2017年 12月 06日

"Shabby chic"なShabby Days

d0353489_2049563.jpg





d0353489_20503755.jpg





d0353489_2052467.jpg





d0353489_2053202.jpg





d0353489_20533495.jpg





d0353489_2054117.jpg





d0353489_20542826.jpg





d0353489_2054514.jpg





d0353489_20551061.jpg





d0353489_20554160.jpg





d0353489_2056339.jpg





d0353489_20562589.jpg





d0353489_2113662.jpg





d0353489_21218.jpg

岡崎にある雑貨屋さん、"shabby days"さんです。
いや、雑貨屋と言う単純な言葉では収まりきらない、素晴らしいお店です。

"Shabby"は英語の形容詞ですが、辞書で引くと「ぼろぼろの」とか「みすぼらしい」と言う訳語が載っています。
頷けない訳語です。
この"shabby days"さん、ノスタルジックでレトロな雰囲気はありますが、みすぼらしくはありません。

実はここ、"Shabby"に"Chic"と言う言葉をつなげた"Shabby Chic"の方じゃないでしょうか。
"Chic" とは上品、あか抜けた、シック、優雅という意味で、英語での発音は「しっく」ではなく「しーく」に近い感じです。

"Shabby chic"は「味があり使い古されてはいるけれど、品や優雅さがある」という意味なんだとか。
この"Shabby chic"、1989年に英国人デザイナーのRACHEL ASHWELLさんが提唱し始めたスタイルだそうです。

使い込まれて傷が付いたり、ペンキが剥がれかけているような古いけど味があるアンティーク家具と、上品な花柄やフリルのファブリックなどをミックスさせた、クラシックでガーリーなイメージのインテリアの事だそうです。

この"shabby days"のオーナーさん、とても優れた審美眼をお持ちなんでしょうね。
滅び逝くものの美学が大好きな私にとっては、とても居心地の良い空間をつくっていらっしゃいました。

それにしても、先日訪問した「カルジーナの森」の"F.45"さんと言い、この"shabby days"さんと言い、岡崎の雑貨屋さんは素晴らしいです。
静岡県の掛川市には、"Antique Cafe Road"と言うこれまたシャビ―でアンティークなお店があるらしい・・・
いつか、大井川鐡道と同時に訪問してみたいものです♪

愛知県岡崎市本宿町屋敷6 "shabby days"にて
SONY α7 II ILCE-7M2
Carl Zeiss Jena MC Flektogon 2.4/35

☆ブログランキングに参加しています。
このシャビーシックなShabby Daysをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-12-06 05:00 | Still Life | Comments(12)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-12-06 05:56
Shabby chic、
日本の詫び寂びの感覚とイコールではありませんが、
通じるものがありますね。
そういう感覚は、
人間として持ち合わせているものなんでしょう。
Commented by getteng at 2017-12-06 06:02
blackfacesheep2さん
こういう雑貨屋は大好きです。
蚤の市みたいに見て回っていて飽きないでしょうね。
そういえば、当市では蚤の市って一度しか出遭っていません。
小規模なものはあるのかもわかりませんが…
Commented by cana at 2017-12-06 08:37 x
岡崎、お洒落ですよね!
道が混むのでなかなか近付きがたいのですが(笑)
素敵なお店ですね。
お洒落なお店の多くは撮影禁止が多かったりしますが、撮影オッケーなのですね。

shabby。
chubbyはよく言います(笑)
Commented by voyagers-x at 2017-12-06 09:54
おはようございます ! !
もしかしたら売られてる雑貨を買おうという気持ちにはなれないかもしれませんが
温かい雰囲気の雑貨屋さんですね
素敵な写真の被写体になってくれますね
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 11:54
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
もともと日本人には滅びゆくものを愛でる美学がありますもんね。^^
西洋人よりも、Shabby Chicなものに対する気持ちや愛着は深いのかもしれませんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 11:56
gettengさん、こんにちは。^^
そうそう、新品ではなく、古びたものがいっぱいある蚤の市みたいなお店でした♪
最近は、フリーマーケットが流行ってますから、小規模なものはどこでも多いんじゃないでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 11:58
canaちゃん、こんにちは。^^
岡崎、豊田市と比べるとずっとお洒落です、文化の香りがしますもんねえ♪
chubby chic・・・ぽっちゃり体形を愛でる人々でしょうかねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 12:00
voyagers-x さん、こんにちは。^^
そうそう、お商売をしているのかどうかさえ、よくわか習いぐらいの不思議な品ぞろえでした。
こういうお店、オーナーさんのセンスが現れますね、ここはほんとに素敵でした♪
Commented by iwamoto at 2017-12-06 13:35 x
岡崎というのは家康の誕生地ですよね。
そちらでは彼が神様でしょう。
センスの良さは、どこで発生したものなのか、興味深いですね。
雑貨屋と飯屋を見ればその土地の民度が知れると言う人も。
それに加えて、羊さんはこのての写真がうまくて、安心して見ていられます。
どうか、うま過ぎになりませんように(笑)
Commented by pikorin77jp at 2017-12-06 14:35
写真も文章もとってもわかりやすくて素敵です。
優しい英語の先生の授業うけてるみたいです。
ほんとうに先日の雑貨屋さんと同じところかと思いましたが違うんですね。この雑貨屋さんが 写真を撮らせてくださるところも いいなと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 15:33
iwamotoさん、こんにちは。^^
そうそう、岡崎というのは家康の誕生地であり、三河武士の本拠地だったところですね。
雑貨屋と飯屋を見ればその土地の民度が知れる・・・なるほど、それはけだし名言かも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-12-06 15:35
ピコさん、こんにちは。^^
先日のお店とは、車で15分ぐらいしか離れていません・・・客層もかなりかぶりそうでしたね。^^
写真を撮らせてくださいとお願いしても、嫌な顔もせずに許可していただいたところも、よく似ていました。


<< 星がまたたくノエルな街角      民芸の森に棲む光蜥蜴 >>