2017年 05月 13日 ( 1 )


2017年 05月 13日

爽緑の廃隧道

d0353489_20254118.jpg




d0353489_20263021.jpg




d0353489_20265558.jpg




d0353489_20284362.jpg




d0353489_20293838.jpg




d0353489_2034449.jpg




d0353489_20302988.jpg




d0353489_20361832.jpg




d0353489_20305420.jpg




d0353489_20372931.jpg




d0353489_20431351.jpg




d0353489_20375830.jpg




d0353489_20441861.jpg




d0353489_20311169.jpg

GWの最終日5月7日の日曜日に、相方と友人のみやびん夫妻と一緒に「愛岐トンネル群」を訪問してきました。

このトンネル群、1号から14号まであり、かつては国鉄中央(西)線が通っていたトンネルでした。
1900(明治33)年、国鉄中央(西)線は名古屋~多治見間が開通し、その際に作られたのがこれらのトンネルです。
しかしこの路線は単線だったために、戦後の高速・大量輸送時代に対応できなくなりました。

複線電化と長大トンネルによる新線が建設されて、高蔵寺~ 多治見間の軌道敷と13基のトンネル群は1966(昭和41)年に廃線・廃トンネルとなりました。
レールも枕木も撤去され、いつしか廃線路は茂った藪の中に埋もれ、 人々の記憶から忘れ去られてしまったそうです。

しかし40年後に、このトンネル群は再発見されることになりました。
2007(平成19)年、市民有志により調査が開始され、2009年8月にはNPO愛岐トンネル群保存再生 委員会が設立され、活動が本格化しました。

トンネル群の価値はすぐに多方面で認められ、経済産業省「近代化産業遺産」にも認定され、2014年にはナショナルトラストにより敷地を取得し、そして 2016年には登録有形文化財に3施設が認定されたそうです。

一般公開は春と秋の年に2回だけです。
今回は爽緑の中の散策でしたが、秋には真っ赤に色づいた紅葉の中を歩いてみたいと思っております。
お付き合いいただいたみやびん君ご夫妻、楽しい一日をどうもありがとうございました♪

愛知県春日井市玉野町 愛岐トンネル群にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この爽緑の廃隧道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-05-13 05:00 | Japanese Landscape | Comments(22)