カテゴリ:Overseas Trip( 68 )


2016年 12月 27日

世紀末の分離した青春様式の邸宅 (写真部門)

d0353489_223533100.jpg

さて、ミュンヘンのドイツ博物館を出た後、"Deutsches Museum"の電停から16番の”St. Emmeram"行きのトラムに乗りました。
やってきたのはここ・・・なにやら立派なお屋敷なんであります♪

d0353489_2236337.jpg

建物の銘盤には、"Villa Stuck"とあります。
ここはドイツの画家、フランツ・フォン・シュトゥックの旧住居で、19世紀末にシュトゥック自身により設計・建設されました。
現在はミュンヘン市による管理で、美術館として運営されています。

d0353489_22364024.jpg

フランツ・フォン・シュトゥックはミュンヘン分離派の創始者の一人です。
分離派・・・ゼツェシオン(Sezession)と言う名前でも知られておりますね。
保守的な芸術家組合から分離する形で誕生したため、この名がついているんだそうです。

この運動はその後ベルリンやオーストリアにも波及し、ベルリン分離派やウィーン分離派の活動につながり、さらにはドイツ版アール・ヌーボーである「ユーゲント・シュティール」(青春様式)につながりました。

ユーゲントシュティール様式と言えば、ダルムシュタットの芸術家村「マチルダの丘」が有名です。
アール・ヌーボーふぇちの私は2011年のドイツ旅行の際に訪問しました。
そして、ミュンヘンのヴィラ・シュトゥックもぜひ行ってみたい場所だったんであります。

d0353489_22365883.jpg

中に入ると・・・おお、フランツ・フォン・シュトゥックらしいほの暗い妖しい雰囲気で満たされておりました。

d0353489_22382166.jpg

ウィリアム・モリスやエドワード・バーン=ジョーンズなどの英国アーツ・アンド・クラフツ系のアールヌーボーとも共通する何かがありましたねえ♪

d0353489_223955.jpg

うねうねと曲線を描くデザイン・・・やはりユーゲントシュティールもアール・ヌーボーなんであります♪

d0353489_22392594.jpg

館内に飾ってあったVilla Stuckのミニチュアモデルです。

d0353489_22403365.jpg

こんなティールームもありました。

d0353489_22405217.jpg

外部のバルコニーの天井にもびっしりとユーゲントシュティールななデザインがほどこされておりましたねえ♪

d0353489_22411493.jpg

さて、ヴィラ・シュトゥックを出て100番のバスに乗って、次の目的地へ向かいます。
バスもトラムもバイエルンチケットでまかなえますから、便利なんであります♪
次のドイツ旅行記は・・・年明けですね。^^

Museum Villa Stuck, Prinzregentenstraße 60, 81675 München, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この世紀末の分離した青春様式の邸宅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-27 05:00 | Overseas Trip | Comments(12)
2016年 12月 23日

ドイツの科学力は世界一 (写真部門)

d0353489_8254926.jpg

機能美に溢れる計測機器・・・そのストイックなフォルム、痺れる被写体ですね~♪

d0353489_8261589.jpg

ここはミュンヘンで訪れた博物館です。
メカメカしい展示物がいっぱいあるんですねえ♪

d0353489_8264396.jpg

その博物館の名前はDeutsches Museum・・・ドイツ博物館と言います。
1925年から一般に開館された博物館で、農業、鉱業、航空工学から、鉄道、機械、宇宙に至るまで、ドイツの科学技術を若い世代に引き継ぎ、学ばせるための博物館だそうです。

d0353489_8271365.jpg

館内には、大きな航空機なども展示されています。
敷地面積5万km2。展示品目は約1万7千点以上、体験型の博物館展示をしています。
そのため、訪問者がそのすべてを充分に体験しようとすれば、少なくとも数日を要する大規模なものです。

d0353489_8273545.jpg

展示物のすぐ近くまで寄れるのが楽しいですね。

d0353489_828520.jpg

ドイツ博物館のダイレクトリは、こんなアイコン表示になっております。
ドイツ語が分からなくても無問題でした♪

d0353489_8294564.jpg

いにしえの天文観測機器などもたくさんあり、ドイツの科学力の伝統をかんじさせますね。

d0353489_830538.jpg

昔の機械の機能美を心行くまで堪能できました。

d0353489_8322723.jpg

ガラス細工の鳥たちは、お土産用の作品のようでした・・・我家も買ってきましたよ。

d0353489_22341658.jpg

売店に置いてあるミュージアムグッズも、科学的情緒に溢れたものが選ばれておりました。^^

d0353489_833536.jpg

ドイツ博物館はミュンヘン旧市街の東側、イーザル門を出てすぐのイーザル川の中州にあり、トラムの停留所があります。
地下鉄だとIsartor駅が至近ですね。
ドイツの科学力を間近で味わいたい方には、ぜひおすすめの博物館でした♪

Deutsches Museum, Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このドイツの科学力は世界一を証明するドイツ博物館をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-23 05:00 | Overseas Trip | Comments(10)
2016年 12月 19日

安くて美味しく便利なアウクスブルク中央駅

d0353489_1435431.jpg

このコーヒーカップ、なかなかよくデザインされております。
熱くならないように、コルゲートって言うのかな、波板状に加工されたカップなんであります。

d0353489_14363946.jpg

ここはアウクスブルク中央駅のエキナカ・ベーカリーカフェです。
この日の夕ご飯は、ここで簡単に済ませることしました・・・安上がりかつ、なかなか美味いんです。^^

d0353489_1437510.jpg

こちらは相方が頼んだブレッツェルなパンですね。

d0353489_14373342.jpg

こちらは私が頼んだサンドイッチ・・・二人で10オイロもかからなかったと思います。
こういうエキナカ・ベーカリーだと、ほんとに食費が安上がりになりますし、食べ過ぎないのでヘルシーでもあります。

d0353489_143825.jpg

ドイツの駅には必ずこういうエキナカ・ベーカリーがあり、とても便利です。
がっつり食べたい人には、焼きソーセージなども種類豊富にあるので楽しいです。

d0353489_143923100.jpg

栄養のバランスをとるために、フレッシュなイチゴも買いました。
500グラムで3オイロ弱・・・日本円で300円ちょっと、でしたね。

d0353489_14394848.jpg

このイチゴは、駅の外のキオスクで売っています・・・実にわかりやすいビジュアルなんであります。^^

d0353489_14401380.jpg

もちろん駅ですから、切符も売ってます。
これは自販機で買ったバイエルンチケットと呼ばれるものです。
バイエルンの全てのローカル列車、全交通システムを利用でき、ミュンヘン、ニュルンベルク、アウクスブルクではトラム、地下鉄、郊外のバスにも使えます。

ジャーマンレイルパスを使い切ってしまい、この日の翌日はミュンヘンに移動する予定でしたので、このチケットを買いました。
一日有効で価格は23オイロ、一人につき5オイロの追加で、最大4人まで一緒に利用できるんですね♪

二人で28オイロってことは、3000円ちょっとでしょうか。
これで翌日のミュンヘンまでのDBの切符、ミュンヘンでの公共交通機関、すべてがまかなえるので、とてもありがたかったです♪

Augsburg Hbf, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この安くて美味しく便利なアウクスブルク中央駅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-19 05:00 | Overseas Trip | Comments(17)
2016年 12月 13日

灼熱のアウクスブルク

d0353489_20134140.jpg





d0353489_20144693.jpg





d0353489_20152153.jpg





d0353489_2017220.jpg





d0353489_20193219.jpg





d0353489_20202330.jpg





d0353489_2021712.jpg





d0353489_2031192.jpg

ドイツ旅行シリーズ、まだ終わりません・・・^^;
この日のアウクスブルクは摂氏30度を超える暑い日で、街を行く人たちも露出度の多い服装でした。

もう師走だというのに、季節外れな写真ですみません・・・在庫がまだいっぱいあるのですよ。
でも寒さが本格的になりつつある今だからこそ、こういう暑さがみなぎる夏写真であったまるのもも悪くないかもしれません。^^

Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 (1,3枚目)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 (2, 4~8枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この灼熱のアウクスブルクをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-13 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
2016年 12月 08日

黄金の市庁舎

d0353489_20294355.jpg




d0353489_2030398.jpg




d0353489_20302546.jpg




d0353489_20314047.jpg




d0353489_2032649.jpg




d0353489_20323479.jpg

ドイツ・バイエルンの都市、アウクスブルクの市庁舎です。
エクステリアは修復中でクロスに覆われており、撮影意欲がわきませんでした・・・フィルムでは撮ったんですけどね。^^;

でも、内部はデジタルカメラで撮ってきました。
2.5オイロ払って、市庁舎内部の最大の見ものを見てきました・・・この「黄金の間」(Goldener Saal)です。

いや~、どこを見渡してもキンキラキンでした。
まさしく金だらけ・・・いや~、贅沢と言うか、派手と言うか、悪趣味と言うか・・・^^;

この市庁舎、1615年から1620年にかけて建設されたドイツルネサンス建築の最高傑作だそうです。
当時のアウクスブルクの繁栄ぶり、いやがうえにも見せつけられました。

Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金の市庁舎をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-08 05:00 | Overseas Trip | Comments(14)
2016年 12月 04日

家賃0.88オイロの世界最古の社会福祉住宅

d0353489_1371766.jpg

アウクスブルクのランドマークの一つ、フッガーライを訪問してきました。
ここには、こんな可愛らしい造形の鉄がたくさんありました。

d0353489_1373935.jpg

こちらはちょっとデザインが違います。
その背景に見えるのは玄関のドア・・・これ、ドアベルの紐なんでしょうか。^^

d0353489_1381872.jpg

じつはこのフッガーライ、集合住宅なんであります。
似たような住宅が並んでいますから、暗いところでも区別がつくように、家ごとに違う造形の飾りがついているんだとか。
え・・・表札が読めないぐらい暗いのか・・・はい、このフッガーライ、16世紀に作られた古い建物なんです。^^

d0353489_1384997.jpg

住宅街の中にはこんな噴水もあったりして、すてきな佇まいの住宅街です。

d0353489_1392275.jpg

素敵に見えるんですが、じつはこのフッガーライ、低所得者のために作られたの集合住宅だそうです。
当時ヨーロッパ有数の富豪であったフッガー家のヤーコプ・フッガーによって建てられ、当初は「貧者の家」と称していたんだとか。

d0353489_13101757.jpg

当時の人々が暮らした様子も再現されています。

d0353489_13104790.jpg

なかなか採光もよく考えられており、明るい集合住宅でした。

d0353489_1311639.jpg

この貧者の住宅には様々な人が暮らしていたそうです。
このドアの上のプラークを見ると、フランツ・モーツァルトの文字が・・・そう、あの大作曲家モーツァルトの曾祖父だそうです。^^

d0353489_1311391.jpg

で、こちらは・・・おろろ、とてもモダンな雰囲気ですね。
実は、今もこのフッガーライは社会福祉住宅として現役で使われているんだそうです。

d0353489_131234.jpg

家賃は創設時と同じ1ライングルデンで、これは現在の貨幣では0.88オイロだそうです。
ひええ、こんな素敵な家が一ヶ月100円程度で住めるんだ~♪

d0353489_13124856.jpg

このフッガーライ、入るには下記のような条件を満たす必要があるそうです。

・アウグスブルグ市民であること
・カトリック教徒であること
・生活に困っていること
・フッガーライにある教会で毎日ヤコブ・フッガーのためにお祈りすること。

d0353489_1313531.jpg

それにしても家賃0.88オイロとは安いです。
それゆえ、このフッガーライに入居したい人はたくさんおり、ウェイティングリストはとても長いものになっているそうです。^^

Fuggerei, Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この家賃0.88オイロの世界最古の社会福祉住宅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-04 05:00 | Overseas Trip | Comments(10)
2016年 11月 24日

世界最古のステンドグラスがある大聖堂

d0353489_10563318.jpg

今年の初夏のドイツ旅行、いまだに連載が終わりません・・・新しい写真を撮ってるからしょうがないんですけどね。^^;
さて・・・ようやくネルトリンゲンの街を出て、次の街に移動しました。
その街の名物は、こんな巨大な建物です。

d0353489_10573654.jpg

その建物には、こんないかめしい門扉がついておりました。

d0353489_10581535.jpg

中に入ると目につくのがキャンドルです・・・敬虔な雰囲気が横溢しております。

d0353489_10583530.jpg

はい、ここはアウクスブルクの街にある大聖堂です。

d0353489_10592726.jpg

ステンドグラスふぇちとしては、このアウクスブルク大聖堂はぜひ訪れてみたい場所でした。
と言うのは、世界で一番古いステンドグラスが残っているからなんです・・・こちらは12世紀に作られた窓です。
預言者ホセアのお姿です・・・古拙な雰囲気がいかにも中世なんであります♪

d0353489_114925.jpg

こちらも中世っぽい雰囲気の窓でしたが、実際には19世紀ぐらいでしょうか。
英国のゴシックリバイバルに似た雰囲気の窓でした。

d0353489_1142634.jpg

アウクスブルクはバイエルンにあるため、カトリックが優勢な街のようです。
聖母子像って、プロテスタントの教会ではまず見ません。

d0353489_1172742.jpg

由緒ある教会だけに、中は広大で見ごたえのある被写体がたくさんありました。

d0353489_11843.jpg

元々はロマネスクの大聖堂だったんだと思いますが、こんなバロックな祭壇もありました。

d0353489_11101216.jpg

アウクスブルクのシンボル、松ぼっくりもありましたねえ。

d0353489_11103056.jpg

欧州のドアノブ、動物系が多いです・・・これはクマかな?

d0353489_11111185.jpg

古い大聖堂なので、9世紀から11世紀にかけてのロマネスク様式と14世紀以降に改築されたゴシック様式が併存しています。
なかなか見ごたえのある素敵な大聖堂でした♪

Augsburger Dom, Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この世界最古のステンドグラスがある大聖堂をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-24 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
2016年 11月 18日

ネルトリンゲンの鮮やかな朝

d0353489_13214692.jpg

真っ青に晴れ渡る初夏の空・・・
そこに浮かび上がる尖塔は、ネルトリンゲンの聖ゲオルク教会のダニエルです。
ネルトリンゲンを出発する日、朝食を食べにこの教会前の広場まで散歩しにやってきました。

d0353489_133183.jpg

この広場にはいくつかベーカリーカフェがあり、二日とも違うカフェに入りました。
この日はここ、Ihle Landbäckereiさんです・・・チェーンのベーカリーのようで、バイエルンではよくお目にかかりました。

d0353489_1322463.jpg

こちらは私の朝ごはん・・・ハムサンドイッチですね。

d0353489_13234342.jpg

こちらは相方の朝ごはんのチェリータルトですが、あまり甘くなくて美味かったです。

d0353489_1324858.jpg

朝ごはんを食べていると、こんな可愛らしいお客さんもやってきました♪

d0353489_13271360.jpg

ドイツ旅行中、朝ごはんはこういうカフェで食べることが多かったです。
二人で9.18オイロ・・・1050円ぐらいでしょうか、お値打ちなんでありました♪
ちなみに背景に見える噴水は・・・

d0353489_13281765.jpg

Kriegerbrunnenと言う名前がついた噴水でした。
Wikipedia先生に尋ねてみると「戦士の泉」ってことらしいです。
1870〜1871年の対普仏戦争出兵を記念して、ミュンヘンの彫刻家、Georg Wrbaが1902年にデザインしたものなのだとか。
1902年・・・なるほど、道理でユーゲントシュティールな雰囲気を湛えているんですね。^^
ちなみにフィルムカメラのRollei 35でも撮影しました。

この日の朝は、いつものLumix GM5ではなく、Olympus Pen Lite E-PL6に便利ズームをつけて撮影しました。
RAWからあまり手を加えず現像しましたが、オリンパス機の発色はとても華やかです。^^;
私みたいなおっさんにはちーと鮮やかすぎるかも・・・それがパナ機に変えた理由ではありますけどね♪

Nördlingen, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このネルトリンゲンの鮮やかな朝をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-18 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
2016年 11月 11日

ネルトリンゲン赤錆物件大量発生地帯

d0353489_10544266.jpg

元気よく茂る夏の樹木の中に浮かび上がる錆びた鋼鉄・・・

d0353489_10551965.jpg

上の写真は、こんな機械の一部でした。
ここは先日ご紹介したネルトリンゲン駅の裏にあるバイエルン鉄道博物館です。
今回は、そこで見つけた赤錆物件を中心に編集してみました。
赤錆ファンの皆様、どうぞお楽しみください♪

d0353489_10562295.jpg




d0353489_10564561.jpg




d0353489_10572772.jpg




d0353489_11433887.jpg




d0353489_11441362.jpg




d0353489_114567.jpg


Bayerisches Eisenbahnmuseum, Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このネルトリンゲン赤錆物件大量発生地帯をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-11 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
2016年 11月 06日

毛糸が巻かれた街角

d0353489_2256761.jpg

ネルトリンゲンの旧市街を歩いていたら、こんな風景に遭遇・・・
これ、街灯にニットが巻いてあるもののようです。

d0353489_22563766.jpg

ここにもカラフルなニットを巻かれた街灯があります。

d0353489_22583085.jpg

これはもう少しダイナミックな作品でしたねえ。^^;

d0353489_2259279.jpg

街灯だけじゃありません・・・木の幹にも巻かれておりました。

d0353489_231101.jpg

こちらの樹にもきっちりと巻かれております・・・
うむ~、この毛糸が巻かれた街角、なんの意味があるのでしょう。
頭からクエスチョンマークを1ダースほど出しながら撮影しておりました。

ちなみに、この日のネルトリンゲンは30度を超える暑い一日でした。
残暑が続いていた間は暑苦しくてアップする気になれませんでしたが、ようやく冷え込んで来ました。
今なら、暖かそうでいいんじゃないでしょうか♪

Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

☆ブログランキングに参加しています。
この毛糸が巻かれた街角をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-11-06 05:00 | Overseas Trip | Comments(13)