カテゴリ:Rusty Scene( 64 )


2016年 02月 27日

ひっそりとした赤錆工場

d0353489_22272126.jpg




d0353489_22285665.jpg




d0353489_22292832.jpg




d0353489_2231536.jpg




d0353489_2234786.jpg




d0353489_22355122.jpg




d0353489_22361522.jpg

近所にある工場です。
すでにフィルム写真ブログではご紹介済みですが、おそらく窯業関係の工場じゃないでしょうか。

この日は日曜日だったせいか、人影もなくひっそりとしておりました。
ひょっとすると・・・日曜日以外も、ずーっとひっそりとしているのかもしれないひそやかさでした。

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm/F1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
このひっそりとした赤錆工場をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-27 05:00 | Rusty Scene | Comments(20)
2016年 02月 24日

「錆残し」なオート三輪

d0353489_2355769.jpg




d0353489_2361346.jpg




d0353489_2362919.jpg




d0353489_2365996.jpg




d0353489_2374511.jpg




d0353489_2384478.jpg




d0353489_239421.jpg

三好ネコの会に、Iさんと言う素晴らしい猫フォトグラファーがいらっしゃいます。
彼は猫を撮らせたら超一流ですが、実は優秀な赤錆ハンターでもあり、垂涎ものの赤錆物件を探し出しては私に教えてくれるんであります。^^

この真っ赤に錆びたオート三輪も、彼が見つけて私に連絡をくれたものですね。^^
カメラを持って現場に駆けつけましたが、思わず息を飲む素晴らしい赤錆物件でした・・・オート三輪の代名詞とも言うべきダイハツ・ミゼットですね。
Iさん、素敵な被写体を教えてくれて本当にありがとう、また魅力的な赤錆物件を見つけたら教えてくださいね。^^v

この真っ赤な赤錆だけを抽出し、あとはモノトーン化するために、Adobe Lightroomで作ったプリセット「錆残し」を使ってみました。
Lrにて彩度スライダーを全部下げて無彩色のモノトーン化し、その後にオレンジと赤の彩度スライダーだけ上げます。
明瞭度は目いっぱい上げて、コントラストはやや抑え気味にすると、こんな感じになりますね。^^;

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09IIN)

☆ブログランキングに参加しています。
この錆ゆくダイハツ・ミゼットをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-24 05:00 | Rusty Scene | Comments(20)
2016年 02月 21日

晩冬の廃屋

d0353489_945061.jpg




d0353489_9454818.jpg




d0353489_9401455.jpg




d0353489_93436100.jpg




d0353489_96185.jpg




d0353489_971254.jpg




d0353489_974377.jpg




d0353489_9461211.jpg

近所の廃屋を撮ってみました。
ここも、新築のころには、毎日ウキウキ気分の住人が住んでいたんでしょうね。
人が住まなくなってからずいぶん長く経っているようで、室内は室外以上に荒廃していました。

廃バス、廃軽トラ、廃工場、廃屋・・・滅びゆくものに惹かれてしまいます。
かつてはにぎやかにもてはやされた時代もあったのに、今は人に忘れ去られ、静かに朽ちていく・・・
こういうものを見ると切々とした哀愁を感じ、無意識に撮影行程に入ってしまいますね

美しい風景や花、可愛い動物や子供に比べると、こういうものを撮る人はあまりいないと思います。
でも・・・誰も撮らないものこそ、私が撮らなくては、と思います。
それゆえ、アメリカの女流フォトグラファー、ダイアン・アーバスの言葉には共感を覚えます。

"I really believe there are things nobody would see if I didn't photograph them."
「私は確信している・・・誰も見ようとさえしない世界が存在するのだ、もし私が撮影しなかったら。」

こういう写真はカラーで撮るより、モノトーンのほうが似合います。
でも、純粋な白黒だとあまりにシャープすぎて、ここに住んでいた人の気配が出しにくい・・・セピアだけだとセンチメンタルすぎる・・・
なので、先日の「哲学的な気分になれる冬の散歩道」で使ったスプリットトーニングを改良して使ってみました・・・ハイライトにブルー、シャドウにセピアです。
気に入ったので、"Blueish Sepia"と言う名前でAdobe Lightroomにプリセット登録しておきました。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この廃屋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-21 05:00 | Rusty Scene | Comments(18)
2016年 02月 19日

あっけらかんとした如月の廃バス

d0353489_22542424.jpg




d0353489_2259266.jpg




d0353489_230126.jpg




d0353489_2303350.jpg




d0353489_2305462.jpg




d0353489_2312483.jpg




d0353489_2321790.jpg




d0353489_2323867.jpg




d0353489_233196.jpg




d0353489_234643.jpg




d0353489_2342866.jpg




d0353489_235350.jpg




d0353489_2371627.jpg

私の定点観測赤錆物件の中でも、もっとも古い歴史を持つシマシマの廃バスです。
夏は蔓蔦に覆われて本体が見えなくなることさえありますが、周りの雑草が枯れる冬は、さすがに見通しが良かったです。
こういう良く晴れた冬の日は、廃バス特有の哀愁が希釈されて、あっけらか~んとした佇まいでしたね。

さてこの廃バス、旧ブログでは毎年、季節ごとに数回撮影し続けていました。
去年は2月11日に"Wrecked in Winter Field"、6月5日に「初夏の廃バス」、9月13日に「初秋と言うにはあまりにも晩夏な廃バス」、11月9日に「霜月の廃バス」と、4回の観測写真を撮っておりましたね。

この廃バス、うちから近い場所にありますので、新ブログになっても撮り続けていきたいと思っております♪

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm f/1.2 with ND8 Filter

☆ブログランキングに参加しています。
このあっけらかんとした廃バスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-19 05:00 | Rusty Scene | Comments(22)
2016年 02月 15日

如月の「草ヒロ」ハイゼット

d0353489_1932117.jpg

夏の間は猛々しく野原を覆い尽す蔓蔦や雑草も、冬になると枯れ果てて見通しがよくなります。
今こそ、「草ヒロ」物件を撮影するチャンス・・・とばかりに、うちの近くに存在する赤錆物件を回り始めました。
バイパスと合流するの手前の旧道わきに放置されているこの軽トラ、以前に中判6x7フィルムカメラの「ばけぺん」でも撮影しておりますね。

d0353489_19205118.jpg

正面から見ると、ダイハツのロゴマークが見えます。
帰宅後調べてみたら、ダイハツの軽トラ、ハイゼットの4代目であることが判明しました。
S38P型と呼ぶようで、1972年-1981年にわたって製造され、軽自動車規格が360ccから550ccに拡大された移行期のモデルのようです。
と言うことは、若く見積もっても車齢は35年以上ってことですね。

d0353489_19211552.jpg

夏の間は草に取り囲まれ、寄り付くことさえ不可能でしたが、冬枯れした今はさすがに見通しが良いです。

d0353489_19344763.jpg

これはドアを止めていたヒンジでしょうか・・・重要部品ですから、頑丈な構造に見えます。

d0353489_19213742.jpg

コックピットまわりです・・・年式相応に樹脂部品が劣化しておりました。

d0353489_19381336.jpg

前輪のブレーキはドラムですね・・・最近の軽トラは前輪ディスクブレーキが多いので、時代を感じてしまいます。

d0353489_19222493.jpg

ペダルまわりを撮ってみました・・・正面に見えるジョイントは、ステアリングのジョイントでしょうか・・・

d0353489_19243410.jpg

荷台もガッツリと赤錆が浮いておりました。

d0353489_1940281.jpg

遠くから見るとこんな感じです・・・様々なごみと一緒に草むらに置かれていました。

d0353489_1925884.jpg

前に「ばけぺん」で撮った時には、まだ艶もあったように思いますが、やはり5年も経つとさすがに経年変化が進行していますね。
このハイゼットも今後、定点観測物件にしていく予定です♪

愛知県愛知郡東郷町にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm f/1.2 with ND8 Filter

☆ブログランキングに参加しています。
この哀愁溢れる赤錆軽トラをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-15 05:00 | Rusty Scene | Comments(18)
2016年 02月 13日

少年時代をフラッシュバックさせるタンクたち

d0353489_1632293.jpg




d0353489_16324537.jpg




d0353489_1635317.jpg




d0353489_16501157.jpg




d0353489_16394283.jpg




d0353489_16513377.jpg




d0353489_16431562.jpg

うちの近くにある真っ赤に錆びたタンク群です。
ここのタンクたち、赤錆ふぇちにとってはたまらない錆びっぷりなので、定点観測的に撮っております。

防錆塗料は塗布されているんだと思いますが、それをあざ笑うようにワラワラと赤錆が塗膜の下から浮き上がり、塗膜がはがれかかっています。
この塗膜の状態を見ると、子供の頃の夏休みを思い出します。
海水浴へ行ったあとは、腕や背中の皮がこんな感じにむけました・・・あの頃はサンオイルなんてしゃらくさいものは使いませんでしたから、豪快にむけました。^^;

このタンクたちも、すべて塗膜がはがれてしまったらどうなるんでしょうか・・・
再度防錆塗料を塗りなおすのか、それとも真っ赤な状態のまま放置されるのか・・・赤錆ふぇちとしては後者を希望しますが、そんなわけにはいかないでしょうね。^^;

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 24mm f/2S (1~3, 5, 7枚目)
Ai Nikkor 85mm/F1.4S (4, 6枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この赤錆タンク群をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
  ↓   ↓   ↓

心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-13 05:00 | Rusty Scene | Comments(28)
2016年 02月 10日

落ち葉の森に眠る高度経済成長期

d0353489_20463076.jpg




d0353489_20475976.jpg




d0353489_2051361.jpg




d0353489_2116865.jpg




d0353489_21164063.jpg




d0353489_2117115.jpg




d0353489_21183422.jpg




d0353489_21191634.jpg

先日、銀塩フィルム写真ブログでご紹介した、「冬の雑木林に眠るライトバス」です。
雑草が枯れ果てる真冬は、こういう「草ヒロ」系の被写体を遮るものが無くなるので、撮影がしやすいですね。
デジタルバージョンは、確信犯的に冬らしい陰鬱な曇天の日に出かけました・・・廃バスの孤独感にふさわしいし、フラットな光のほうが撮影しやすいですから。^^

フィルムブログでのエントリでも書きましたが、この廃バスは1963年に登場した、トヨタライトバス RK170B型のようです。
トヨタ車体株式会社(旧アラコ株式会社)が製造したもので、日本初の量産小型バスだそうです。
この時代は、まだマイクロバスと言う言葉はなく、ライトバスと呼ばれていたようです。

いつから野ざらしになっていたのかはわかりませんが、素晴らしく迫力のある顔貌となっておりました。
明るい青に濃い黄色と言う塗装色、昭和期によく見かけた懐かしい配色です・・・これ、オリジナルではなさそうで、ところどころ違う塗装色が見えました。
そして、長い年月をかけて醸成された赤錆・・・実に素晴らしいです・・・赤錆フェチにとっては垂涎ものでした♪

このライトバスが生まれた1963年は、私が小学校1年だったころです・・・日本の高度成長期の真っ只中でした。
私同様に、この廃バスも歴史の目撃者だったのでしょうね。
明るい未来のみを信じていた昭和後半から、バブルが弾けて成長に陰りが見え始めた平成・・・様々なドラマを見つめて来たのでしょうね。
うむ~、この廃ライトバスは私の弟みたいなものなのかも・・・これからも、定点観測を続けて行きたいものです。

d0353489_21195839.jpg


愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09IIN)

☆ブログランキングに参加しています。
この廃ライトバスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
  ↓   ↓   ↓

心象風景写真 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-10 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)
2016年 02月 07日

「草ヒロ」な市営バス

d0353489_18404937.jpg

赤錆の浮いたガードレールの向こうには冬の枯野・・・そこに佇むのは、やはり赤錆の浮いた廃バスのようです。

d0353489_18411331.jpg

夏から秋にかけて猛威をふるったセイダカアワダチソウも、真冬の今はすっかり枯れ果てていました。

d0353489_18413775.jpg

バスに近寄ってみると・・・「市営」の文字が読めます・・・カラーリングから判断すると、名古屋市営バスのなれの果てのようです。

d0353489_184255.jpg

裏側に回ってみると・・・おお、表とは打って変わってカラフルな落書きに彩られていました。

d0353489_18435669.jpg

このバスが置かれているのは枯野の真ん中・・・

d0353489_18443676.jpg

つまり「草むらのヒーロー」なんであります。
草むらで朽ちていく赤錆の浮いた廃車をこう呼ぶのですね・・・私の写真友達のフィルガソさんに教わった言葉です。
通称「草ヒロ」と呼ばれ、ネットで「草ヒロ」をググってみると、夥しい数の赤錆廃車の写真を見ることができます。^^

d0353489_18453618.jpg

窓ガラスはひび割れ・・・

d0353489_1846936.jpg

ボディには錆が浮いて蔓蔦に絡まれ・・・

d0353489_1944357.jpg

徐々に大地に戻っていく廃バスなんでありました。
ちなみにこの廃バス、昨年の秋にもRolleiflex 2.8Cで撮っておりました・・・でも、濃密なセイダカアワダチソウの群生に阻まれ、接近不可能でした。
さすがに厳冬期になると、近寄りやすくなります・・・とは言うものの、藪こぎはなかなか大変でしたけどね。^^;

d0353489_19402231.jpg

2012年の夏に初めて撮影したときは、まだ新しい印象の廃バスでしたが、4年経って廃バスらしい風格が出てきたように感じます。
この「草ヒロ」な廃バス、これからも定点観測を続けて行きたいと思います♪

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S with ND8 Filter


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-07 05:00 | Rusty Scene | Comments(26)
2016年 02月 03日

赤錆廃バス大量発生地帯

d0353489_15451466.jpg




d0353489_1545331.jpg




d0353489_15483346.jpg




d0353489_15491833.jpg




d0353489_15493854.jpg




d0353489_15501142.jpg




d0353489_1552112.jpg

見事なまでに真っ赤に錆びたバスたち・・・
名古屋市営バスを中心に、6台もの廃バスが集まっているさまは、赤錆ふぇちの私にはこの上ない眼福でした。
写真友達からこの存在を教えてもらい、早速撮影にいってみましたが、今まで私が見た中で、質・量ともに最高の廃バスたちでした♪

愛知県長久手市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-03 05:00 | Rusty Scene | Comments(38)
2016年 01月 31日

管理事務所の黄色い王冠

d0353489_23191612.jpg




d0353489_2327961.jpg




d0353489_23283686.jpg




d0353489_23291212.jpg




d0353489_23311333.jpg




d0353489_2335418.jpg




d0353489_2332507.jpg




d0353489_23364082.jpg

冬枯れの林の中に佇むこの旧車は・・・そう、我家の近くにある定点観測物件、初代トヨペット・クラウンです。
最初に撮影したのは昨年の1月、そして2回目は伸び逝く夏草の中で撮影しました。
このクラウン、どこかの管理事務所で使われていたもののようです・・・元は黒だったようですが、その後、鮮やかな黄色に塗られたようです。

定点観測3回目ですが、今回はかなり状態に変化がありました・・・左前側のフェンダーが失われていました。
また、室内を見るとフロントシートやダッシュボードがなくなっておりました。

夏に撮影した際にオーナーさんにお会いしましたが、「部品取りとして置いてある」とおっしゃっていました。
そのため、この半年の間にいくつかのパーツを取られたのかもしれません。
冬枯れのおかげで見通しは良く、遠方からも雑木林の中に佇む様子がよくわかります。^^
次の撮影はまた夏草の中でしょうか。

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09IIN)


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-01-31 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)