2016年 09月 12日

ネルトリンゲンは豚の街

d0353489_1412669.jpg

ロマンチック街道バス、ローテンブルクから最終的に移動してきたのはネルトリンゲンの街でした。
この街を歩いていて気が付くのは・・・やたらと豚の人形が多いことです。

d0353489_1413927.jpg

こちらは我々が泊まったホテル、NH Klösterle Nördlingenのレセプションにいた豚さんです。
赤・黄・黒のドイツ色のレイをかけておりましたね。

d0353489_1415888.jpg

こちらは初日に出かけたレストランの近くのお店で見かけた真っ赤な豚さんです。

d0353489_1422318.jpg

街なかの広場にも、こんな豚さんの彫刻がありました。

d0353489_142455.jpg

これは宝石屋さんの前にいた、黄金色の豚さんです。

d0353489_143425.jpg

こちらは靴屋さんの店先にいたカラフルな豚さんたち。

d0353489_1432842.jpg

ショーウィンドーの中からこちらを見つめる豚さんです。

d0353489_1434121.jpg

こちらはショーウィンドーの下でスタンバる豚さんたち。

d0353489_1441158.jpg

こちらはガチョウと交換される豚さんでしょうか・・・^^

なぜネルトリンゲンの街には、豚さんの人形が多いのでしょうか。
調べてみたら、昔この街では豚が街を救った伝説があるからのようです。

敵軍がネルトリンゲン襲撃を企て、今まさに夜襲を仕掛けようとしていたその時のこと・・・
豚が1匹、閉めたはずの城門から脱走したんだそうです。

「豚が逃げたぞー!」と街中で大騒ぎになってしまい、それで敵は奇襲するチャンスを失ってしまったんだとか。
それ以来ネルトリンゲンの街では、豚が守り神扱いされているんだそうです♪

Nördlingen, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この豚さんがたくさんいるネルトリンゲンの街ををご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-12 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
Commented by yuta at 2016-09-12 06:19 x
おはようございます
面白い話ですね
ここは豚を食べないのでしょうか?
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-12 06:55
そういう逸話が引き継がれているのですね。
それにしても、すごい豚の数。
街のあちこちにいるのですね。
カミさんが混ざっていても、
分からなさそうです(笑)。
Commented by getteng at 2016-09-12 08:30
blackfacesheep2さん
でも、豚肉の消費量は半端じゃないと思うのですが・・・。
Commented by voyagers-x at 2016-09-12 10:35
おはようございます ! !
世の中、いろいろなペットを飼われてる方がいるようですが
もちろん豚も
ぶたの場合は、ミニぶたが多いようです
豚って、結構綺麗好きな様ですね
ミニぶたは可愛いですね
うーん......食べちゃうなんて可哀想.......そんなこと言っていたら.........
人間は優ししか食べられなくなりますね
大腸癌は減りそうだけど......

Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-12 12:18
yutaさん、こんにちは。^^
恩人ならぬ恩豚ですね~♪
でも、豚肉料理は普通にありましたねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-12 12:20
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
実は豚さん人形、ここに紹介しているのはごくごく少数、もっといっぱいあるそうです。^^;
カミさんが混ざっていても・・・わはは、体格がよろしいのでしょうか。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-12 12:21
gettengさん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、いっぱい豚は食べられてます。
ドイツの名物は、加工豚肉のソーセージやシンケンですからねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-12 12:25
voyagers-x さん、こんにちは。^^
ブタは大小便が強烈に臭いと聞きましたので、ペットで飼うときは外飼いするんでしょうかねえ。^^;
食肉の境界線、国や文化によって様々です・・・日本での馬食いや韓国の犬食いがよく非難されますが、牛や豚なら良いのかと。^^;
Commented by natsu0615 at 2016-09-12 16:37
こんにちは。
豚さんですねー!あはっ、とっても親近感が(笑)

靴やさんのカラフルな豚さん達が素敵ですねー!
Commented by sternenlied at 2016-09-12 17:32
ドイツでは豚が一般的に幸運のシンボルですが、
ネルトリンゲンは歴史的な伝説に基づいて救いの恩豚なのですね!
黒顔羊さんのマスコット猪は見かけませんでしたか?(笑)

Commented by iwamoto at 2016-09-12 20:24 x
天文ネタですが、その街って、隕石の落ちた穴に人が住み始めたとか?
違うかな、隕石の街ではありませんか。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-13 10:39
natsu0615さん、こんにちは。^^
豚さんって人間臭くてユーモラスな動物ですよねえ♪
カラフルな豚さんたち、もっといたんですが、残念ながらすべてを撮るのは不可能でした。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-13 10:40
星の歌さん、こんにちは。^^
へぇ~、ドイツで豚さんは幸運のシンボルなんですか・・・多産だからでしょうかね。^^
残念ながら、ネルトリンゲンには猪はおりませんでしたねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-13 10:42
iwamotoさん、こんにちは。^^
はい、その通りです、ネルトリンゲンの街はクレーターにできておりました。
クレーター博物館もあったのですが、残念ながら時間が合わず、表から見ただけでした。^^;
Commented by 皐月の樹 at 2016-09-15 21:31 x
またまたご無沙汰しておりました~^^;
豚は、中華圏では金運の象徴として扱われますね~。
ドイツでは、やはりソーセージでしょうか?
なるほど、こちらでは街を救った伝説の英雄扱いなのですね~!
豚は人の生活に密接しているという事でしょうね。
それにしても、どれもリアリティ溢れておりますね~。
ここにもドイツ人の気質を感じます・・・かね?^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-16 21:47
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ドイツでも豚は幸運のシンボルだそうですよ。^^
そうそう、こういう豚人形を作らせても、デフォルメの仕方がドイツ風、妙にリアルです♪


<< 路面電車が走る街角      穂の国の美術展 >>