようなレトロな建物ふぇちにはたまりません♪

d0353489_16123021.jpg

広小路側のショーウィンドーから中を覗くと、反対側の風景が写りこんで中のアートと混然一体となった不思議な眺めになっていました。
11時からの展示だったので、まだ中に入れません・・・他の会場を先に回ってくることにしました。

d0353489_16132559.jpg

桜通りの「損保ジャパン日本興亜名古屋ビル」と広小路通りの中央広小路ビルの展示を見て、このビルに戻ってきました。
午後になって日差しが変わり、かつて丸善があった側の壁面に陽が射していました。
さすが戦前の建物だけあって、増築された配管が複雑怪奇に絡み合い、実にフォトジェニックでしたねえ♪

d0353489_16135159.jpg

この旧・明治屋栄ビル、ぜひこのレトロな外壁はそのままに残しておいてほしいものです。

d0353489_1622326.jpg

とはいうものの、栄の一等地ですから再開発の話もあるようです。
なかなかこういう建物は生き永らえないのでしょうね。

d0353489_1623063.jpg

1階に入ってみました・・・ここでよく輸入食品を買ったなあ・・・今はだだっぴろいギャラリーになってました。
1Fは、ドイツのケルスティン・ブレチュさんの作品が各種展示されていました。

d0353489_16233357.jpg

先ほど、ショーウィンドーから見た作品、今度は中から見てみました。

d0353489_16241335.jpg

かつてデニーズが入っていた2階のフロアへ上がってみます。
うぉぉぉ、実に味わい深い昭和の壁面なんでありました♪

d0353489_16243428.jpg

端聡さんの作品です・・・はじけ飛ぶ水滴、水蒸気が不思議な雰囲気を醸し出しておりました。

d0353489_16265639.jpg

一枚目の写真に写っているのと同じ作者さん、寺田就子さんの作品です。

d0353489_16272699.jpg

こちらも寺田就子さんの作品ですね。

d0353489_16321079.jpg

こちらの映像は、沖縄出身の山城知佳子さんの作品のようでした。

d0353489_16324756.jpg

こちらは旧・明治屋栄ビルのレトロなエレベーターです。
「転落の恐れあり」だそうです・・・。^^;

d0353489_16331479.jpg

あいちトリエンナーレ、もちろん愛知県美術館や名古屋市美術館などのメイン会場で展示されている作品もあります。
でも、私はこういう古いビルが好きなので、まずはメイン会場以外の会場から攻めてみたくなるんですね。^^;

名古屋市中区3-2-9 旧・明治屋栄ビルにて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
このとってもARTな旧輸入食品屋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-28 05:00 | Art | Comments(14)
2016年 08月 27日

5700万画素のケミカルプラント

d0353489_15135568.jpg

赤錆の浮き出た鉄柱の向こうに浮かび上がるのは・・・

d0353489_15144574.jpg

こんな強面のケミカルプラントなんでありました。

d0353489_15145827.jpg

毎度おなじみ、岡崎の日本エステルの工場ですね。

d0353489_15152419.jpg

お天気が良い日には、写し甲斐のある被写体なので、新たに導入したOlympus OM-D E-M5 Mark IIで撮ってきました。

d0353489_15161580.jpg

レンズはボケの美しいLeica DG Summilux 25mm/F1.4・・・
F1.4の絞り開放は癖になる味わいです。

d0353489_15163239.jpg

このレンズ、絞ると解像力がキリキリと上がっていく古典的な標準レンズですね。

d0353489_15165359.jpg

絞った時のシャープさと絞開放時の柔らかさ・・・ま、いわばツンデレ系のレンズです。

d0353489_15171420.jpg

今回はツンとデレ、両方撮ってみましたが、ツン写真の2,3,4,6,8はE-M5 Mark IIの大技、ハイレゾショットで撮ってみました。
ハイレゾショットとは、ボディ内手ブレ補正機構を使って半ピクセルずつ撮像センサーを移動させて8回の露光を行ない、それを合成して高精細な画像を生成する機能です。


d0353489_20271631.jpg似たような機能はPENTAX K-3 IIにも搭載されていますが、あちらは4回露光で1画素単位の移動、仕上がり画像サイズは通常撮影時と同じで、解像感だけを向上させているんだそうです。

しかしE-M5 Mark IIのハイレゾショットは、1600万画素のセンサーから画像合成により、より大きな画像を作り出すところが違い、JPEGで4,000万画素、RAWなら6,400万画素となります。

今回は3:2のフォーマットなので、RAWは9216 x 6144 = 56,623,104・・・約5700万画素の画像です。

このRAW画像は、Photoshopで特別のプラグインを使わないと現像できません。

でも、同時にやや小さめのJPGも生成されます・・・7296 x 4864 = 35,487,744・・・約3500万画素です。

オリンパスはこちらの小さめのJPGで十分と言っているようですね。

ちなみに左側の写真は、上の7296 x 4864(約3500万画素)の写真の等倍写真の一部を、480 x 720に切り出したものです。

確かにオリンパスが主張するように、RAWから現像した5700万画素のものより、この3500万画素のJPGの方が綺麗に見えますね。

もちろん、大きなプリントをするときには5700万画素の写真を使った方が有利でしょうけどね。

このハイレゾショット、三脚が必須ですが、将来は手持ちでも撮れるようになるんだとか・・・

でも画素数、はっきり言ってそんなにいらないんですけどねえ。^^;

愛知県岡崎市にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この5700万画素のケミカルプラントをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-27 05:00 | Rusty Scene | Comments(12)
2016年 08月 26日

虹のキャラバンサライはレトロな昭和なビル

d0353489_13125988.jpg

「あいちトリエンナーレ2016」が始まりました。
あいちトリエンナーレとは、愛知県で2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭です。
2013年のトリエンナーレが終わったときは、大きな喪失感を味わいました・・・終わったのが残念で仕方がありませんでした。
以来3年間、2016年の8月を首を長くして待っておりました♪

今回は名古屋・豊橋・岡崎の3会場で2016年8月11日から10月23日まで開催されますので、全会場が見られるチケットを購入しました。
あいちトリエンナーレ、今年のテーマは「虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅 Homo Faber: A Rainbow Caravan」です。

キャラヴァンサライとはペルシア語で、隊商宿を意味するそうです。
この隊商宿の広い中庭には厩や倉庫や取引所があり、二階に宿泊所もあり、キャラヴァンが旅の疲れを癒す休息の場所でもあるんだとか。
3回目となるあいちトリエンナーレは、創造しながら旅(キャラヴァン)を続ける人間をテーマにしているんであります。

d0353489_13131721.jpg

岡崎の康生会場にある岡崎シビコでチケットを買って、あいちトリエンナーレの鑑賞をスタートしました。
3年前と同じ流れですね・・・私の仕事場から岡崎はとても近いので便利なんです♪

この岡崎シビコ、とっても昭和が香る総合商業施設です。
かつてはイケテナイ雰囲気のうらぶれた場所だったんですが、最近はそのレトロさ加減を開き直っちゃったみたいです♪

d0353489_13135615.jpg

トリエンナーレを開催している6階に上がると・・・シャッターのしまったお店が目立ちます。
大駐車場を完備した郊外のショッピングモールとの競争に敗れ、多くのお店が無念にもここから退居してしまったようです。
その空いたスペースを活用して、こういう大規模な芸術祭を実施しているんですね。

d0353489_13141727.jpg

コンクリートむき出しのスペースに様々な作品が展示されていました。

d0353489_13144980.jpg

こういう不愛想なスペースに親和性の高い、とんがった作品が多かったです。

d0353489_131573.jpg

映像なども取り入れた斬新なインスタレーションもありました。

d0353489_1465781.jpg

作品は実際に、この場所を訪れてみていただくのがベストです。

d0353489_13152331.jpg

写真ではなかなかその魅力をお伝えできません。^^;

d0353489_13154479.jpg

ここは音響作品の部屋でした・・・なにやらアラビア風の音楽が流れておりました。

d0353489_1316634.jpg

6階での展示を堪能し、階段を使って下へ降ります。
古い商業施設の佇まい、何気にアートっぽい雰囲気がありますねえ。^^

d0353489_13163380.jpg

古い建物から見る空も、実にアーティスティックなんであります・・・んなことはないのか。^^;

d0353489_1472464.jpg

地下には愛知県人が愛してやまない「Sugakiya」があるので、ここでランチ。
「肉入りラーメン」と「クリームぜんざい」で630円なり・・・子供ころから不変のチープで麻薬性のある味でした♪
ちなみに、これでシビコの駐車場は無料となりました・・・シビコ、500円以上のお買い物・飲食の領収書提示で2時間無料なんです。

d0353489_1317142.jpg

トリエンナーレの季節は真夏から秋・・・3年前も大汗かきながら各会場を見に行きました。
岡崎シビコ、普段はレトロな雰囲気なんですが、3年に一度のトリエンナーレの季節には、とても魅力的に見えるのが不思議です♪

d0353489_13173678.jpg

岡崎は古い城下町ですが、毎年11月にはJAZZフェスティバルもあるし、3年に一回はトリエンナーレも開かれる・・・
なかなか文化的な街なんであります♪
これから10月末までかけて、名古屋・岡崎・豊橋のすべての会場を訪問、なかなか忙しくなりそうです。^^

d0353489_14292054.jpg


愛知県岡崎市康生通西2丁目20−2 岡崎シビコにて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この虹のキャラバンサライが始まった岡崎シビコをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-26 05:00 | Art | Comments(18)
2016年 08月 25日

城壁のあっち側とこっち側

d0353489_19222290.jpg

ローテンブルクは城壁に囲まれた中世の街です。
これは12世紀に作られた城壁で、ぐるり街の周りを一周できるんだそうです。

d0353489_192242100.jpg

こちらはローテンブルクの東側にあるレーダー門です。
ここを出て東に歩いてみましょう。

d0353489_1923361.jpg

黄色い自転車が目につきました・・・ドイツの郵便局のシンボルカラーです・・・郵便配達用の自転車だったのでしょうか。
ここはかつての郵便局を改装したホテルのようでした。

d0353489_1923293.jpg

城壁の内部にはなかった煙草の自動販売機です。
一箱6オイロ・・・660円か、日本より高いですね。

d0353489_1924193.jpg

ローテンブルクのDBの駅が見えて来ました。
ものすごく古いわけでもなく、モダンなわけでもなく、極めて中庸な駅舎です。

d0353489_19242660.jpg

駅の向こう側には、錆びたタンクがいくつか・・・
赤錆ふぇちの私にはたまらない存在感です・・・でもこの時は相方と一緒だったので、近寄って撮影するのは我慢しました。^^;

d0353489_19245388.jpg

そして目を北側に向けると・・・
おお、こんなモダンなショッピングモールがあるではないですか♪
ここはZentRO(ツェントロ)と言い、スーパーマーケットのカウフランドを中心として様々な店舗、飲食店が入っておりました。
中世都市の方では見なかった現代のドイツがここにはありました。

d0353489_19251286.jpg

ドイツでよく見かけるドラッグストア、DM(デーエム)です。
DM、5年前の訪独の際にはまだ35㎜判フィルムを売ってましたが、今はスマホのプリペイドSIMを売ってました。
うむ~、時代を感じさせますねえ。^^;

d0353489_19254873.jpg

再びレーダー門から城壁の中に戻ってきました・・・中世に逆戻りです。
前に見えるのはマルクス塔、佇まいの美しい塔ですね。

d0353489_19273646.jpg

マルクト広場の北側に位置する市参事会酒宴館(Ratstrinkstube)です。
ここの3階には仕掛け時計がはめ込まれており。毎日決まった時間に時計の左右の窓が開き、人形が現れ、大きな杯でワインを飲み干す仕草をします。
4時が近くなってきたので、じーっと待ってみていると・・・

d0353489_1929593.jpg

はい、こんなお人形が出てきました・・・でも、特に何かのアクションをするわけでもなかったなあ。^^;
これには次のようなローテンブルクの過去のエピソードがあるそうです。

「17世紀の三十年戦争でプロテスタント側についたローテンブルク市は、カトリック軍に包囲され、防戦空しく占領された。占領したカトリック軍のティリー将軍は、町の破壊と、指導者の市参議会員の反逆罪による処刑を宣告した。これをやめさせようと、市民が極上のフランケンワインを3.25ℓの容器になみなみとついで差し出したところ、将軍は、この大杯のワインを一気に飲み干す者がいたら、死刑囚を特赦すると申し渡した。この申し出に進み出たローテンブルクの元市長のヌッシュは、見事ワインを飲み干し、町の破壊と市参議会員の処刑を免れた。このワインの一気飲みが「マイスタートゥルンク」で、伝説として現在に伝わっている。」

ちなみに、こちらの人形は占領軍のティリー将軍らしいです。

d0353489_1930023.jpg

なにはともあれ、ローテンブルクの城壁の中のマルクト広場は美しいです。
21世紀の今も、まだ中世っぽい空気がながれているんでありました♪

Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この城壁のあっち側とこっち側をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-25 05:00 | Overseas Trip | Comments(22)
2016年 08月 24日

発狂するコンビナート

d0353489_16322771.jpg




d0353489_16324714.jpg




d0353489_1633781.jpg




d0353489_16333232.jpg




d0353489_16335814.jpg




d0353489_1642672.jpg




d0353489_16341626.jpg

四日市コンビナート夜景シリーズ、第3弾は塩浜地区のコンビナートです。
先日、真昼間に下見に来ておりますが、夜になるとガラリと雰囲気が変わってしまい、ミステリアスですね♪

ここはかなり近くまでコンビナートに寄れるのが醍醐味ですが、水辺が少ないのでちょっと寂しい感じになりました。
なお、ホワイトバランスをいろいろに変えて、発狂風味の仕上げを施してみました。

2枚目、3枚目に写っている電球状の物体は「塩浜のオバQ」と呼ばれています。
このオバQ、重油接触分解装置なんだそうで重油をガソリンや軽油に分解するものなんだとか。

最後の1枚は鈴鹿川上のお月さまです・・・50秒の露出をかけたら、動いてしまいました。^^;
次回はこの鈴鹿川の対岸にある磯津地区から、水面越しに塩浜コンビナートを撮ってみたいものです♪

三重県四日市市にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この発狂するコンビナートをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-24 05:00 | Lights & Shadows | Comments(17)
2016年 08月 23日

炎天下の大提灯

d0353489_21523048.jpg




d0353489_21534364.jpg




d0353489_2155129.jpg




d0353489_21573013.jpg




d0353489_21574535.jpg




d0353489_2158356.jpg




d0353489_21582261.jpg

先週末は、私の住む街の夏祭りでした。
このお祭り、高さ11mの3つの大提灯が三好稲荷閣・満福寺に飾られ、夜空に浮かび上がるさまはミステリアスです。
夜祭は何回か写真に撮っているので、今回は昼間のあっけらかんとした大提灯を撮ってきました。

ちなみに、今回は超広角ズームと中望遠で撮り分けてみました。
中望遠は、Nikon Fマウントの大口径レンズ、Ai Nikkor 55mm/F1.2をアダプタ経由で装着しました。
E-M5 Mark IIのファインダーは明るくて大きいので、フォーカスアシストが無くてもMFレンズのピントの山がわかりやすいです♪

愛知県みよし市三好町蜂ヶ池5 三好稲荷閣・満福寺にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 (1,2,4,6,7枚目)
Ai Nikkor 55mm/F1.2 with Nikon F=Micro Four Thirds Adapter (3,5枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この炎天下の大提灯をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-23 05:00 | Seasonal Image | Comments(14)
2016年 08月 22日

街はずれの郷土料理屋さん

d0353489_1855435.jpg

花が美しく飾られたテーブル・・・

d0353489_18554683.jpg

壁に掛けられたたくさんのビアジョッキ・・・

d0353489_1858794.jpg

出番を待つキャンドルたち・・・

d0353489_18585795.jpg

ローテンブルク二日目の夕食にやってきました。
ここはローテンブルクの西のはずれ、ブルク門の近くにあるレストラン、"Kloster-Stueble"です。
この前の日は、我々が泊まったHotel-Gasthof Goldener Greifenでディナーを食べましたが、二日目は場所を変えてみたんですね。


d0353489_18592719.jpg

ノンアルコールのワインはないので、再びノンアルコールのビールをば。^^
ドイツのノンアル、なぜか日本のビールより本物に近い味わいに感じます・・・空気と水のせいかなあ。
慢性膵炎のせいでアルコールは止めてしまいましたが、食事のときは水じゃイヤなんです・・・それらしい雰囲気が欲しいんです。^^;

d0353489_18594636.jpg

ここも「黄金のグリフォン」同様、ローテンブルクの郷土料理を売りにしているお店でした。
私は例によって豚肉のロースト、いわゆるシュヴァイネブラーテン・・・相方は向こうに見えるパスタ風の料理をチョイスしました。
どちらも、なかなか美味しくてお値段は二人で35オイロぐらいだったかな、とてもお値打ちでした。
スタッフも笑顔でサービスも良く英語も通じる・・・お勧めできるレストランですね。

ドイツの料理って、費用対効果が良いような気がします。
メインだけでも咎められることはないし、たいていサラダなどのガーニッシュも特盛でついてきます。
これでお腹がいっぱいになってしまうので、デザートまで入らないことが多いです。^^;

d0353489_1902243.jpg

このクロスターステューブレさんも、レストランとホテルの兼業でした。
この奥からホテル部門に入るようでした・・・ウェブサイトを見るとお部屋も素敵でしたよ。

ガストホフと言わずレストランを名乗っているのはなぜなんだろう・・・
単なる居酒屋じゃなく、もう少し格式のあるレストランだぜ、って意識なんでしょうか。

d0353489_1921097.jpg

確かに「黄金のグリフォン」よりも、少々小奇麗なインテリアでしたもんね。

d0353489_1923419.jpg

外から見るとこんな感じでした。
ちなみに、近くには日本食のレストランもありました・・・日本人が多い街だからなんでしょうね。
私も相方も海外に出ると現地食しか食べないなので、検討すらしませんでしたが。^^;

d0353489_19264778.jpg

陽の長いドイツ、そして季節は夏至・・・
夕食が終わっても、外は明るいままなのでした。^^;
Kloster(修道院)と言う名前がついているように、看板にもビアジョッキを持った修道士さんが描かれておりました。

Klosterstüble, Rothenburg ob der Tauber, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この博物館になった中世の修道院をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-22 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)