2016年 08月 31日

城下町の石油製品屋に宿るインドの情念

d0353489_20195751.jpg

あまりの暑さに、劣化しはじめた街路樹の葉・・・
その背景にもなにやら赤錆の浮いた物体が見えています。

d0353489_2020247.jpg

うぉぉぉ、実に存在感のある赤錆建築なんでありました。

d0353489_20211890.jpg

建物の横に回ってみると・・・おお、これはあいちトリエンナーレのシンボルロゴ・・・おお、ここは会場の一つなんだ♪
奥には天守閣らしき建築物も見えております・・・おお、ここは城下町なんだ。^^

d0353489_20213583.jpg

あいちトリエンナーレの会場で城下町と言えば、岡崎なんであります。
ここは岡崎市内を横切る国道1号線沿い、岡崎城のすぐ近くにある岡崎表屋のビルです。
戦後まもなく建てられたビルの1階は各種石油製品の販売ほかを行う会社のオフィスとして営業中だそうです。

このビルの2階・3階では、インドのアーティスト、シュレヤス・カルレさんの作品が展示されています。
作品のタイトル名は「帰ってきた、帰ってきた:横のドアから入って」・・・まさしく非常階段の「横のドアから入って」行きます。

d0353489_20372272.jpg

カルレさんはインドで制作したオブジェと、建物内の家具や雑貨を利用して、周辺の地理や歴史、文化を視覚化し、日本とインドにおける西欧文化の受容について考える場を立ち上げたんだとか。
うむ・・・これは建物内に元々あったもののようですね。

d0353489_20225349.jpg

こちらはインドで製作したものでしょうか。

d0353489_20373379.jpg

ううむ・・・「これも作品ですか?」とスタッフの方にお尋ねしたら、「はい、そうです。」とのことでした。^^;

d0353489_20232148.jpg

これはカルレさんが作ったものでしょうね。

d0353489_20234367.jpg

これも・・・作品の一部でしょうね。

d0353489_20241762.jpg

えっと・・・作品だと思います。^^;

d0353489_2024366.jpg

朽ちた窓枠越しに見る岡崎市内・・・うむ~、これも作品なのだ♪

d0353489_20255427.jpg

もちろん天井の得体のしれないシミも作品に間違いない♪

d0353489_20262346.jpg

階下に降りる階段の味わいも半端なく、げーじつだったんであります。^^v

d0353489_21153297.jpg

あいちトリエンナーレの会場って、選択の基準が実にツボです・・・こういう不思議さがたまらなく良いですね~♪
使われていない場所、廃棄された場所なので使用料が安上がり、ってのもこういう場所を選ぶ理由なのかなあ。
いずれにせよ、錆ふぇち、廃墟ふぇちにはたまらない場所だったんでありました♪

愛知県愛知県岡崎市康生町759 表屋にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この城下町の石油製品屋に宿るインドのエートスをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-31 05:00 | Art | Comments(20)
Commented by getteng at 2016-08-31 05:53
blackfacesheep2さん
素敵な廃墟です!
もっとも、もともと存在したものなのかor作品なのかが判然としないところがゲイジュツなんですかね?
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-31 06:48
おおー、
これで現役ですか。
スゴイ!
見たいなあ…。
ビルも、作品も。
Commented by pikorin77jp at 2016-08-31 09:00
黒顔羊さんのメチャ ツボは 建物にまでおよぶのですね~~~ たしかに どす黒い迫力があります^^
ビルの中のお部屋 懐かしいものがありますね。
これもアートなんですね。
Commented by voyagers-x at 2016-08-31 10:43
おはようございます ! !
実にいい感じの朽ち果て状態ですね
昼間なので余裕を持って味わいあるなと鑑賞できますけど
夜は.......間違いなくお化け屋敷に変化ですね
夜見たら不気味で怖いです
特に階段は.....上った先に.......ギャーーー!!って感じです ^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-31 11:00
gettengさん、こんにちは。^^
一階はまだ仕事に使っているんだそうですが、2階から上はもはや完璧な廃墟でしたねえ♪
こういう場所だからこそ表現できるアートもある・・・ってことなんでしょうね、きっと。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-31 11:01
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
あいちトリエンナーレの準備をしている人たちってすごいです・・・こんなイレモノを見つけてくるんですからね♪
毎回面白いイレモノに感動しますが、今回もさまざまな新しい取り組みに期待しております。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-31 11:03
ピコさん、こんにちは。^^
あはは、私のツボにはまるものって、一般的には廃物と呼ばれ、被写体にならないものが多いみたいです。^^;
昭和30年代前半生まれの人々なら、こういうインテリアには郷愁を感じるでしょうねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-31 11:05
voyagers-xさん、こんにちは。^^
うんうん、夜見たら結構な迫力でしょうねえ・・・そう、お化け屋敷に変化してるかも・・・いかにも出そうです。^^
でも、トリエンナーレは夜遅くまではやってませんので、試す方法がないですけどね。^^;
Commented by ペンタスキー at 2016-08-31 12:21 x
こんにちは。
写真だけ見ているとちょっと怖い!
外観もだけど、天井のシミや階段など、
ここ、夜には行けませんね!(笑)

でも、それが素敵な写真になっています。
さすがです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-31 12:46
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
あはは、古いビルって確かにちょっと怖いかも・・・さらにこれが古い病院だったりした日には・・・最高です。^^;
それにしても、よくこういう物件を見つけてくるもんだ、って思いますよ、トリエンナーレの委員さんたち♪
Commented by sternenlied at 2016-08-31 14:47
そういえば、ドイツにも赤錆の建物があるかしらと思ってみたのですが。旧東ドイツ圏ならあるかも(笑)
この間行ってきたリューゲン島の一番観光客が集まるビーチに沿ってプローラと呼ばれる
ヒトラーが建てさせた全長約4,5kmの休暇施設でコンクリート製ビル群の巨大廃墟が残ってますよ。
世界最大の空家なのだそうです(笑)ビーチに沿って歩いていたら、松林の向こうに見え隠れしてました。

それにしても、こういうインスタレーションアートというのは
どこからがアートになるかという基準が判別できませんね。
Commented by li_se at 2016-08-31 16:02
ここ、日曜美術館で紹介していて
近ければ絶対行ってみたかった~と思った場所です。
作品かどうか分からないシミなんかも素敵ですね。

ビルの一階はまだオフィスがあるのですか?それも驚きです。
Commented by norinoripoem at 2016-08-31 20:19
凄い発想ですね。
錆フェチのノブさんには堪らない作品だったね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-31 22:48 x
おお~、またトリエンナーレが始まりましたか~!
ってことは、あれからもう3年が過ぎたという事ですね?!
早いですね~^^;
いや~、これまた実にシュールでございますね~!
この建物の選択もまた、素晴らしい~♪
仰る通り、錆銀侍にはたまらないロケーションなのでございます。
インドと言うと、私は仏教発祥の地・・・というのが一番最初に思い浮かぶイメージなのですが、これは全く違う世界観でございますね~。ん~、楽しいですv^^
Commented by hoshigaoka at 2016-08-31 23:05 x
こんばんは!

そうそう、ここも日曜美術館で紹介していましたよ~。
台所を使った作品とかは、アートと生活感の境界線があいまいで
何をみてもアートに思えてくるんだそうですよ(笑
それにしてもボロボロなビルですね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-01 07:08
星の歌さん、こんにちは。^^
なるほど~、旧東独領ですか・・・さもありなんです・・・リューゲン島にもそんな廃墟が残ってるんですね。^^
モダンアート、特にこういうインスタレーションアートは自分がアートと思えばそれでよいのではないでしょうか♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-01 07:11
li_seさん、こんにちは。^^
そうそう、日曜美術館で紹介されてたそうですね、他の方からもお聞きしました・・・まさしくお宝物件ですよ。^^
はい、ビルの一階はまだ普通にオフィスがありました・・・それがさらにシュールだったりしました。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-01 07:12
ポエムさん、こんにちは。^^
はい~、斜め上を行く発想に唖然でした。^^;
あいちトリエンナーレ、やるもんです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-01 07:14
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そーですそーです、3年経つのは早いですよねえ、また今年も楽しめるんであります♪
あいちトリエンナーレ、錆銀の人々が見たらはまるだろうなあ、ってイレモノ、多いですねえ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-09-01 07:16
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
日曜美術館、旬な情報を捉えているんですねえ、まさしくここはアートと生活感が混在してました。^^
戦後すぐに建てられたってことは・・・少なくとも50年以上前の建物なんでしょうね、すげえ♪


<< 秋へと大きく舵を切った田園      秋雲が浮かぶ猛暑の黄昏 >>