2017年 05月 06日

コイノボリの季節の赤煉瓦

d0353489_2219583.jpg

初夏の空を軽やかに泳ぐ鯉幟・・・その手前に見える緑色の蔦は・・・

d0353489_22192139.jpg

はい、ノリタケの森の大煙突群です。
昭和初期に建造された大煙突は45メートルの高さがあり、名古屋で最も高い建造物の一つでした。
工場移転とともに上部が撤去され、現在は、陶磁器産業の歴史を伝えるモニュメントとして基部が残されています。

今は鯉幟が泳ぐ添景として活躍しておりますね。
背景に見えるのは名古屋駅の摩天楼群の一部、ルーセントタワーとJPタワーですね。
名古屋駅から歩いて15分と言う近距離にある公園なので、多くの家族が休暇を楽しみに訪れておりました。

d0353489_22193849.jpg

この煙突群の基部には、かつて陶器を焼いた工場の赤煉瓦の窯の跡が残っています。

d0353489_22203898.jpg

赤錆ももちろん、大量に残っております♪

d0353489_2221647.jpg

鯉幟の季節の赤煉瓦、他の季節に比べると一段とのどかに見えましたねえ。^^

名古屋市西区則武新町3丁目1−36 「ノリタケの森」にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S with ND8 Filter

☆ブログランキングに参加しています。
このコイノボリの季節の赤煉瓦をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-05-06 05:00 | Seasonal Image | Comments(20)
Commented by kenzo at 2017-05-06 07:04 x
GW満喫されていますね^^
天気もよく過ごしやすい陽気ですね~
鯉のぼりも気持ちよさそうに干されていますね(笑)
煙突、草が生えてよいオブジェです。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-05-06 07:07 x
ノリタケの森、
煙突の基部や窯の跡も残されているのですか。
おお~、イイですねえ~。
ますます行きたくなってきました。
Commented by getteng at 2017-05-06 07:51
blackfacesheep2さん
古い赤レンガは鉄錆にも匹敵するくらいに大好きです。
当地にも、被爆した工場の煙突が蔦に覆われている状態のものが存在します。
今は園芸店の片隅に追いやられておりますが・・・。
Commented by voyagers-x at 2017-05-06 11:37
おはようございます ! !
鯉のぼり、あー平和で和み効果のありますね
鯉のぼりが全然見られなくなったら、皆さん違和感をちゃんと感じてくれるでしょうか
スマホばかりいじって外の風景を見なくなったら、そんな事も全然分からなくなる人間が
増えてきそうですね
赤煉瓦の赤茶色、素敵ですね.......うーん、この色は錆色に通じる部分がありそうですね ^^;

Commented by iwamoto at 2017-05-06 11:58 x
テレビのニュースで、埼玉県にある100メートルの鯉幟を見ました。
重さだって相当なものですよね。
過ぎたるは及ばざるがごとし。 やり過ぎはヨクナイですね。
見ているとヒンデンブルクを思い出しました。
きょう5月6日は、あの大惨事の起こった日なのです。
Commented by 皐月の樹 at 2017-05-06 13:37 x
冒頭の青空を泳ぐ鯉のぼりから~・・・後半の赤錆、赤レンガのハードボイルドな流れ、ドラスティックで楽しいですね~♪
ノリタケの森で、こんな窯跡があったんですね~!
知りませんでした~^^;
こりは、次回訪問時には撮らなければ~!v^^
Commented by sternenlied2 at 2017-05-06 14:36
私が日本で暮らしていた頃は鯉のぼりというのは
民家の庭に揚げられたものばかりでしたが、
近年ではこんな風に多くの鯉のぼりを連ねている光景が
たくさんの場所で見られるようですね。

煉瓦のモニュメント、遺跡のような味わいがありますね。
Commented by gohda_takeshi at 2017-05-06 17:09
今年のGWは概ね天気も良好で良いGWになりましたね〜!
明日は最終日!私はバレーの交流会で締めくくりです(笑)

ノリタケの森はほんと近くなのでまた今度行ってみようと思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 18:19
kenzoさん、こんにちは。^^
今年のGW、とてもお天気に恵まれていますよね、私も写真をいっぱい撮っております♪
この煙突、ホンモノだけが持つ武骨な魅力に溢れておりましたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 18:21
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ノリタケの森は、古い建築がお好きな方にはぜひお勧めしたい場所ですね。
ノリタケの製品のアウトレットもありますし、なんと言っても名古屋駅から歩いても15分と言う近さです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 18:22
getteng さん、こんにちは。^^
私も赤錆同様、赤煉瓦も大好物です・・・この二つ、どっか似ている気がしますよね。
おお、広島には被爆した工場の煙突が蔦に覆われているんですか・・・見てみたいなあ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 18:24
voyagers-xさん、こんにちは。^^
日本人はコイノボリを見ると初夏を感じる・・・そんな季節感ですよね。^^
はい、赤錆と赤煉瓦、どちらも魅力的な色です・・・酸化鉄が関係しているんでしょうか。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 19:01
iwamotoさん、こんにちは。^^
へえ、埼玉県には100メートルの鯉幟があるのですか・・・まさしくイメージは飛行船ですよね。^^;
ヒンデンブルクが爆発・・・さすがツェッペリン系の情報にはお詳しいですね、デビューアルバムのイラストを思い出しました。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 19:03
皐月の樹さん、こんにちは。^^
あはは、3枚目が転換点ですね、ベビーカーを押す親子とコイノボリの世界が、視点を落とすと赤煉瓦の世界へ^^;
ノリタケの森はなかなか一回ですべてをカバーすることはできませんね、奥が深い撮影場所です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 19:05
星の歌さん、こんにちは。^^
はい、昨今では古いコイノボリを目指しのようにロープに結わえ、川の上に飾るところもあるぐらいですよ。^^
煉瓦も古いものになると、遺跡としての風格が出てきますね、このあたりが天然素材ならではの味わいでしょうか♪
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 19:07
ジャイアンさん、こんにちは。^^
4月初旬は寒い毎日が続いて、GWはどうなるか・・・と心配していたら、ステキなお天気に恵まれました♪
いよいよ明日はGW最終日・・・愛岐トンネル探索に出かけてこようと思っております。^^
Commented by cobag2 at 2017-05-06 21:21
あは、赤煉瓦と鯉のぼりのコラボですね^^
NDまでご参加頂いて! お見事な処理です、
やっぱり開けて撮りたくなりますものね〜、Sは35mmでも開放近くでは
キレますからNDが必須になるのでしょうね。
参考になります^^
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-06 22:00
cobag2さん、こんにちは。^^
ここは毎年GWには、赤煉瓦のキルンにコイノボリが泳ぐんですよ。^^
D610のSS最高速は1/4000、最低感度はISO50なので、ND必須ですねえ、D810がうだやまぢいです。^^;
Commented by London Caller at 2017-05-07 04:51 x
こいのぼりと赤れんが、
なんか不思議な組み合わせですね。
和洋折衷の雰囲気!

シュロップシャー州、
こんなようの廃墟がたくさんありますよ。
シュルーズベリー、おすすめ!
私の大好きな町の1つです。
川もお城もある美しい町ですよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-05-07 20:38
London Caller さん、こんにちは。^^
なるほど・・・コイノボリは極めて日本的な存在ですからねえ、赤煉瓦と組み合わせると和洋折衷ですね♪
シュロップシャー、IronbridgeやLudlowには行きましたが、主ルーズベリーはまだです・・・いつか行ってみたいです♪


<< 春の嵐とともに訪れた光蜥蜴      新緑の混乱 >>