2017年 11月 21日

カルジーナの森の赤錆屋さん

d0353489_2114516.jpg

晩秋の青空に映える赤錆・・・私の大好物がたくさんある場所に行ってきました。

d0353489_2115115.jpg

ここは岡崎市の郊外にある「カルジーナ」と言う雑貨屋さんです。

d0353489_21305371.jpg

カルジーナとは"КорзиНа"、ロシア語で「バスケット」と言う意味なんだそうです。
「毎日を旅する雑貨屋」がモットーだそうで、店内には素敵な雑貨がいっぱい置いてありました。
ただ・・・写真撮影は禁止なんですね、残念。

さて、このカルジーナさんの建物にはあと3軒のお店が入っています。
この場所を総称して「カルジーナの森」と呼ぶようです。
私がこの「カルジーナの森」にやって来た理由は、その中の一軒のお店に興味があったからですね。

d0353489_2117476.jpg

興味の対象は、赤錆。

d0353489_2120816.jpg

先日、ノリタケの森の”Go Green Market"を見に行った際に、そこの出展者さんが素晴らしい赤錆物件を出していらっしゃいました。
銀塩フィルム写真ブログでもご紹介した、真っ赤に錆びた三輪車を展示販売されていたお店ですね。^^;

d0353489_21202780.jpg

その出展者さんが、岡崎市の「カルジーナの森」にお店を出している、と教えてくれました。
”F.45"(エフ・フォー・ファイブ)さんとおっしゃいます。

営業日が毎週金曜日+αと限られているので、なかなか行けませんでした。
たまたま先週の金曜日に時間ができました・・・仕事場から45分程度の距離なので、早速行ってきました。

d0353489_212192.jpg

"F.45"さんの店内に入ると・・・お~、ラスティックで素敵な雰囲気に溢れております♪

d0353489_2123951.jpg

古びた雰囲気、ナチュラルなテイスト・・・たまらん♪

d0353489_21232334.jpg

写真撮影の許可をいただき、バリバリ撮らせていただきました。

d0353489_2123581.jpg

いや~、ファインダーを覗いていると、日本にいる感じがしなかったですね。

d0353489_21243390.jpg

その品ぞろえや雰囲気・・・とってもブリティッシュなものを感じました。
9年前に英国HampshireのEversleyの街で入ったアンティーク屋さんを思い出していましたよ。

d0353489_21252371.jpg

てっきり英国から直で仕入れているのかと思ったら、そうでもないんだそうで。

d0353489_2126772.jpg

"F.45"のオーナーさんに、ぜひ英国に仕入れに行くといいですよ、とお勧めしておきました。
英国の田舎町には、アンティークなものがいっぱい転がってますからね。^^

d0353489_21265022.jpg

ちなみに、このあたりの作品はオーナーさんのオリジナルだそうです。
この"Weathered"な雰囲気、素晴らしいセンスだなあ♪

d0353489_21275189.jpg

お店の外観です・・・錆好きな人にはもうたまりません♪

d0353489_2244058.jpg

どこを見ても赤錆だらけ、まさしく「赤錆屋さん」と呼びたくなってしまいました。

d0353489_2252448.jpg

私の所属する銀塩フィルム写真愛好家グループ「錆銀」の構成員に紹介したら盛り上がるだろうなあ。
みんな、こういう雰囲気は大好きですもんね♪

d0353489_21294677.jpg

この赤錆屋さんを筆頭に、「カルジーナの森」は、とっても面白い場所でした。
"КорзиНа"と言うロシア語名に敬意を表して、ソ連製レンズのВолна-9 50mm/F2.8とЮпитер-9 85mm/F2.0 で撮りました♪

愛知県岡崎市竜泉寺町間峯ヶ平52 カルジーナの森 F.45にて
SONY α7 II ILCE-7M2
LZOS MC Volna-9 50mm F2.8 (1~3,8,10~15, 17枚目)
LZOS Jupiter-9 85mm F2.0 (4~7, 9, 16, 18枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
このカルジーナの森の赤錆屋さんをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-11-21 05:00 | Rusty Scene | Comments(16)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-11-21 06:00
素敵なお店ですね。
落ち着きます。
それにしても、
錆を売りにするお店があるとは、驚きです。
blackfacesheep2さんには、
堪らない空間ですね。
Commented by getteng at 2017-11-21 08:05
blackfacesheep2さん
これはたまらん!!!!!!!!!!
BGMでカントリ-が流れている雰囲気ですね。
撮る方もブル-ジ-ンズにブ-ツ姿が似合いそうです。
Commented by いちご at 2017-11-21 09:03 x
素朴な雰囲気なのにとってもおしゃれで素敵です。
こういう素敵な場所は居心地良くて長居してしまいそうです。
見るものすべてがおしゃれで、自分のお家も・・・と参考にしたくなります。
Commented by voyagers-x at 2017-11-21 11:51
おはようございます ! !
見事にサビと古いものが融合して素敵な空間ができていますね
大変温かみのあるスペースになっていますね
Commented by yuta at 2017-11-21 12:41 x
こんにちは
古い落ち着いた雰囲気の店と品ぞろえ
いい雰囲気ですね。
ここは日本の中の外国という気分です。
Commented by yuphotobook at 2017-11-21 15:41
いい通りですねぇ。
ここにカフェがあったら完璧です。
2枚目の写真、影が素敵
Commented by pikorin77jp at 2017-11-21 16:22
ステキな雑貨屋さんの写真。。。。
行ってみたいし 買ってみたいし 撮ってみたいです。
またまた 外国かと思いました。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 16:58
j-garden-hirasato さん、こんにちは。^^
はい、とっても落ち着く素敵なお店でした・・・私の大好物がたくさんありましたよ。
男子で錆好きは結構知ってますが、ここのオーナーさんは女性なんですよね、それがすごいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 16:59
gettengさん、こんにちは。^^
あはは、赤錆好きな人にはたまらん場所でしたねえ。^^
うんうん、ある意味、アメリカの田舎のカントリー&ウェスタンな雰囲気もありました。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 17:01
いちごさん、こんにちは。^^
赤錆をここまで美しくディスプレイしているお店は、私も知りません。
滅びゆくものをオシャレにデコレーションする・・・たぐいまれな才能のあるオーナーさんです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 17:02
voyagers-x さん、こんにちは。^^
そうなんですよ、新しいものには絶対に出せない味わいがいっぱいでした。
古いものには、あったかい何かがありますよね、人のぬくもりみたいなものが。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 17:03
yutaさん、こんにちは。^^
この雰囲気づくりと品ぞろえ、オーナーさんの並々ならぬセンスを感じますね。^^
自分で撮っていても、日本じゃないなあ、この空間は・・・って思ってました。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 17:05
yuphotobookさん、こんにちは。^^
あはは、ここにカフェがあったら完璧・・・実はあるんですよ、すごいのが。
そのうちアップしますので、お楽しみにね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-21 17:06
ピコさん、こんにちは。^^
ステキでしょ、この雑貨屋さん、そんじょそこらには見つかりません。
ピコさんがここのお店の前に、着物を着て立っていたら、絵になるだろうなあ、って思いますよ。
Commented by iwamoto at 2017-11-21 21:17 x
こうしてみると、我が家には売り物がたくさんありそう(笑)
家をギャラリーにしてくれと言う人も居るんですが、他の仕事もしてるしね。
なかなか時間も切っ掛けも無くって。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-11-22 07:15
iwamotoさん、こんにちは。^^
あはは、ジャンクなものがいっぱいありますか・・・さぞかしステキなものであふれているんじゃないかと。^^
米軍ハウスをギャラリーに使うというのはなかなか良いアイデアのように思います。


<< 刻み込まれた時間      彷徨する光蜥蜴 -「表現者たち... >>