2017年 08月 03日 ( 1 )


2017年 08月 03日

丘の上の赤と青

d0353489_884973.jpg





d0353489_89168.jpg





d0353489_972228.jpg





d0353489_810519.jpg





d0353489_965850.jpg





d0353489_8143081.jpg




d0353489_17193173.jpg炎暑のアイボクに佇む2台の廃トラクター。

赤いのは、International Harvester 576です。

青いのはFordson Super Dexta。

どちらも何回となく撮影してきた被写体で、のどかで人が好さそうな雰囲気を湛えていますね。

どちらも1960年代の古き良き時代のトラクターです。

それに比べると、きょうびのモダンなトラクターは、クールですが人相が悪いです。^^;

さて、この赤と青のトラクターたちを撮ったのは、こちらの可愛らしいカメラです。

本体はLumix GM5、レンズはMITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95と言うコンビです。

GM5は221gと、重さはほぼコンデジ並みです。

Mitakon 25mm/F0.95は220gと、小さいですがガラスの塊で持ち重りがします。

それでも重量は合計で441g、小型軽量です。

そんなに小っちゃなコンビではありますが、レンズが大口径なのでなかなかのボケ写真が撮れます。

マイクロフォーサーズで25㎜/F0.95ってことは、フルフレーム機に換算すると50mm/F1.9です。

このちっちゃなコンビを使って、ボケパノをやってみると、どうなるか・・・

実験してみましたよ。↓




d0353489_1719549.jpg

20枚以上のショットを合成して撮ったものがこれです。
NullPointer09さんが作ってくださったエクセルのワークシートにてフルフレーム機に換算すると、26.2mm/F0.5と言う、めっちゃくちゃに明るい広角レンズ、ってことになります。
こんな強烈なスペックのボケる広角レンズ、フルフレーム機にもないです。^^;

d0353489_17201328.jpg

こちらも同じく20枚ぐらい撮ってから重ねています。
フルフレーム機に換算すると、38.2mm/F0.7、ちょっと広めの標準レンズって画角ですが、F0.7はインパクトあります。

d0353489_17453798.jpg

こちらは、GM5にAi Nikkor 55mm/F1.2を装着して撮ったものです。
フルフレーム機に換算すると、57.2mm/F0.62・・・D610にAi Nikkor 55mm/F1.2を付けて撮った被写界深度の上をいってます。
コンデジみたいなちっちゃなマイクロフォーサーズ機でも、フルフレーム機を超えるボケが撮れるとは・・・
楽しい時代になったものです♪

愛知県日進市 愛知牧場にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95
Ai Nikkor 55mm/F1.2 (10枚目のみ)

8~10枚目は、MS-ICE 2.0にて合成
7枚目はLumix GX8 & Lumix 42.5mm/F1.7

☆ブログランキングに参加しています。
この丘の上の赤と青をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-08-03 05:00 | Bokeh Pano | Comments(20)