2017年 09月 07日 ( 1 )


2017年 09月 07日

和洋折衷な市役所

d0353489_20521542.jpg





d0353489_20561969.jpg





d0353489_218246.jpg





d0353489_20565139.jpg

この印象的な建物は名古屋市役所です。
1933年に竣工ですから、今年で84歳のご長寿ビルですが、いまだに現役の市役所です。
これは政令指定都市の中では、1927年竣工の京都市役所に次いで2番目に歴史の長いものなんだそうです。

この本庁舎は、昭和天皇即位の記念事業として建設されたもので、近代的なビルに和風の瓦屋根を載せた「日本趣味を基調とした近世式」の意匠が特徴的です。
帝冠様式とも呼ばれるようですね。

d0353489_2057999.jpg

奥に見えるのが名古屋市役所、手前に見えるのが愛知県庁です。
この愛知県庁も帝冠様式のビルで、近代ビルの上にお城の天守閣を乗せたような面妖な意匠が目を惹きます。
帝冠様式のビルは各地に残っていますが、それが二つも見える名古屋のお役所街、なかなか不思議な景観が味わえる場所ですね。

名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 名古屋市役所にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Carl Zeiss Jena MC Pancolar 1.8/50

☆ブログランキングに参加しています。
この和洋折衷な市役所をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-09-07 05:00 | Old Buildings | Comments(18)