2016年 09月 06日

バスで旅するロマンティック街道

d0353489_2161817.jpg

ここはローテンブルクのマルクトの北にあるシュランネン広場です。
二日間滞在したローテンブルクを後にして、ロマンティック街道を南下します。
と言っても、こんな馬車で南下するわけではないんですけどね。^^;

d0353489_2163611.jpg

このシュランネン広場には、ロマンチック街道バスのバス停があるんですね。
毎日上りが一本、下りが一本・・・フランクフルト行きとフュッセン行きのRomantic Road Coachがやってきます。
私たちが乗ったのは、南に走るフュッセン行きなんであります。

d0353489_2175453.jpg

いくつかの古い街を通り過ぎ・・・

d0353489_218920.jpg

最初の休憩地に到着しました。

d0353489_2184198.jpg

フォイヒトヴァンゲンの街で15分の休憩なんであります。
ここも13世紀には帝国自由都市となった、歴史の古い街なんだとか。

d0353489_219034.jpg

15分の休憩ではあまり遠くまで行けませんね・・・
マルクトの近辺でお写真を撮っておしまいなんであります。

d0353489_219596.jpg

バスはさらに南下を続けます。
バイエルンの田舎道に浮かぶ雲、なかなかに味わい深いものがありました。

d0353489_21103521.jpg

次の休憩場所、ディンケルスビュールに到着しました。

d0353489_2110534.jpg

ここでは30分の休憩となりました。

d0353489_21133693.jpg

ディンケルスビュールの街もローテンブルク同様、路上に飛び出す看板が多かったですね。

d0353489_21141669.jpg

ただ、ローテンブルクほど古さを感じさせる街並みではなかったような。

d0353489_21152940.jpg

あたふたと30分で観光を終わり、再びバスに乗って旅行を続けたのでありました♪

Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このバスで旅するロマンティック街道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-09-06 05:00 | Overseas Trip | Comments(14)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-09-06 06:19
海外でバス旅行というのも粋ですね。
休憩時間が少し短かく、
町中を散策、まではできないのが残念です。
車窓から眺める何気ない田舎の景色も、
素敵なんでしょうね。
Commented by getteng at 2016-09-06 07:53
blackfacesheep2さん
まるで中世の時代にタイムスリップしたような街並みですね。
そういえば、だいぶ前の話になりますが、
ヨーロッパの飛び出した看板の写真集を出した方がおられました。
メルヘンというのも出したかな?
Commented by voyagers-x at 2016-09-06 10:03
おはようございます ! !
バスでの移動......
休憩時間がそんなに長くないのでじっくりと見ることはできませんね
ずっとではないのでしょうけど、バスに石畳の道は似合いませんね
田園風景、素敵ですね

Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:18
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
このロマンティック街道バスは、路線バスのようでもあり観光バスのようでもあり、面白い存在でした。^^
鉄道とはまた違う、より身近な窓外の風景が楽しかったですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:19
gettengさん、こんにちは。^^
ロマンティック街道沿いの街はどこも、中世の雰囲気を湛えていますね。^^
特にローテンブルク、ディンケルスビュール、ネルトリンゲンは面白いです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-06 11:21
voyagers-xさん、こんにちは。^^
フランクフルトからフュッセンまで、一日で走りきってしまうので、休憩はあまり長くとれないんでしょうね。^^
鉄道旅行も楽しいですが、ディンケルスビュールのようにバスでなければ行けない街もありますからねえ♪
Commented by iwamoto at 2016-09-06 13:21 x
これは、経験してみたい人が多いと思います。
シティの道路は、古都では昔のままに残るところも多いのですか。
インターシティは、どんな感じなのでしょうか。
Commented by sternenlied at 2016-09-06 20:31
次は白鳥の城ですか^^
ローテンブルクからフュッセンまでバスが出てるのですね。
それは海外からやってきたツーリストにとっては便利だわ。
でもフュッセンまでだとかなり距離がありますね。
途中色んな名所で休憩しながら行くのだったら、楽しいでしょうけれど。
ディンケルスビュールは私も期待はずれでしたね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-09-06 21:32 x
おお~、ロマンティック街道をバスでですか~!
それは素敵ですね~♪
電車よりも、より街道沿いを楽しめそうですね~。
でも、各地の休憩時間が15分や30分では、ゆっくり観光は出来ませんね^^;
やはり、それだけ立ち寄る場所が多いという事でしょうかね?
最初の馬車・・・ドキッとしました^^;
え?まさかこれでロマンティック街道を~?!^^;
さすがに、これは厳しいですよね^^;
Commented by hoshigaoka at 2016-09-07 01:56 x
こんばんは!

ロマンティック街道、その名の通りロマンティックな場所ですね!
まるでグリム童話の世界です♪
日本の観光地に比べて看板がカオスでないところがいいです^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-07 08:53
iwamotoさん、こんにちは。^^
ロマンティック街道・・・ローマへ続く道だそうですね、東海道や中山道みたいな日本の街道とは違うようです。
でも、石畳の街は、中世からあまり変わっていない感じでしたね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-07 08:56
星の歌さん、こんにちは。^^
フュッセンまでは行かずに、ネルトリンゲンに二泊、アウクスブルグに一泊し、その後ミュンヘンに向かいました。^^;
ノイシュバンシュタイン城は、またアルペン街道にでも出かける際の楽しみにとっておきます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-07 08:58
皐月の樹さん、こんにちは。^^
実際にはアウトバーンを走ったりするので、昔のロマンティッシュ・シュトラッセを走っているわけじゃないんでしょうね。^^;
このバス、休憩時間は短いですが、いろいろな街にこまごまと止まっていくので、観光客には人気が高いですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-07 09:00
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
ドイツには「メルヘン街道」ってのもありまして、そちらをたどるとよりグリム童話の世界を楽しめるようですね。^^
そうそう・・・日本の観光地の看板の乱立、興覚めです・・・あれはなんとかならんものでしょうか。^^;


<< 漆黒の15分間      文久の庄屋屋敷はモダンアートの... >>