2017年 03月 20日 ( 1 )


2017年 03月 20日

揺れるナゴヤメシ

d0353489_17133759.jpg

ここは名古屋の真ん中、栄町にある中日ビルの地下2階です。
栄町で撮影をしていて、お腹が空くとここにやってくることが多いですね。

d0353489_17145732.jpg

ここには、コテコテの名古屋メシのお店が揃っているからなんであります。

d0353489_17151419.jpg

この土鍋のシンボルマークは・・・
そう、名古屋人の大好物ミソニコこと、味噌煮込みうどんで有名な山本屋本店です。
以前、フィルム写真ブログの「冬のオープンカフェでやせ我慢をする透明人間たち」と言うエントリで、透明人間さんたちが話題にしていたミソニコ屋さんはここです。

d0353489_17154896.jpg

カレーうどんもいいなあ・・・同じく名古屋名物カレーうどんの老舗、若鯱屋さんです。
ここんちの麺は極太で有名で、小指ぐらいの太さがあるんじゃないでしょうか。^^

d0353489_17173030.jpg

ううむ、何を食べるか、心が揺れます・・・
でも、ミソニコやカレーうどんを食べたいほど寒くもなかったので、あんかけスパゲティのお店、チャオさんに入りました♪

あんかけスパゲティとは、中京地区のみに存在する極めて個性的な麺料理で、イタリアのスパゲティとはまるで違います。
2.2mmの極太麺を使用し、麺の外側はラードで炒めてパリッと硬く、中は腰のない軟麺という「逆アルデンテ」状態が特徴です。

その上にかけるソースは、野菜や挽肉を長時間オーブンで煮込んでコロイド状になった極めてコクがあり粘度の高いものです。
「あんかけ」と言っても中華料理とは無縁です。
味はひたすらにくどく、麻薬性・中毒性があり、しばらく食べてないと禁断症状が出ます。^^;

さて、名古屋であんかけスパゲティと言うと、「スパゲッティハウス ヨコイ」か、「そーれ」が二大巨頭、と言うのが定説です。
でも、私のイチオシはこの「スパゲティハウス・チャオ」です。
なぜなら・・・チャオさん二大巨頭よりお値段がお値打ちなのに、味はそん色ないからなんですね♪

これはチャオのミラネーズです。
名古屋のあんかけスパゲティ業界では、この赤ウィンナーとプレスハム、マッシュルームの具材をこう呼びます。
ちなみに、ヨコイやチャオではミラネー「ズ」ですが、そーれではミラネー「ゼ」と呼び方が違います。
もちろん、イタリアのミラノとはまるで関係ありません。^^;

d0353489_17174315.jpg

ヨコイ・そーれの二大巨頭の客層は、圧倒的に「おっさん」が多いんですが、この中日ビルのチャオは女性率がかなり高いです。
それもカップルの片割れとしてだけではなく、女性同士や女性一人客も多いです。
この日は女性率50%を超えていたかも・・・カチッとしたスーツで、「スペシャル・R」を食べていたおねえさん、カッコよかったです。

もし、アナタが女性で、ひそかにあんかけスパゲティを食べてみたいと思っているのであれば・・・ここはお勧めですよぉ♪

名古屋市中区栄四丁目1番1号 中日ビルにて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この揺れるナゴヤメシをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-03-20 05:00 | Foods & Dining | Comments(16)