2017年 05月 16日

黄昏の廃SL

d0353489_2121328.jpg



d0353489_212407.jpg



d0353489_2154617.jpg



d0353489_216516.jpg



d0353489_217358.jpg



d0353489_2181413.jpg



d0353489_219242.jpg



d0353489_2192224.jpg



d0353489_2194364.jpg

GWに大井川鐡道を撮りに行った際、新金谷駅の側線に放置されている廃SLにも会いに行ってきました。
この廃SL、C11の312号機だそうで、昨年末の訪問の際にも撮っています。

大井川鉄道は、C11型機関車を3両導入し、190号機はSL急行『かわね路号』として、227号機は『きかんしゃトーマス号』として運用されているそうです。
この312号機は傷みがひどくなったために2007年に運用終了し、残った2両のC11型の部品取り車として利用されているのだとか。

午前中の撮影だった昨年末に比べると、今回は夕方の撮影だったせいか、哀愁がより色濃くなっておりました。
やはり「廃」と名前の付くものは、黄昏時が似合うようです。

静岡県島田市金谷東2丁目にて
LUMIX DMC-GX8
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この黄昏の廃SLをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-05-16 05:00 | Rusty Scene | Comments(20)
Commented by gohda_takeshi at 2017-05-16 05:15
やはり昨年末の写真に比べると新緑の緑が多いですね。
でもそんな緑色と錆の赤色のコントラストが面白いのであります。
1枚目とっても素敵です(#^^#)
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-16 06:02
おおー、イイですねえ。
SLの錆物件ですか。
これは、堪りません。
この放置された感もいいですね。
大井川鉄道さん、
このまま、このままでお願いします!
Commented by getteng at 2017-05-16 06:45
blackfacesheep2さん
廃SLなんて、そうそう見れませんよ。
これはかっこうの写材としても貴重な存在ですね。
こっちら、黄昏た廃人といわれないようにしなければ・・・。
Commented by London Caller at 2017-05-16 07:27 x
はい、リンクも拝見しました。
私は夕方のほうがすきです。
でもこの場所は梅雨とか雨後のとき、
もっときれいだと思いますよ。
雨は哀愁のある涙ですから。^^;
Commented by iwamoto at 2017-05-16 10:37 x
錆びた蒸気機関車ですか。
これは、天下無敵の被写体ですね、ちょっとズルいような(笑)
これから作るならステインレスでしょうか。
それも見てみたいですが。
Commented by voyagers-x at 2017-05-16 11:40
おはようございます ! !
これはこれは.......
実に見事なサビ加減ですね
徹底したサビですね
でもここまで行くと逆にみと逆に素晴らしいです

Commented by legacy_bg5a at 2017-05-16 13:30
すごいですね。この廃SLは。すごい。
新ブログに移行されてたんですね。知りませんでした。
またチョクチョク伺います^^
Commented by sternenlied2 at 2017-05-16 14:22
赤錆たものは無常感が漂っているものですが、
SLの場合は特に哀愁を感じさせますね。
活躍してた頃のことも思い出されて、
そのギャップが哀愁を強く感じさせるのかもしれません。
Commented by いちご at 2017-05-16 16:03 x
こんなに錆びているとちょっと可哀想な感じにも見えますが
この錆び具合いが良いのですよね!
ほんと黄昏時が似合いそう!
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:00
ジャイアンさん、こんにちは。^^
そうですね、新緑の季節なので、錆びていてもちょっと明るめかもしれません。^^
このジャンクヤード、他の車両もあったらしいんですが、今はこの二両だけになってしまいましたね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:02
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
大井川鐡道の公式ジャンクヤードみたいなものですね、表から見えないようにSLは隠してありました。
現役を引退した列車、かつてはここでいっぱい朽ちていたらしいんですが、今は激減してしまったようです。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:05
gettengさん、こんにちは。^^
そうなんですよ、私たちもここに来るまで廃SLなんて見たことがありませんでした、お宝ですよね。^^
東欧あたりに行くと、SLの墓場みたいなものがあるとか・・・ぜひ行ってみたいものです。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:06
London Callerさん、こんにちは。^^
そうそう、朽ちていくものは午前中の明るい日差しは気の毒です、夕方の光がふさわしいです。
なるほど、雨は涙・・・そのうち、大井川鐡道に行って雨がふったら、懲りずに撮ってみたいと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:08
iwamotoさん、こんにちは。^^
そうなんですよ、被写体の魅力が強烈すぎて、どうやって撮っても圧倒的な写真になります。
SUSのSLですか・・・なんか想像できない感じですねえ、でもなんかの拍子にそんな変態的なものができるかも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:10
voyagers-xさん、こんにちは。^^
いや~赤錆物件は星の数ほどあれど、ここまで希少な赤錆物件はまず見つからないでしょうねえ。^^
赤錆系のテッチャンには、たまらない被写体でした。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:11
legacy_bg5aさん、こんにちは。
去年、初めてこれを見たときにはのけぞりましたよ、こんな物凄いお宝が側線に止まっているとは・・・って。^^;
一昨年の12月に容量いっぱいとなってしまい、新ブログを立ち上げましたので、こちらもよろしくです。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:14
星の歌さん、こんにちは。^^
SLは多くの人を惹きつける魅力的な被写体ですが、朽ち果てていく個体の哀愁は格別ですね。
強力無比な力持ちだったゆえに、「兵どもの夢のあと」的な無常観に襲われます。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-16 20:15
いちごさん、こんにちは。^^
はい、赤錆ふぇちな人々には、この真っ赤に錆びているところが愛おしくてしょうがないんですよ。^^
新しくてピカピカなものは確かに綺麗ですが、こういう酸いも甘いも噛み分けた味わいにはまるで欠けてます。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2017-05-17 22:00 x
錆物は黄昏時に、いい色に染まりますよね~♪
あの赤味、絶品なのでございます。
この廃SL、見ごたえ抜群でございますね~!
この錆びっぷりも見事でございます。
部品取り車というと、寂しいイメージですが、他の機関車が現役を続けるためにサポートし続ける縁の下の力持ち・・・でございますねv^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-18 19:34
皐月の樹さん、こんにちは。^^
夕方は光線も赤みを帯びて寂寥感半端なくなってくるので、錆物を撮るには最適な雰囲気になりますよね。^^
ここは錆銀の聖地かもしれません・・・錆銀のみなさまにも一緒に行っていただきたい場所なんであります♪


<< 五月の紅白      増殖する摩天楼 >>