2016年 09月 15日

二通りの色に染められた中世都市

d0353489_1519731.jpg

真っ白な外壁が美しい中世風の建物・・・
これはネルトリンゲンの市庁舎ですね。

d0353489_15285188.jpg

この市庁舎は14世紀からこの場所にあるそうで、そこに刻み込まれたレリーフもなにやら歴史がありそうでした。

d0353489_15551233.jpg

市庁舎の近くのブロート・タンツハウスの屋根には、青空に映える真っ白なコウノトリさんが止まっておりました。

d0353489_15322225.jpg

こちらはオープンカフェですね。
その後ろにあるのは・・・

d0353489_1532497.jpg

通称「ダニエル」と呼ばれる塔を持つ聖ゲオルク教会です。

d0353489_15332562.jpg

このダニエルの塔は、ネルトリンゲンの街の真ん中に聳えており、街のどこからも見ることができます。
そう、こんな感じですね。
上に登れば眺望も良かったと思うのですが、疲れていてパス・・・今思えば、もったいなかったかも。^^;

d0353489_15341287.jpg

ネルトリンゲンの街は、ほぼ円形の城壁に囲まれた中世都市なんであります。^^

d0353489_15422675.jpg

このネルトリンゲン、かつて隕石が衝突してできたリース・クレーターの真ん中にできた街でした。
これはそのクレーターの博物館ですが、残念ながら私が行ったときは時間が遅くて閉まっていました。

d0353489_15425541.jpg

リース・クレーターはこんな感じです・・・まさしくまあるい隕石口なんであります。

d0353489_15355836.jpg

ネルトリンゲンのシンボルはでんでんむしなんだそうです。

d0353489_15364952.jpg

こちらは古いクレステルレ・・・かつてのフランシスコ会修道院です。
修道院は宗教改革の時代に衰退し、市は1536年にこの建物を買い取り、穀物庫として使われていたそうです。

d0353489_1537913.jpg

今はこの穀物庫はホテルになっております・・・私たちが二泊したNH Kloesterle Noerdlingenですね。

d0353489_15384882.jpg

違う角度から見たクレステルレ・ホテルです。
なんとなく修道院の雰囲気が残っておりますね。

d0353489_1540542.jpg

我々の止まった部屋からの眺めです。
ここに来るまでのホテルはシャワーだけだったんですが、ここはバスタブが付いてました・・・すこぶるご機嫌でした♪

ちなみに今回の写真、レンズは同じですが、カメラは2台使いました。
パナソニックのLumix GM5とオリンパスのOlympus Pen E-PL6、それぞれ個性が違います。
RAWで撮って、同じパラメータのポストプロセスで仕上げてみましたが、同じマイクロフォーサーズ規格のカメラでも、違いが出ますね。

GM5の方が渋くてかつてのKodachrome 64っぽく、E-PL6の方が華やかでFujichrome Provia RDPIIって感じでしょうか。
特に空の色が違います・・・GM5は哀愁を帯びた深い紺碧で、E-PL6は明るく爽やかな瑠璃色です。

パナソニックの色とオリンパスの色、結構違いますね。
で・・・どちらかと言えば、パナソニックの方が好みかな・・・オリンパスは女子向き、パナソニックはおっさん向きなのかも。(爆^^;)

Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5 (1,7,9,10,14,15枚目)
Olympus Pen Lite E-PL6 (2,3,4,5,6,8,11,12,13枚目)
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この二通りの色に染められた中世都市ををご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-15 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-15 05:44
鎧姿の兵隊が歩いていてもおかしくないくらい、
古い建物が多く残されていますね。
素敵な町並みです。
クレーターに町が造られたのですか。
当時の人は、
そんなことなど知らないで造ったのでしょうけど、
城壁都市を造るには、
ちょうどイイ地形だったのでしょうね。
Commented by voyagers-x at 2016-09-15 10:16
おはようございます ! !
素敵ですね
中世の世界がそのまま残ってる感じですね
全然違和感ない形で存在していますね
あるいは徹底的に模造したアミューズメントパークに入り込んだような
素晴らしい!!

Commented by thismoment_iml at 2016-09-15 11:01
素敵な町ですね!
クレーターでできた経緯といい、城壁で囲まれていることといい、なんだか物語に出てきそう…と、思ったら、この町は人気漫画の舞台のモデルになっているみたいですね。
パナソニックとオリンパスの空の色の違いがはっきり分かり面白かったです^^
私はオリンパスを使用しているのですが、パナソニックの空は本当に渋いですね~!
Commented by natsunana at 2016-09-15 12:06
コウノトリさんと青空のナイスな明るい写真からの、オープンカフェの影の写真の流れにグッときました、マジで。
文章が丁寧でいつ見ててもひきこまれるような構成されてますよねーー^^
見習わなきゃ、文章も写真も。
Commented by jikomannte at 2016-09-15 12:22
今回は4枚目と最後の一枚に惹かれております。
4枚目は影が溜まりませんね。
最後の一枚は窓辺の雑誌が良い仕事してますね。(笑)
Commented by sternenlied at 2016-09-15 13:11
ネルトリンゲンは隕石のクレーターに位置してるなんて面白いです。
ウィキで説明を読んでみたら、歴史も興味深いし、見所がたくさんあるようですね。
鉄道博物館もあるようですが、行かれましたか(笑)
ホテルも趣があって窓からの見晴らしがいいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:00
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ここもローテンブルク同様、中世の街並みを売り物にしているところですから、古い建物は多かったですね。^^
クレーターのまあるい形が城壁を構築するのによかった・・・実際にはクレーターのほうがずっと大きいんですよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:02
voyagers-xさん、こんにちは。^^
ローテンブルクに比べると多少モダンな感じはしますが、それでもかなり中世っぽいですよね。^^
TDLもUSJも、こういう本物に比べると安っぽく見えますねえ、歴史が違うからしょうがないでしょうけどね。^^;;;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:05
thismoment_imlさん、こんにちは。^^
そーですそーです、例の人気漫画、「進撃の巨人」の舞台はここだそうです。^^
パナソニックとオリンパス、どちらもずっと使ってきましたが、こうやって比べたのは初めてです(^^♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:07
ゆうこりん、こんにちは。^^
いやいや、結構いい加減に書いてるんですわ、ほとんど滑ってる状態、あはは。^^;
これ、時間帯もカメラも違うので、並べるのに苦労したわ~。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:09
純さん、こんにちは。^^
やはり光だけじゃ面白くない、影もないと光蜥蜴にならないってことみたいですね。
窓って大好きな被写体です・・・部屋の中から外を眺めるのが好き・・・19世紀浪漫派ですね(^^♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-15 20:10
星の歌さん、こんにちは。^^
ネルトリンゲン、ローテンブルクとはかなり違う街でしたね、あそこまで中世っぽくはなかったです。^^
もちろん鉄道博物館は行きましたよ・・・あそこに行きたいために二泊もしました、あはは(^^♪
Commented by 皐月の樹 at 2016-09-15 21:58 x
なるほど、二通りの色というのはそういう意味でございましたか~!
確かに、空の色を見ると明らかですね~!
LRで現像してもこうなるのですね。メーカーごとのセンサーの味付けが違うというのは、ユーザーとしては嬉しいですよね♪
こうしてみると、確かにパナの方が錆銀好みの仕上げになりますね~♪
クレーターの街・・・面白いですね~。
所謂盆地が隕石によって作られた・・・という事なのですね。
盆地は、確かに自然の要塞になりますしね。
Commented by li_se at 2016-09-15 22:55
こんばんは
なるほど~同じレンズで比べると違いが良く分かりますね。
私もどちらかというと空色の好みはオッサンのようです(笑)
でもコウノトリのいる雲一つない空の絵は好きです~
ラストの窓辺も素敵ですね^^


Commented by getteng at 2016-09-16 07:56
blackfacesheep2さん
ヨ-ロッパはどこに行っても教会と広場(パルコ?)を中心にして出来上がっているのですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-16 21:55
皐月の樹さん、こんにちは。^^
RAWで撮ってもカメラメーカーの特徴って結構出ますね、面白いものです。
こうしてみると、E-M5 Mark IIは良いカメラだけど、Panasonicのカメラの方が自分には合ってるのかもしれません。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-16 21:56
li_seさん、こんにちは。^^
あはは~、オリンパスの空の色は鮮やかで明るいんですが、嘘っぽいんですよね。^^;
RAWで撮ってるので、いかようにも追い込めますが、素の色の違いを知るのは重要ですねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-16 21:57
gettengさん、こんにちは。^^
そうですね、欧州の街の基本パーツは教会とマーケット広場かもしれません。
この二つは西欧社会の基本みたいですね♪


<< 農業用水上のアートたち      大愛知なるへそ新聞社と交わる水 >>