2016年 09月 29日

赤い階段

d0353489_1534585.jpg




d0353489_15351967.jpg




d0353489_1536162.jpg




d0353489_15375388.jpg




d0353489_15381959.jpg

真っ赤に錆びた鉄製の階段です。
ビルの非常階段でしょうかね、結構凝った造作の階段でした。

こういう赤錆物件と不愛想なコンクリ建物が鉛色の雲の下に佇んでいる風景、今年の9月を象徴しているかも・・・
とにかく晴れた日が少ないのですよ。
ついつい、憂鬱な写真ばかり撮らされてしまいます。^^;

ちなみにこれ、「錆残し」のポストプロセスは施しておりません。
あるがままの色味なんですよ・・・色がない場所ってあるんですねえ。^^;

愛知県瀬戸市にて
LUMIX DMC-GX8
Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この赤い階段をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-29 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-29 06:25
こういう天気が続くと、
気分が滅入りますね。
長野では、
観測史上、最も日照時間が短い9月だったそうです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 07:30
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ほんとほんと、今年の9月は異常ですねえ、スカッと晴れた日がほとんどありません。
長野、日照時間が史上最短だったんですか・・・道理で葉物野菜の価格が高騰しているわけです。^^;
Commented by getteng at 2016-09-29 07:44
blackfacesheep2さん
愚生も真っ先に飛びつきそうな物件です。
錆物を撮るのは楽しい✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 07:58
gettengさん、こんにちは。^^
あはは~、赤錆ふぇちな人が見たら、よだれが出そうな物件でした。
特に、塗装が落剝してその中から赤錆が顔を出しているのが素晴らしかったです♪
Commented by iwamoto at 2016-09-29 09:06 x
1枚目がタイプです。
線の構成ってことですね。 シュッシュッシュって。
コンクリートと錆って、美しい取り合わせですよね。
素晴らしいエイジングが期待できます。
Commented by voyagers-x at 2016-09-29 09:57
おはようございます ! !
鉄というと頑丈で壊れないというイメージがありますが.......
見事な赤錆状態ですね
鉄の芯まで浸潤してるのかな
時間はどんな物質も最後は跡形もなく消し去る......みたいな ^^;
鉄もここまでくると脆くなりますか?
Commented by sternenlied at 2016-09-29 14:14
本当に赤錆がお好きでいらっしゃいますねえ^^
この間ICEでブレーメンに向かう途中で、通過した駅の近くに見事に赤錆た貨物列車がとまってるのを見て、
これは是非黒顔羊さんにお見せしたいと思いましたよ。
カメラを構えたら、もう遅すぎて、あっという間に通り過ぎちゃって、残念ながら撮れませんでしたT_T
Commented by いちご at 2016-09-29 15:01 x
こんにちは。
錆びって、黒顔羊さんの写真を見せてもらうようになってから
一段と素敵に見えてくるようになりました。
近所にも階段や手摺や門が錆びてて良い感じになっている所が
あったのですが、塗りなおされてて見違えるほどになっていました。
錆びは錆びで趣があったのに・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 21:05
iwamotoさん、こんにちは。^^
なるほど、確かに一枚目は斜線構成・・・ちょっと造形的なのかも♪
おっしゃる通り、コンクリートと錆って旧くなればなるほど味わいが出ますね、人間と同じですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 21:06
voyagers-xさん、こんにちは。^^
鉄は頑丈ですが、赤錆が沸くともはやそのイメージはなくなり、脆さが感じられますね。^^
この階段も、下手に身体を預けたらやばい感じでした。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 21:08
星の歌さん、こんにちは。^^
はい、真っ赤に錆びた鉄、大好物です・・・加齢とともにますます好きになってきました♪
DBの古い駅、特に旧東独領なんかだったら、さぞや哀愁に満ちた赤錆がありそうですねえ、行ってみたいなあ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-29 21:10
いちごさん、こんにちは。^^
あはは~、赤錆を愛する気持ちって伝染するらしいですよ、罹患しちゃいましたか。^^;
そうそう、ときどき真っ赤に錆びた鉄部品が無残にも塗りなおされているのを見ますよね・・・暗澹たる気分になります。
Commented by 皐月の樹 at 2016-09-29 22:26 x
おお~、こまたよく錆びた階段ですね~^^;
もう歩くのが怖くなるほどに深い錆でございますね^^;
被写体としてはこの上なしですね♪
なんと、錆色抽出ではございませんでしたか~!
う~ん、実にモノクロームな世界でございます。
真冬の越後のようです~^^;;;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-10-01 16:35
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ちょっと上の方まで登ってみましたが、まだしっかりしているようでした。^^
自分でもカラーで撮ったのを見て、「あれ?錆残しかけたんだっけ?」と思うほどの地味さでした。^^;


<< 碧空に映える白亜の正教会      テディベアが跳梁跋扈する街角 >>