2016年 12月 29日

幻惑の中華妖玉 - MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95 Review (写真部門)

d0353489_22534081.jpg

ベアさんがしげしげと眺めている小さなカメラは・・・
パナソニックの超小型レンズ交換式カメラ、Lumix GM5ですね。

そこに装着されたレンズはMITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95・・・
最近私のブログで頻繁に登場するレンズです。

このレンズは、中国・瀋陽市の「中一光学」"ZHONG YI OPTICS"が作ったMFの単焦点レンズです。
ブランド名としては、欧州では”Mitakon"がよく使われているようです。

このレンズ、欧米ではそれなりに認知されているようですが、日本で使っている人は多くないようです。
それゆえ日本語で書かれたレビューもあまりないようなので、このレンズそのものをより深くレビューしてみようと思います。

d0353489_22541226.jpg

SPEEDMASTERと言う名前にふさわしく、F0.95の大口径です・・・人間の目のF値は約1.0だそうですが、それより明るいんです。^^;
焦点距離は25㎜・・・標準レンズです。
マイクロフォーサーズの標準レンズとしては、一番大きなボケが撮れるレンズの一つです。

絞り羽根は9枚、円形絞りですね。
また絞りにはクリックがないので、動画撮影の際には絞りを変えてもクリック音が気にならないという設計です。

d0353489_12153169.jpg

F0.95と言う大口径の割には、このMITAKON ZHONG YI 25mm/F0.95はコンパクトです。
左はAFのLeica DG Summilux 25mm/F1.4ですが、比較してみてもずっとスリムです・・・重さは230g、ずっしりと持ち重りします。

d0353489_12154457.jpg

このコンパクトな設計、ひとつ難ががあります・・・後玉が出っ張ってるんですね。
このせいで、オリンパス製の一部のカメラには装着できません・・・Olympus E-PL6, E-PL5, E-PM2, OM-D EM5初代はNGだそうです。
リアキャップも、ノーマルのマイクロフォーサーズレンズ用は使えず、専用の深いリアキャップがついてきます。

またAF仕様ではなくMF仕様ですから、手動でピント合わせをしなければなりません。
とは言え、ヘリコイドはしっとりした回し心地で、MFでも苦にはなりません。
電子接点はいっさいなく、焦点距離や絞値に関するEXIFは残りません・・・でも絞り優先AEやマニュアル露出で使えます。

d0353489_2305269.jpg

さて、このMitakon 25mm/F0.95、25㎝まで寄れます。
マイクロフォーサーズのレンズって寄れるものが多く、フルフレーム機のレンズに比べると近接撮影能力が高いです。

その最短撮影距離でF0.95の絞り開放で撮ったのがこのベアさんです・・・被写界深度、激浅です。
絞開放でもフォーカスの来ているところの画質は、意外にしっかりしているように思えます。

ニュージーランドのフォトグラファー、Richard Wongさんのレビューに書いてあった通りの好印象です。
「f/0.95で、すでにMitakonの中央部のシャープネスは極めて良好だ。ほとんどの状況で十分にシャープだと断言できる。Voigtlander Nokton 25mm/F0.95に比べると、F0.95ではMitakonの方がシャープだ。F1.4になると、Leica DG Summilux 25mm/F1.4と同等にシャープか、よりシャープですらある。」
納得できるレビューです。

d0353489_20193753.jpg

こちらはMitakon 25mm/F0.95の絞り開放による廃トラ・ポートレートです。
最近のミラーレス機は、ISO100の低感度や1/16000の高速シャッターが使えるモデルが多いので、F0/95と言う大口径でも、日中に絞り開放で使えるようになりましたね。

マイクロフォーサーズのボケと言うと、小さな被写体で比較することが多いんですが、あえて大きな被写体で比べてみました。
フルフレーム機のF1.4級と比べたらささやかですが、それなりに曖昧な後ボケが気持ち良いです。

d0353489_16332585.jpg

また、このレンズ、絞るとなかなかシャープな描写をします。
電子接点のないレンズなのでEXIFがわかりませんが、おそらくF8あたりで撮ったと思います・・・結構カリカリです。

d0353489_16334735.jpg

そして、こちらは上の写真の原寸切り出しです。
3456x5184のオリジナル写真のほぼ中心部を720x480で切り抜いていますが、まずまずシャープに解像しているように思います。

英国ベースの”ephotozine"と言うサイトの計測によれば、このレンズの解像度はなかなか良いようです。
このレンズ、開ければ夢見心地な大ボケ、絞ればカリカリ・・・いわゆるツンデレ・レンズですね。

さて、このMitakon 25mm/F0.95のライバルとなるのは、コシナ製のVoigtlander Nokton 25mm/F0.95 IIです。
私も最初はNoktonを検討していました・・・でも、WEB上のレビューや実写作例を検討した結果、MITAKON ZHONG YIを選びました。
その理由は下記の4つです。

Mitakon 25mm/F0.95の長所:

1. MITAKON ZHONG YIの方が絞り開放画質が使いやすい。
- MitakonのF0.95絞り開放はそれなりにクリアでシャープ、普通に使える。
- NoktonのF0.95絞り開放はハロが多く、滲んだソフトフォーカス系・・・ま、これはこれで悪くないのですが。

2. MITAKON ZHONG YIは、絞った時の玉ボケがカクカクしない。
- Mitakonの絞り羽根は9枚で、上の写真のように円形絞りに近いので、玉ボケは比較的スムース。
- Noktonの絞り羽根は10枚だが、昔ながらの直線絞りのため、絞ると玉ボケがカクカクする。

3. MITAKON ZHONG YIの方が小型軽量。
- Mitakon: フィルター径:43mm、 全長 : 55mm、 直径 : Φ54mm、 質量 : 約230g
- Nokton: フィルター径:52mm、 全長 : 70mm、 直径 : Φ60mm、 質量 : 約435g

4. MITAKON ZHONG YIの方が安い。
- eBayでは399USD、アマゾンだと51,800円と、Nokton IIのほぼ半額。

ちなみにMITAKON ZHONG YIがVoigtlander Noktonに比べると負けるのは下記のポイントでしょうか。

Mitakon 25mm/F0.95の短所:

1. ブランド力が弱い。
中華ブランドですからドイツの名門ブランド・フォクトレンダーに敵いません。
「そのレンズ、どこの?」と聞かれた際の会話は、こんな感じでしょうか。
- Nokton: 「フォークトレンダーだよ!」「おお、あの世界最古の光学機器メーカーか、すげえ♪」
- Mitakon: 「「中一光学だよ、ヅォンギィ、ミタコンとも言うよ。」「えっ・・・なにそれ。」

2.逆光時にフレアが多い。
コーティングがあまり良くない感じですが、フードをつけることでほぼ解消します。

3.ボケに癖がある。
うるさい背景の時に二線ボケになりやすいです・・・ここでもXenon 50mm/F1.9を思い出しました。

4.太陽を撮った時の光条の描写が特殊。
絞り込んで太陽に向けて撮影すると、とても不思議な光条が撮れます・・・普通の光条は撮れません。↓

d0353489_18133438.jpg

通常一番鋭い光条が出る最小F値、F16で撮ってます。
うむ~・・・これはちーと凄い。^^;
私もいろいろなレンズで逆光時の光条を撮ってきましたが、こういう面妖な光条を見たのは初めてです。
まさしく、「出たな~、妖怪変化・・・」って感じの不穏さ・・・Mitakonは妖玉ですね。

d0353489_20382696.jpg

フルフレーム機Nikon D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8Sと、Lumix GM5 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95を並べてみました。
この2つの撮影機材、大きさはかなり違いますが、ほぼ同じ画角・被写界深度の写真が撮れます。

d0353489_205979.jpg

こちらがその比較です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

d0353489_2054197.jpg

こちらはやや近接で撮った例です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

d0353489_12173951.jpg

こちらは室内撮影の例です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

Nikon D610にAi Nikkor 50mm/F1.8S装着したものは、有効径27.8です。
Lumix GX8にMitakon 25mm/F0.95を装着したものは、有効径26.3・・・これ、50mm/F1.9と同じです。

どちらも画角は47度です。
この二つのレンズで撮った写真の被写界深度、よく似てます。

もちろんF1.8と換算F1.9の違いがありますから、D610+50mm/F1.8で撮った写真の方が若干ボケが大きいです。
でも、Mitakon 50mm/F0.95もそれなりに健闘しているんじゃないでしょうか。

この程度のボケで良いのであれば、大きく重いフルサイズ機を持ち出さなくても良く、ありがたいです♪
もちろん高感度性能やダイナミックレンジの点で、マイクロフォーサーズがフルフレーム機に敵わないのは事実ですけどね。

d0353489_20401042.jpg

MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95、しばらく使ってみましたが、なかなか楽しいレンズです。
MFなので、ジャスピンを出すにはフォーカスピーキングを使ったり、部分拡大を使ったり、少々面倒な作業が必要です。
誰にでも使いこなせるレンズとは言い難いです・・・でも。^^
この「中華妖玉」には、抗いがたい魅力があるのも事実なんであります♪

なお、このレンズによる他の作例は、下のタグの中の"Speedmaster 25mm f/0.95"をクリックすると、見ることができます。
ご興味があればご覧ください。

愛知県みよし市にて
Lumix GX8
Lumix G 42.5mm/F1.7
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この中華妖玉研究 - MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95 レビューをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-12-29 05:00 | Hardware | Comments(18)
Commented by ペンタスキー at 2016-12-29 07:41 x
おはようございます。
レンズの詳細なレビュー、
このレンズが気になる方には嬉しい素敵な記事ですね♪
最近は機材の増殖もなくて、こういった記事を見ると妙に新鮮です。

超大口径なのにコンパクトですね。
ペンタにもこんなレンズを出して欲しい~!
・・・買えないけど!(笑)
Commented by gaku0107boo at 2016-12-29 07:48
おはようございます!
ワタクシ、ずっと以前に中華製の製品(天体望遠鏡ですが)でヒドイ目にあっているので、少々中華製には腰が引ける部分もあるのですが、このレンズはそんなことも払拭してくれるようですね。
きっとカメラやレンズが好きな人が設計製作したんだと思えます。
・・・正直気になって仕方がないデス。(汗)
でも、Mフォーサーズは持ってないから逝けません。(笑)
・・・ソニーEですか?・・・すっげー高いし~。(大汗)
Commented by getteng at 2016-12-29 09:13
blackfacesheep2さん
ド素人にして自他ともに認める超メカ音痴からみると、
貴兄は何をもっても何を撮らせても凄いということですΣ(・□・;)
Commented by voyagers-x at 2016-12-29 11:05
おはようございます ! !
さすがにデジ一眼の空の色の出方は素敵ですね
ニコンの発色はほんとに自然ですね
好感が持てます
写真を撮る楽しさは、ある程度は綺麗に撮れるという部分は大切なのかもしれませんが
もう一つは気軽に軽快に楽しく撮れるという要素も大事に思います
そういう風に考える原因は僕が写真展なんか眼中になくて自分で楽しむだけという点があるのかも
つまり徹底した作品づくりを目指してるわけではないという事なのかな ^^;
ケツカメラ......お尻のポケットにすっぽり入るようなすごくコンパクトなカメラで
とてつもなくよく写り味わいもあるカメラ探し
来年も続く事でしょう ^^;

今年一年ほんとにありがとうございました
素敵な写真を毎回見てため息をついています
自分でこういう写真が撮れたらいいなと憧れています
来年もよろしくお願いします
よいお年をお迎えください
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 13:26
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
このレンズ、価格.comにも未登録なので、レビューが少ないんですよね・・・人柱になることにしました。^^
マイクロフォーサーズは、オープン企画なので、いろいろなメーカーが参入してきてエキサイティングです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 13:29
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
私も基本的に中国の製品は信用してません・・・でも、これはMFなので壊れる要素が少ないと思って買ってみました。^^;
SONY Eマウントだったら、Mitakon 50mm/F0.95と言う化物が10万円ちょっとです、Noctiluxに比べると1/10です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 13:30
gettengさん、こんにちは。^^
あはは~、どんな機材でも文句を言わずに使えばいいんでしょうけどねえ。
修業が足りず、なかなかそういう悟りの境地に至れません。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 13:33
voyagers-x さん、こんにちは。^^
最近のNikonのデジ一眼の発色は、昔のNikonの色に比べると鮮やかになりましたね、パナの方が渋いです。^^
小っちゃくて良く写るカメラ・・・最近のスマホはよく写るんですが、撮っていて楽しくないのが玉に傷です。
Commented by ichizo77 at 2016-12-29 14:06
ボケはフルサイズに限る、とメーカーに洗脳されたシニア層(私もですが^^;)をデジ一の重さから解放する渾身のレポートですね。目からうろこです。
ちなみに、中一光学のレンズは持ってませんが、マウントアダプターは重宝しております。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 14:17
ichizo77さん、こんにちは。^^
確かにボケが欲しい時には、フルサイズが一番なんですが、あの重さとOVFでのフォーカシングの辛さが堪える歳になりました。^^;
FUJIFILMのXマウント用、35mm/F0.95もあるみたいですよ、おひとついかがでしょうか♪
Commented by jikomannte at 2016-12-29 17:17
欲しくなる様な魅惑のレビュー、困ります。(笑)
aps-cの明るいシグマの18-35も欲しいのですが、
このレンズでしたら、軽快に中距離開放撮りで、街角スナップに
心象的な味付けが出来そうですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-29 18:00
純さん、こんにちは。^^
Sigmaの18-35mm F1.8 DC HSM、人気がありますよね、やはり明るい大口径は正義です。
このMitakon 25mm/F0.95は、MFゆえに軽いのがありがたいです♪
Commented by j-garden-hirasato at 2016-12-29 19:59
こうして比較されると、
違いがわかりますね。
あとは好みでしょうか。
Commented by hoshigaoka at 2016-12-31 12:56 x
こんにちは!

なんと29日からPCのモニターが逝ってしまいまして
今朝アマゾンから新モニターが届きました(笑
2日間ネット難民でしたが、こういう時にスマホの必要性を実感します^^;

詳しいミタコンレポありがとうございます!
換算50mm相当のレンズは各社良品が多いですね。
パナライカもズイコーも神レンズばかり。
50mmだけでレンズ沼にハマってしまいそうです(笑

僕もそろそろカメラ本体をポチらねば^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-31 14:55
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
フルフレーム機とマイクロフォーサーズ機を比較することはm図かしいんですけどね、使用目的が違いますから。^^
でも、スペックが似ているとついついやってみたくなります・・・そう、あとは好みですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-12-31 14:57
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
うぉ~、歳の瀬にPCのモニターがご昇天ですか・・・でも、今はアマゾンと言う強い味方がいますもんね。^^
マイクロフォーサーズ規格はオープンなので、いろんなレンズやアクセサリーがあって楽しいですね、値段もお手頃です♪
Commented by pokapoka06 at 2017-01-04 11:47
はじめましてー。
あちらにご訪問コメントありがとうございました。早速気になって来ちゃいました(*๓´˘`๓)
いや~私難しいことはわかりませんが...中国のレンズもあるですね~それりゃ、よく考えればあるか!(笑) 私もフィルムレンズをミラーレスにつけて遊ぶこともありますが…まだまだ使いこなせてもいないし、今SONYのミラーレスのフルサイズ機を買うかどぉーするか丁度迷っているので参考になるお話です!色々レンズやカメラにも詳しくですね!
私なんぞフィルムもかなり適当と言うか感だよりで...お恥ずかしい写真ばかりです(∴◎∀◎∴)
これからもちょくちょくお邪魔させてください。よろしくお願いします♡⃛ೄ
Commented by blackfacesheep2 at 2017-01-04 19:19
pokapoka06さん、こんにちは&いらっしゃいませ。^^
おお、早速こちらにご訪問いただき、ありがとうございます♪
いえいえ、ご謙遜を・・・ばけぺんを使っていらっしゃるような方が適当ではありえませんよ。^^
超重量級だし、ミラーショックも強烈だし、一本で10枚しか撮れないカメラですが、アレでしか撮れない写真もある・・・
ぜひ頑張って、ばけぺん使い続けてくださいな。
うちのばけぺん、ローディングがおかしくなって、直そうか新しい中古を買おうか、悩んでいるところです。^^;
また遊びに来てくださいね~♪


<< 黄昏のペデストリアンデッキにま...      聖夜に先立つ午後の農道 (写真部門) >>