2018年 01月 06日

指揮者のいないオーケストラ

d0353489_20322966.jpg





d0353489_20324874.jpg





d0353489_2033134.jpg





d0353489_20332687.jpg





d0353489_20341833.jpg





d0353489_20343046.jpg





d0353489_20344964.jpg





d0353489_203572.jpg





d0353489_20353620.jpg





d0353489_20372151.jpg

昨年末、アマチュアオーケストラのコンサートを聴いてきました。
このオケの特徴は、指揮者がいないところにあります。

指揮者の重要性を認識した上であえて指揮者を置かない・・・
これは、音を出しているのは演奏者一人一人、ならばそれぞれが責任をもって生き生きと音を出そう、という考えからなんだとか。

私はJAZZコンボ出身なので、こういう発想はとても理解しやすいです。
指揮者がいない分、メンバー1人1人はよく音を聴いて、音作りをしていかなければなりません。
結果として、よりのびのびとした人間的なアンサンブルになるような気がします。

なお、このオーケストラの代表のR君は、受験生の時に私が英語を教えていた生徒でした。
今は国立F大学の医学部生で、忙しい学業の間を縫って愛知県に戻って、このオーケストラを運営している・・・素晴らしいです。
R君、素晴らしい演奏をありがとう、しっかり楽しませてもらったよ♪

名古屋市熱田区 名古屋市熱田区神宮3丁目1−15 熱田文化小劇場にて
LUMIX DMC-GX7MK2
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この指揮者のいないオーケストラをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2018-01-06 05:00 | Snap | Comments(16)
Commented by getteng at 2018-01-06 06:28
blackfacesheep2さん
貴兄には珍しいセピア色ですね。
こういう場合、無音機能で撮られるのですか?
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 09:14
gettengさん、こんにちは。^^
あはは、フィルム写真ブログではモノトーンの写真ばかり出しているくせに、デジタル写真ブログでは珍しいでしょ?
はい、コンサートホールで撮るときは、無音モードにしてます・・・電子シャッター搭載のミラーレスは便利です。
Commented by iwamoto at 2018-01-06 09:47 x
第2楽章って「百万人の英語」のテーマですよね。
羊さんにピッタリのコメントでしょ(笑)
Commented by voyagers-x at 2018-01-06 11:36
おはようございます!!
このような演奏会ってシャッターオンが気になりますね
Leicaといえど、シャッターの音がしますね
ほんとに無音に素敵に撮れるカメラは一台欲しいですね
Lightroomで調整するのも少し離れてきましたが
セピア具合の微妙な色の調整に苦戦しています
濃すぎず薄すぎず.......

Commented by natsunana at 2018-01-06 12:24
クラシックピアノをならっていたので、こういうコンサートとかは好きで学生の頃まではたまに行ってました^^

色の具合が雰囲気出てていいかんじー^^
Commented by yuphotobook at 2018-01-06 16:49
jazzyな感じだからセピアなのかな?
クラシック音楽はどちらかというとモノクロなイメージですが、指揮者のいないJazzyなら納得。
Steinwayのピアノの写りこみが鮮やか
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-06 16:59
自分は全く楽器をやらないので、
指揮者の役割も、
実は理解できていないのかもしれません。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 17:03
iwamotoさん、こんにちは。^^
クラシック音楽でわかるのはバロック以前もしくは後期ロマン派以降なので、ハイドンはわかんない方ですね。^^;
「百万人の英語」って、ラジオ番組なんでしょうか、これもわからない・・・受けが悪くてすみません。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 17:07
voyagers-x さん、こんにちは。^^
パナソニックのミラーレス機は、完全に無音になります・・・静かな場所でのステルス性がめっぽう高いですね。
Lightroomは自由に調色できるのが強みですが、逆に自由度がありすぎて悩むときがありますよねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 17:11
ゆうこりん、こんにちは。^^
なるほど、クラシックピアノを習ってたんだ、だから星野源の「恋ダンス」も簡単に弾けちゃうんだね。^^
最初はカラーでそのまま現像したんだけど、あまり素敵じゃないので、セピア化してみました・・・正解だった♪
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 17:13
yuphotobookさん、こんにちは。^^
JAZZとかClassic音楽系の写真は、モノトーンが似合う、と勝手に思い込んでます。^^;
ロック系やポップス系はダメだろうなあ、あまりに地味すぎるもん。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-06 17:15
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
人数が少なければ、指揮者はなくても問題ないと思います。
でも、オーケストラの場合は、かなり思い切った編成なんだろうなあ、って思います。^^
Commented by small-talk at 2018-01-06 21:01
室内の演奏会というと、感度を上げて撮るのでしょうが、トーンが綺麗で、素直な描写ですね。
指揮者無しなのですか。
亡き王女のためのパヴァーヌ、好きな曲です。
ピアノとの協奏でしょうか、それとも管弦楽のみですか?
元々はピアノ曲ですが、ラヴェル自身が管弦楽曲に編曲しましたから。
Commented by gaku0107boo at 2018-01-07 00:19
こんばんわ!
セピア色がなんともいい雰囲気になっていますね。
ワタクシも音楽、それもクラシックは大好きなんですが、
楽器は殆どできません。(ギターが少々のみ)
楽器のできる人たちを羨望の眼差しでみております。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-07 08:54
small-talkさん、こんにちは。^^
暗い便利ズームだったので、ISO3200まで上げてます・・・コントラストを落として白黒フィルム風味にしてみました。^^
今回の「亡き王女のためのパヴァーヌ」は管弦楽のバージョンでしたね、私も大好きな曲の一つです。
Commented by blackfacesheep2 at 2018-01-07 08:56
岳の父ちゃん、こんにちは。
暗い場所だったので、発色がイマイチ、コントラストもきつかったので、迷いなくセピア系モノトーンにしました。
楽器演奏は、練習時間が取れないと、なかなか続けられませんね、私もすでに諦めて、サックスは全部売っちゃいました。^^;


<< 真冬のヒマワリ      お正月の廃バス >>