カテゴリ:Japanese Landscape( 48 )


2016年 11月 20日

晩秋の美術館

d0353489_14305335.jpg




d0353489_14312037.jpg




d0353489_14314269.jpg




d0353489_1435487.jpg




d0353489_14365494.jpg




d0353489_14375340.jpg




d0353489_14382041.jpg




d0353489_14384320.jpg




d0353489_14401371.jpg




d0353489_14414019.jpg




d0353489_14421297.jpg

全味協の愛知合宿、3日目は地元の豊田市近辺で撮影をしました。
こちらは豊田市美術館ですね。
秋の透明度の高い青い空の下、緊張感のある直線が見事でした。
ここは紅葉する樹はあまりないのですが、セコイアの樹はかなり赤くなっておりました。

愛知県豊田市小坂本町8丁目5−1 豊田市美術館にて
LUMIX DMC-GX8
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この晩秋の美術館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-20 05:00 | Japanese Landscape | Comments(12)
2016年 11月 19日

秋晴れの馬籠宿

d0353489_13385794.jpg




d0353489_13464935.jpg




d0353489_13474444.jpg




d0353489_1340574.jpg




d0353489_13414244.jpg




d0353489_13421683.jpg




d0353489_13433128.jpg




d0353489_1343582.jpg




d0353489_13443246.jpg




d0353489_13445237.jpg

全日本味噌煮込写真家協会の愛知合宿、2日目は木曽路に遠征してきました。
まずは馬籠宿(まごめじゅく)です。

馬籠宿は、中山道43番目の宿場で、木曽11宿の一番南の宿場町です。
かつては長野県木曽郡山口村に所属していましたが、2005年に岐阜県中津川市に編入されました。

古い宿場町の建物は1895年(明治28年)と1915年(大正4年)の火災により消失してしまいましたが、見事に復元されました。
昔ながらの宿場町の風情、いつ来ても味わい深いですが、やはり秋が最高ですねえ♪

岐阜県中津川市 馬籠宿にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8

☆ブログランキングに参加しています。
この秋晴れの馬籠宿をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-19 05:00 | Japanese Landscape | Comments(24)
2016年 11月 07日

光蜥蜴がどこかに行ってしまった横浜

d0353489_14225491.jpg




d0353489_14235758.jpg




d0353489_1424253.jpg




d0353489_1424441.jpg




d0353489_1425571.jpg




d0353489_14261375.jpg

先日の横浜オフ会、10/22(土)の午後に撮った写真です。
この日は光に乏しく、なかなか絵になる被写体を見つけるのに苦労しました。
普段なら光蜥蜴さんたちがたくさんいる横浜港界隈なんですが、この時はどっかに行っちゃってましたねえ・・・
結局色を抜いて、モノトーンの写真にしてしまいましたよ。^^;

横浜市にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この光蜥蜴がどこかに行ってしまった横浜をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-07 05:00 | Japanese Landscape | Comments(22)
2016年 10月 06日

せめぎ合うローカル線駅

d0353489_1233230.jpg




d0353489_125579.jpg




d0353489_1252994.jpg




d0353489_12273717.jpg




d0353489_1294880.jpg




d0353489_12245119.jpg




d0353489_1225247.jpg




d0353489_12261247.jpg




d0353489_1281285.jpg

岐阜県の第三セクター路線明智鉄道、ひなびたローカル線の雰囲気が大好きです。
これは終点の明智駅の一つ手前にある山岡駅です。
恵那市に吸収合併されてから、山岡駅の駅前広場も少々モダンになりましたが、まだ昭和な風景の方が多いですね。

この駅に来た理由は、真っ赤に錆びた廃列車「アケチ1型」を撮りたかったからなんですが・・・。
その廃列車、なんと綺麗にお化粧されてカフェになってしまっておりました。
古いままだと思っていた山岡駅も、新しい時代とせめぎあっているんですね。^^

この写真を撮ったのは9月末だというのに、空にはまだ夏雲ががんばっておりました。
でも、コスモスやススキなどはしっかりと秋を主張しておりましたね。
今年は異例に夏がしぶとく居座っていますが、台風18号が去れば一段と秋めいてくるんじゃないでしょうか。
ここでも夏と秋がせめぎあっていました。

岐阜県恵那市 明智鉄道「山岡駅」にて
LUMIX DMC-GX8
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この夏と秋がせめぎ合うローカル線駅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-10-06 05:00 | Japanese Landscape | Comments(20)
2016年 10月 02日

金木犀が香る城下町

d0353489_19341828.jpg

古い街角を歩いていると、どこからともなく漂ってくる甘い香り・・・
今年も金木犀の季節となってきました♪

d0353489_1944689.jpg

金木犀の香りが漂っていたのはここ・・・岐阜県東濃地方の城下町、恵那市岩村町です。
岩村町は、八百年余年の歴史を持つ三万石の城下町として栄えました。

ここの岩村城は「女城主の城」として有名です・・・織田信長の叔母、「おつやの方」ですね。
「おつやの方」は城を守るために武田家の重臣に身をささげ、そして信長に無残にも処刑されてしまった悲劇の女性でした。
その悲劇のヒロイン「女城主」の名前はいまだに、岩村町の酒蔵・岩村醸造のブランドとして残っています。

d0353489_19451936.jpg

この岩村醸造、酒蔵の創業は天明7年(1787年)と古く、さまざまなお酒を造っております。
試飲もできます・・・クルマでやって来た私はアルコールの入ってない甘酒だけ、いただいてきました・・・美味しかったです♪

d0353489_1945531.jpg

岩村町の旧市街には、古い日本の情緒がたくさん残っていました。
この幟は・・・

d0353489_19461555.jpg

そう、薬屋さんのショーウィンドーでした。
実にレトロで魅力的、岩村に来るたびに撮っているような気がします。^^;

d0353489_19464755.jpg

こちらは老舗のカステラ屋さんの看板ですね。
ドイツの古い街の飛び出し看板も魅力的ですが、日本の看板だって歴史のあるものは素敵です。

d0353489_1947347.jpg

日本の美意識は・・・やはりミニマルな美しさにあるような気がします。
空間を活かしたシンプルな美、日本人のDNAに響きますねえ♪

d0353489_19542848.jpg

岩村の旧家は観光客に開放されているところも多く、素敵な季節のしつらえをたのしむことができます。
こちらは珍しいピンクのシュウメイギクでした。^^

d0353489_19573979.jpg

こちらは・・・千日紅かな。

d0353489_19475154.jpg

こちらは約260年前に染物業を営んでいた商家、土佐屋さんです。

d0353489_19481637.jpg

土佐屋さんの中庭では、藍の花が満開でした。

d0353489_20191986.jpg

こちらが収穫された藍の花・・・葉っぱが青いですねえ。^^

d0353489_1948393.jpg

藍染の甕が並んでおりました。

d0353489_19491393.jpg

土佐屋の帳場にも金木犀が・・・
さすが岩村は山間だけあって、秋が訪れるのが早いようでした。

岐阜県恵那市岩村町にて
LUMIX DMC-GX8
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この金木犀が香る城下町をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-10-02 05:00 | Japanese Landscape | Comments(20)
2016年 09月 13日

路面電車が走る街角

d0353489_1430885.jpg

東三河最大の都市、豊橋市の駅前から東方面を見たところです。
愛知県の他の都市と明らかに違うポイントが一つありますが、おわかりになりますでしょうか・・・
はい、豊橋市にはまだ路面電車が走っているんですね♪

d0353489_14312427.jpg

豊橋市のランドマーク、豊橋市公会堂前を通過中の路面電車です。
スペイン的な風味のデザインが持ち味のこの公会堂を背景にすると、欧州っぽい雰囲気に見えるんですよね♪

d0353489_14324613.jpg

豊橋市の路面電車、通称「市電」と呼ばれているそうです。
正式名称は、豊橋鉄道東田本線と言い、豊橋市の駅前停留場から赤岩口停留場もしくは運動公園前停留場までを結んでいます。
様々なカラーリングが楽しいですね。

d0353489_1433381.jpg

こちらのカラーリングはブラックサンダー・バージョンです。
豊橋名物と言えば、ヤマサの竹輪有名ですが、昨今は有楽製菓のブラックサンダーも人気がありますね。
ブラックサンダーとは低価格なチョコレート菓子で、「おいしさイナズマ級!」がキャッチフレーズ、台湾でも人気抜群らしいです。
ちなみにこの有楽製菓、豊橋の企業でして、鉄道駅でも竹輪と並んでお土産を売ってました♪

d0353489_14334988.jpg

電車の中はこんな感じでした・・・私がかつて通学に使っていた名古屋市電に比べると豪華で快適でした。
かつての名古屋市電は夏になると窓を開けて走ってましたが、豊橋の今の市電はエアコンまで完備しておりますからねえ♪

d0353489_14344169.jpg

運賃は大人150円・子供80円均一制です。
うれしいことにICカード乗車券の「manaca(マナカ)」も使えます・・・考えてみればトヨテツは名鉄系ですもんね。^^

d0353489_1436098.jpg

それにしても路面電車の駅間って短いです。
これは市役所前からひとつ東の豊橋公園前を見たところです・・・調べてみたら、たった200mしか離れてませんでした。^^;

d0353489_14364425.jpg

豊橋の街並み、環境負荷が少ない路面電車がいまだに走っているせいか、とても魅力的に見えます。
この風格はもはや、県庁所在都市並みかもしれませんねえ♪

こうしてみると、三河で一番存在感がある都市は豊橋である、という説がわかるような気がします。
愛知県は、名古屋市のある尾張地方とその西にある三河地方の二つに分けられます。
そして三河地方には似たようなサイズの都市が3つあります・・・豊田市、岡崎市、そして豊橋市です。

でも、豊田市や岡崎市に比べて、豊橋市は別格なような気がします。
かつては軍都でしたし、今は新幹線も止まるし、三河港は自動車輸入貿易港として全国ナンバーワンの存在です。
大化以前は「穂の国」として、「三河の国」とは独立した存在だった・・・
その伝統が今でも生きてるんでしょうか♪

愛知県豊橋市にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この路面電車が走る街角をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-13 05:00 | Japanese Landscape | Comments(26)
2016年 07月 18日

蓮の季節の八幡社

d0353489_19403037.jpg




d0353489_19411238.jpg




d0353489_1943045.jpg




d0353489_194329100.jpg




d0353489_1944788.jpg




d0353489_1945556.jpg




d0353489_19455964.jpg




d0353489_19461597.jpg

先日、バス停に佇む草ヒロなオート三輪を撮りに行った際、ご近所にある伊賀八幡宮にも立ち寄ってきました。
ここは徳川家の氏神さまとなっている神社で、祭神は応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、そして東照大権現(徳川家康)です。
極彩色の御社殿などは昭和8年に国宝に指定され、現在も、随神門・石橋などとともに国の重要文化財とされているんだとか。
そこらじゅうにあしらわれた「葵の御紋」が印象的でした。

この伊賀八幡宮、愛知県のフォトグラファーには、ハスの花の撮影ポイントとして有名です。
写真友達の純さんのブログでそろそろハスの花が咲き始めたことを知り、その翌日に撮りに行ってきました。
この日は梅雨の最中で、薄曇りなお天気でした。
でも、この方がハスの花撮りは楽かもしれませんね・・・7月の炎天下だと死にそうになりますからねえ。^^;

愛知県岡崎市伊賀町東郷中86 伊賀八幡宮にて
Nikon D610
Tamron SP AF 70-200mm F2.8 (Model A001) 1,3,4,5,6枚目
Tamron SP AF 28-75mm F2.8 (Model A09II) 2,7枚目

☆ブログランキングに参加しています。
この蓮の季節の八幡社をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-07-18 05:00 | Japanese Landscape | Comments(19)
2016年 04月 24日

桜の季節の豊田市美術館

d0353489_16183072.jpg

咲き誇る八重桜の向こうに見える建物は・・・

d0353489_16191116.jpg

豊田市の誇るモダンな美術館、豊田市美術館です。
谷口吉生氏がデザインした建物は、鉄とガラスのシンプルな形態のモダニズム建築で、見ていて飽きません。
来週から始まるデトロイト美術館展のポスターがもう出ておりました。

d0353489_16195227.jpg

私が訪問したときは、常設展として山本富章氏の作品が多数展示されていました。
あ、豊田市美術館って、館内の撮影がOKです・・・日本では珍しいです。

d0353489_1620162.jpg

トヨビ名物のジョセフ・コスース『分類学(応用) No.3』、およびジェニー・ホルツァー『豊田市美術館のためのインスタレーション』です。

d0353489_16212444.jpg

こちらは『絵画凸凹』と呼ばれる展示で、凸凹を絵画制作の手掛かりとしている作家の作品ですね。

d0353489_16214694.jpg

こちらは草間彌生さんの若かりし頃の作品ですね。

d0353489_1622228.jpg

こちらはシュルレアリストのイヴ・タンギーの作品、「失われた鐘」です。
フランスまで行かなくても、豊田市で見られます。

d0353489_1623010.jpg

こちらもルネ・マグリットの「無謀な企て」ですね・・・なぜか、トヨビは欧州のシュルレアリストの作品が充実しております。

d0353489_16233434.jpg

この日は土曜日でしたが、どの部屋も空いていて、ゆっくりと作品を楽しむことができました。

d0353489_16235967.jpg

トヨビは豊田市の街を望む丘の上にあり、まわりの風景に溶け込んだ建築が見事です。

d0353489_1625772.jpg

前庭部分の向こうに、八重桜の並木が見られます。

d0353489_16254388.jpg

トヨビの八重桜はソメイヨシノより遅れて咲くので、ちょうど満開が楽しめました。

d0353489_1626851.jpg

トヨビの入り口には、かつての七州城の隅櫓が再現されております。
古いものと新しいものが違和感なく共存した素敵な空間なんでありました♪

愛知県豊田市 小坂本町8丁目5−1 豊田市美術館にて
LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この桜の季節の豊田市美術館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-04-24 05:00 | Japanese Landscape | Comments(7)
2016年 04月 21日

稲荷社のある禅寺

d0353489_18552035.jpg





d0353489_1932934.jpg





d0353489_1943966.jpg





d0353489_1945794.jpg





d0353489_1951243.jpg





d0353489_196332.jpg

先日、足助の三州足助屋敷に行ったついでに、その上にある香積寺(こうじゃくじ)にも寄ってきました。
ここは応永34年(1427年)に白峰祥瑞禅師により開山された曹洞宗のお寺です・・・つまり禅寺ですね。
また本尊は聖観世音菩薩で、境内には江戸時代後期に建てられた座禅堂が現存し、見るからに禅寺の雰囲気が濃厚です。

でも・・・お稲荷さんもあるんですよ、ここ。
お稲荷さんって神社なのかと思ったら、お寺にもよく奉られているようですね。
豊川稲荷も曹洞宗の妙厳寺と同居してますし、みよし市の三好稲荷も満福寺が隣にあります・・・仏教系のお稲荷さんですね。

どうやら、元来その土地にいた神様に感謝する、ってことのようです。
この香積寺も、開山の当時から寺の鎮守として、豊栄稲荷が奉られているんだそうです・・・紅い鳥居が印象的でした。

愛知県豊田市足助町飯盛39 香積寺にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この稲荷社のある禅寺をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-04-21 05:00 | Japanese Landscape | Comments(22)
2016年 04月 18日

春の訪れた山村にて

d0353489_21454129.jpg


d0353489_2146544.jpg


d0353489_21462653.jpg


d0353489_21473041.jpg


d0353489_21482547.jpg


d0353489_2216112.jpg


d0353489_21485539.jpg


d0353489_21491930.jpg


d0353489_21495157.jpg


d0353489_2213615.jpg


d0353489_22132125.jpg

春が訪れた山村・・・懐かしい日本の原風景です。
ここは豊田市の山間部、足助町にある「三州足助屋敷(さんしゅうあすけやしき)」です。
消えゆく昔の日本の暮らしや風景を目玉にした観光施設で、古い農家や鍛冶屋、竹細工屋、ろくろ細工屋、炭焼などが再現されています。
こういう素朴な風景は、明るい標準レンズ一本でじっくり撮りたくなりますね♪

愛知県豊田市足助町飯盛36番地 三州足助屋敷にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この春の訪れた山村をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-04-18 05:00 | Japanese Landscape | Comments(26)