2017年 01月 22日

オアシスの光の回廊 (写真部門)

d0353489_22252358.jpg

青空とそこから入る冬日・・・素敵なワッフルパターンの光蜥蜴を見つけました。

d0353489_2226113.jpg

この建物は硬質なスチールとガラスでできており、冷ややかな輝きが都会的ですね。

d0353489_22263680.jpg

この建物は、オアシス21の南にあり、バスターミナルへの回廊になっています。

d0353489_2227796.jpg

この回廊にはWCも設置されております・・・凝った構造の看板ですねえ♪

d0353489_22283254.jpg

たかがWC、されどWC・・・オアシス21にふさわしい素敵なデザインのWCに光蜥蜴が寄り添っておりました。

d0353489_22291831.jpg

この回廊、いつか撮ってみたいと思っていた被写体なんです。
初めてガチ撮りしてみましたが、なかなか手強く、しかし魅力的な被写体でした。

d0353489_22294059.jpg

なお、この回廊の外にあったハナミズキの樹には、なぜか鍵がぶら下げられておりました。
ひょっとするとアレでしょうか・・・そう、昨年のドイツ旅行でもケルン中央駅で見たアレ・・・恋する南京錠ってやつです。
ぶら下げすぎてハナミズキの樹を折らないようにしてほしいものです。

名古屋市東区東桜1丁目 オアシス21にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このオアシスの光の回廊をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2017-01-22 05:00 | Lights & Shadows | Comments(18)
Commented by London Caller at 2017-01-22 06:54 x
ほら、畳みたいな屋根ですね!
冬に大丈夫かもしれないですが、
夏になると、きっと温室のように暑いでしょう?!^^;
WCの看板、あやとりらしいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-01-22 06:56
建物を撮りに行くと、
どうしても全景ばかり撮ってしまいますが、
こういう切り取りもあるんですね。
勉強になります。
光蜥蜴を探せ、ですね。
Commented by getteng at 2017-01-22 08:42
blackfacesheep2さん
貴地には写材になる近代建物が多くて羨ましいですよ。
当地には何が何でも撮りまくりたいと思わせるものが足りないです。
Commented by gaku0107boo at 2017-01-22 09:07
おはようございます!
オアシス21は時々行くのですが、こういったイメージは思い付きもしませんでした。
独創的で繊細なNobuさんのカメラアイ、いつも勉強させていただいております。

南京錠、「もう逃げられないわよ!」・・・ですか!(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 10:00
London Callerさん、こんにちは。^^
なるほど~、畳ですか・・・確かに、琉球畳に見えなくもないですね。^^
ここはドアがないですから、夏でも熱はこもりません・・・でも、夏の名古屋はとても暑いけどね。^^;

「ほら」is normally used as "Hey, Look!", as an expression we urge someone to take a look something.
If you intend "Oh!" or light surprise, it's better to use 「へえ」, which sounds like "Hmmm".

「あやとりらしいですね。」is not natural in this situation, since it sounds like "I heard someone said it was Ayatori".
If you would like to say "It looks like Ayatori"、「あやとりみたいですね。」is normally used.

Sorry for my meddlesome correction.
But your Japanese is far better than average foreign people!
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 10:03
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
あはは、これは標準画角の単焦点レンズなので、全景を入れて撮るのに向いてないんですね。^^;
何をどうやって撮るか・・・あまり他の人が撮らない取り方をするように心がけております。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 10:05
gettengさん、こんにちは。^^
広島、昨今は近代的な建物が増殖中じゃありませんか♪
でも、見慣れた風景だとレンズを向けたくなくなるというのも事実かもしれません。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 10:07
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
いやいや、「水の宇宙船」を撮り飽きてしまったので、オアシス21に行くと違うものを撮りたくなります。^^
名古屋の真ん中に「恋する南京錠」の名所でもできたら、観光活性化に役に立ちそうですね♪
Commented by 皐月の樹 at 2017-01-22 11:42 x
仰る通り、都会らしい金属質で硬質な景色ですね~♪
ヒカリトカゲも、Coolに見えちゃいますね^^;
なるほど~、ここは初ガチ撮りでしたか!
以前、フィルムの方ではご紹介頂きましたかね?
なんとなく、このおトイレの記憶があるような、無いような・・・。
うろ覚えですが^^;
デジャブかな?^^;
Commented by pikorin77jp at 2017-01-22 11:46
さすが いつもシャープできれのあるお写真ですね。
いつも プロの写真雑誌をみているような気持ちになります。
Commented by sternenlied at 2017-01-22 18:09
ワッフルパターンの光蜥蜴! 
なるほど^^
黒顔羊さんはいつも造語センスが冴えてますね。
うふふ、こんなところにも愛の南京錠(?)が。
やはり日本人、神社の木に結ぶおみくじの感覚かしら。
ケルンの愛の南京錠見ましたけど、これはすごい!
半端じゃないですね。これだけうじゃうじゃと
かかってると、ゾゾーッと鳥肌が>_<;
セーヌ川の橋にもこんな風に一杯かかってたのが、
重みで橋の一部が壊れたらしいです。
Commented by iwamoto at 2017-01-22 19:24 x
南京錠三千年、と申します。
古い歴史のあるものですね。 持ち運べる鍵何て、素晴らしい発想です。
でも、運べるからといってそこかしこに掛けちゃうのは、いけませんね。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 20:59
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい、フィルムブログでは確かご紹介したことがあったと、思いますよ♪
ここは、中日ビルの地下のチャオに、あんかけスパを食べに行くときに通ったんじゃないかな?
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 21:01
ピコさん、こんにちは。^^
頭の方はさっぱりシャープじゃないので、せめて写真ぐらいはシャープに撮ろうと奮闘努力しております。^^;
プロの写真雑誌?あはは~、錆のプロがいたらなれるかも。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 21:03
星の歌さん、こんにちは。^^
あはは、日本人的なセンスの「恋する南京錠」ですよね、まるで神社のお御籤、まさしく♪
ケルンのホーエンツォレルン橋の南京錠も、そのうち撤去されちゃうかも、なんせ、テッキョウですから。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-22 21:04
iwamotoさん、こんにちは。^^
へ~、南京錠って三千年もの歴史があるんですか・・・知りませんでした。^^;
若い人たちが考えることって、大人から見るとバカみたいなんですが、その必死さが可愛いです♪
Commented by yuta at 2017-01-23 04:44 x
おはようございます
ワッフルパターンの光トカゲ鱗がきらきら輝いてきれいですね。
案内板の表示がモダンなデザインで近代的な建物にマッチしてます。
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-23 06:27
yutaさん、こんにちは。^^
名古屋の街、昔はさえない造形ばかりだったんですが、昨今はモダンになりましたね。^^
なので、ガチで写真が撮りたくなったら、栄や名古屋駅に出かける子としております♪


<< なかなかシュールな動物広場 (...      赤錆が跳梁跋扈する構外側線 (... >>