2016年 12月 08日

黄金の市庁舎

d0353489_20294355.jpg




d0353489_2030398.jpg




d0353489_20302546.jpg




d0353489_20314047.jpg




d0353489_2032649.jpg




d0353489_20323479.jpg

ドイツ・バイエルンの都市、アウクスブルクの市庁舎です。
エクステリアは修復中でクロスに覆われており、撮影意欲がわきませんでした・・・フィルムでは撮ったんですけどね。^^;

でも、内部はデジタルカメラで撮ってきました。
2.5オイロ払って、市庁舎内部の最大の見ものを見てきました・・・この「黄金の間」(Goldener Saal)です。

いや~、どこを見渡してもキンキラキンでした。
まさしく金だらけ・・・いや~、贅沢と言うか、派手と言うか、悪趣味と言うか・・・^^;

この市庁舎、1615年から1620年にかけて建設されたドイツルネサンス建築の最高傑作だそうです。
当時のアウクスブルクの繁栄ぶり、いやがうえにも見せつけられました。

Augsburg, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金の市庁舎をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-08 05:00 | Overseas Trip | Comments(14)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-08 06:25
市の庁舎が、
こんなに金ピカで豪華なんですか。
歴史があるから許されるのか、
庁舎とはこれくらいじゃないとダメなのか。
いずれにしても、
日本では考えられませんね。
Commented by getteng at 2016-12-08 06:29
blackfacesheep2さん
これは市庁舎というよりもある種の美術館ですね。
ちょいと派手すぎには見えますが・・・。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 07:30
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
昔の権力者は、わかりやすい形でその富と権力を誇示する必要があったんでしょうねえ。^^;
日本でも、安土桃山時代には金ぴか建築があったらしいですが・・・残ってませんねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 07:31
gettengさん、こんにちは。^^
そうです~、実に見ごたえのある市庁舎でした。
お金を徴収するところからしても、これは美術館ですね。
Commented by monopod at 2016-12-08 09:18 x
いやぁ古今東西、権力って凄いもの作りますよね。
ちょっと趣味は悪いですが^^
Commented by voyagers-x at 2016-12-08 09:54
おはようございます ! !
わー!
キラキラ......ではなくて、もはやギラギラのレベルですね
こういうのが日本にあったら、すごいブーインが起こりそう
市民の税金をこんなことに使ってと

Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 13:20
monopodさん、こんにちは。^^
字の読めない下々の人々に「どうだ、参ったか!」って思わせるための建築ですよね。
趣味の良しあしは考えてなかったのかも。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 13:22
voyagers-xさん、こんにちは。^^
安土桃山時代の建物が今も残っていたら、キンキラキンなんでしょうねえ。^^;
この市庁舎が建ったころの市民はおとなしかったんでしょうねえ・・・17世紀ですもんねえ。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2016-12-08 20:44 x
いや~、昨日に続いての金尽くしですね~^^;
これはまた、筋金入りの金ぴかでございますね~^^;
ん~、どちらかというと、雅な感じでしょうかね?
日本で言えば、例えば金閣寺は一度見れば良いけれど、銀閣寺は何度見ても良い・・・と言う人が多いように、ここまでの金ぴかは、一度見たらお腹いっぱいになりそうですね^^;
でも、外国人には金閣寺が人気のようですから、やはりこの場所も人気のスポットなのでしょうかね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-08 21:38
皐月の樹さん、こんにちは。^^
はい、今度は本物の金ですねえ、それもかなりゴテゴテ系です。
外人さんは金閣寺が好き・・・そう、もうね、銀閣寺なんて見向きもしませんもん。^^;
Commented by iwamoto at 2016-12-08 22:10 x
前記事の黄金も素晴らしかったのですが、やはり、洋の東西、時代を問わず、黄金の魅力は共通なのでしょう。
安定した素材ですしね(笑)

本当の金でなくても、弘法大師の霊力は仏像を金色にしたのだとか。
(別に、冗談ではございません・笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-10 09:27
iwamotoさん、こんにちは。^^
黄金は人間を狂わす魔力がある金属なんでしょうね・・・古今東西、様々な悲劇をもたらしました。^^;
へ~、弘法大師って仏像を金色にしたんですか・・・そういやギリシア神話でもミダス王は触るものを黄金に変えましたね。^^
Commented by kenzo at 2016-12-11 13:18 x
黄金の間すごいですね!
金にあまり興味はありませんが、ある意味パワースポット的な存在になりそうです(笑)
まばゆいんでしょうねぇ^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-11 22:06
kenzoさん、こんにちは。^^
黄金って、ある意味、昔からのパワースポット的な存在なのかもしれません。
意外に抑えの効いた金色だったせいか、思ったほどまばゆくなかったですよ。^^


<< 晩秋から初冬に移ろいゆく田園      黄葉の街角 >>