カテゴリ:Jazz( 4 )


2017年 02月 28日

Jazzyな串揚げランチ

d0353489_13185955.jpg





d0353489_13191858.jpg





d0353489_13203073.jpg





d0353489_13204260.jpg





d0353489_13205423.jpg





d0353489_13211170.jpg





d0353489_13222232.jpg

豊田市駅の東口にあるカフェバー、"Cafe & Diningbar BEAT"さんでランチを食べてきました。
ここ、私が通っているスポーツジムのすぐ近くにあり、いつも駐車場から出る時にその"Jazz & Rock"な看板が気になっておりました。

お店の中に入ると・・・お~、これは懐かしい正統派JAZZ喫茶な雰囲気♪
しかも、レコードプレイヤーで音楽を流しているではありませんか。
とーっても和める雰囲気でしたねえ。

ただ、昔のJAZZ喫茶と違うのは、食べ物が本格的だ、ってところにあります。
この日は日替わりランチの串揚げ定食をいただきましたが、美味かったです・・・これで850円とは抜群のコスパだと思います♪

John ColtraneがクルーナーのJohnny Hartmanとコラボした名盤で、"My One and Only Love"を聴きながら食べるランチ・・・
真昼間からとってもJazzyな雰囲気を味わってきました。^^
近々、夜に訪問してみようと思ってます♪

愛知県豊田市桜町1丁目30 Cafe & Diningbar BEATにて
LUMIX DMC-GX8
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この梅が咲き始めた高台の公園をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-02-28 05:00 | Jazz | Comments(22)
2016年 05月 30日

とってもJKなビッグバンド

d0353489_17554299.jpg

昨日、Jazzを聴きに行ってきました。
このバンドでバリトン・サックスを吹いているのは・・・まだ若い女性ですね。

d0353489_1756373.jpg

こちらのテナー・サックスのソロイストも女性です。

d0353489_17563352.jpg

リード・アルトも女性・・・

d0353489_1855483.jpg

リズム・セクションも、ベース以外はすべて女性です♪

d0353489_18154970.jpg

ううむ、トランペットも女性・・・

d0353489_1864879.jpg

サックス・セクションは全員女性、トランペットやトロンボーンの金管も半分以上は女性なんであります♪

d0353489_1823212.jpg

でもこちらは男性・・・客演中のトロンボニスト、ドナルド・ギブソンさんです。

d0353489_1871274.jpg

ごっついバリサクとのコントラストが楽しい可憐なお嬢さん、どうやらバンマスのようでした。^^
このビッグバンドは、名古屋高校生ビッグバンド"Free Hills Jazz Orchestra"と言うんだそうです。
おお、JK主体のビッグバンドなのだ~♪

d0353489_18143116.jpg

このビッグバンド、豊田市駅前のペデストリアンデッキで行われた"Toyota Jazz Square 2016"の出演バンドの一つでした。
この"Toyota Jazz Square"、無料でJAZZが聴けてとても楽しいイベントですね。^^
昨年に続いて、今年も聴きにやってきたんであります♪
今ではホラしか吹かなくなった私ですが、昔はJAZZコンボでサックスを吹いてましたので、見逃せないイベントです。^^

d0353489_1873681.jpg

ズージャを聴くからには、ケーサの一つでもミーノしたくなる・・・
そんな人たちのために、朝っぱらからBARも営業中なんでありました♪

d0353489_18124750.jpg

午前10時30分から午後8時まで、豊田市駅前のペデストリアンデッキにJAZZが響き渡る"Toyota Jazz Square"・・・
楽しい一日なんでありました♪

昨年はフルフレーム機のNikon D610に28-75mm、70-200mmの2本のF2.8通しズームと言う重厚長大セットで撮影しました。
でも、今年は病み上がりなので、マイクロフォーサーズの小型軽量なシステムで撮ってみました。
20mmをGM5に付け、40-150mmズームをPen Lite E-PL6に装着しての「2丁拳銃」スタイルです。
どちらも軽いです・・・合計で826g、D610本体(810g)よりも軽いです♪

でも・・・こういう被写体を撮るには、かつて持っていた便利ズーム、M.ZUIKO ED 14-150mm F4-5.6あたりが一番便利です。
稼働率が低いのでドナドナしてしまいましたが、もったいないことをしました。

この際、新しくて評判の良いLUMIX G VARIO 14-140mm F3.5-5.6 ASPHを手に入れてみるかなあ。
昨日の夕景写真も、高倍率ズームなら一本で撮れたはずだもんなあ。
来月はドイツ旅行にも出かけることだし、某オークションでも覗いてくるか・・・ぶつぶつ。^^;

愛知県豊田市 名鉄・豊田市駅にて
Olympus Pen Lite E-PL6
M.ZUIKO 40-150mm F4.0-5.6R
LUMIX DMC-GM5 (9,11枚目)
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH (9,11枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
このとってもJKなビッグバンドをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-05-30 05:00 | Jazz | Comments(22)
2016年 03月 10日

Here's That Rainy Day...

d0353489_2004467.jpg

昨日は久しぶりの冷たい雨でした。
初夏のような気温が続いていましたが、やはり一気に春にはならないようです・・・
三寒四温で寒さと暖かさを繰り返しながら、一雨ごとにゆっくりと春になっていくんでしょうね。

d0353489_2148015.jpg

こういうお天気に車を運転していると、BGMにはアレを聴きたくなります・・・って、昨日の銀塩フィルム写真ブログと同じノリですね。^^;

私のMazda Demio「ブランキーニョ君」には、32GBのUSBメモリースティックを直刺して、MP3音源を再生しています。
昨日は雨だったので、その中からJAZZのスタンダード、"Here's That Rainy Day"を選んで聞いていました。
曲名サーチをかけると、この曲が入っているアルバムが5枚見つかりました。

Ann Burton、Kenny Drew、Bill Evans、Tommy Flanagan、そしてこのJoe Pass・・・
5人の演奏者による5通りの"Here's That Rainy Day"を連続で聴きながら、雨の中を走っておりました。

ここに写っているのは、名ジャズギタリスト、Joe Passの”Virtuoso"と言うアルバムに収められているバージョンです。



ギターソロで淡々と演奏されるHere's That Rainy Day・・・

Maybe I should have saved
Those leftover dreams
Funny, but here's that rainy day

夢って、ぜんぶ叶えてしまわない方がいい
まさかの時のために、少しはとっておいたほうがいいのかも
笑えるぜ、またあの日みたいな雨降りだ・・・

こんなちょっとノスタルジックな気分の歌詞にふさわしい、心落ち着く演奏でした♪

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この”Here's That Rainy Day"な夜をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-03-10 05:00 | Jazz | Comments(18)
2016年 02月 14日

"My Funny Valentine"なテディベア

d0353489_154840.jpg

相方謹製のテディベアさんが見つめているのは・・・CDのジャケットのようですね。
そこに写っているのは・・・水面に漂う女性のようです・・・実はこれ、"Undercurrent"と言うJAZZの名盤です。
耽美派JAZZピアニストのBill Evansが、感性が似ている抒情派JAZZギタリストのJim Hallとデュオで吹き込んだアルバムですね。

このアルバムは昔、JAZZファンの間では「水死体ジャケット」と呼ばれていました。^^;
確かに、英国ラファエル前派の画家、ジョン・エヴァレット・ミレーが描いた「オフィーリア」を水中から見るとこんな感じでしょうか・・・。
そのつながりで、ラファエル前派のWilliam Morrisのデザイン"Strawberry Thief"のリバティ・プリントを使ったベアを左に配置しました。♪

d0353489_1543340.jpg

さてこちらは・・・CDではなく、レコード盤ですね・・・いわゆるLPアルバムって奴です。
JAZZジャイアントの一人、Miles DavisがPrestigeに吹き込んだ"Cookin'"で、今見ても素敵なジャケットデザインだと思います。

d0353489_1544974.jpg

これもLPアルバムですね・・・バリトン・サックスにもたれかかって瞑想中のおじさんは、Gerry Mulliganです。
マリガンらしいピアノレス・カルテットによる名盤です。

d0353489_155821.jpg

さて、この3枚のアルバムに共通するものは何かというと・・・JAZZスタンダードの名曲、"My Funny Valentine"が入っていることなんです♪
今日はSt.Valentine's Dayなので、いろいろなプレイヤーの”My Funny Valentine"を聴いているんでありました♪

JAZZですから、同じ曲でも演奏者によってその解釈はさまざまですね。
エバンスとホールのは青く燃えるスリリングな演奏、マイルス・デヴィスのは「これぞモダン・ジャズ」と言うべき演奏、ジェリー・マリガンのは内省的な響きの演奏です。

d0353489_1555364.jpg

マイルスの"Cookin'"をターンテーブルの上にのせてみました。
いわゆるハイファイじゃないですが、中身の詰まったあったかい音がします・・・レコードもまだまだ現役、アナログの良さを実感します。^^
デジタルのほうがお手軽なんですが、いまだにフィルム写真ブログも毎日更新している私は、とっても古い人間なので、時々レコードも聴きたくなります。^^;

d0353489_15503912.jpg

こちらのアルバムは私が敬愛するTenor Saxジャイアント、John Coltraneの"Coltrane"と言うアルバムです。
この中には"My Funny Valentine"は入ってません・・・それどころかスタンダードは一曲も入っていない、いわゆる「体育会系JAZZ」のアルバムです。
でも、、"Soul Eyes"と言う曲が入っています・・・ピアニストのMal Waldronの作曲した曲ですが素敵なバラードです。
そう、私のデジタル写真ブログの名前は、この"Soul Eyes"からリーパクしたんですね。^^;
とても愛着のあるアルバムなので、LPもCDも両方持っているんであります♪

相方謹製のテディベアさんたち、いつもは「B級即席袋麺シリーズ」のパッケージ持ちばかりやらされています。
あまりに気の毒なので、たまには違うものを持ってもらいました。^^

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この”My Funny Valentine"なベアさんたちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
  ↓   ↓   ↓

心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-14 05:00 | Jazz | Comments(38)