2016年 08月 20日

博物館になった中世の修道院

d0353489_1420655.jpg

アジサイの花を照らす窓辺の光・・・
この窓ガラスの意匠は中世欧州でよく見られたものですね。

d0353489_14203887.jpg

その窓の外にはこんな風景が広がっていました。
ここはローテンブルクにある1258年創立のドミニコ修道尼僧院・・・でも、1935年より郷土博物館になりました。
名前はいかめしくも、帝国都市博物館(Reichsstadtmuseum)です。

d0353489_14505487.jpg

中に入ると、ローテンブルクの歴史がわかるような展示になっていました。

d0353489_14211319.jpg

これは「角をつけたモーゼ」と呼ばれる石像で、聖ヤコブ教会にあったものだそうです。

d0353489_14232043.jpg

武器の展示が多かったですねえ・・・中世の剣でしょうかね。

d0353489_14243816.jpg

西洋甲冑もありました。
こんなものを着て戦ったんですねえ、昔の騎士は。

d0353489_1425633.jpg

銃も昔は貴重品だったので、凝った装飾がされていたんですね。

d0353489_1425239.jpg

もちろん、もっと平和な展示物もありました。

d0353489_1426753.jpg

こちらは中世の尼僧院の台所です。
ドイツ最古の調理室なんだとか・・・なかなかリアルな展示がされていましたね。

d0353489_14263253.jpg

台所の横には掃除道具が置いてある芸の細かさ、さすがドイツなんであります♪

d0353489_14272892.jpg

これは古い地球儀でしょうか・・・つい、日本がどこにあるか調べてしまいましたよ。^^;

d0353489_21365931.jpg

これは蒸留装置でしょうか・・・そこはかとなく錬金術の匂いが・・・^^;

d0353489_14275698.jpg

古い尼僧院には、素敵な午後の光蜥蜴が住み着いているようでした。

d0353489_144363.jpg

こちらが入り口です・・・あまり来場者は多くなかったです。

d0353489_14432957.jpg

クリンゲン・ガッセからの誘導路の建物には、こんな看板がついてました。
小さすぎて、見落としそうでしたね。^^;

Rothenburg ob der Tauber, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この博物館になった中世の修道院をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-20 05:00 | Overseas Trip | Comments(12)
Commented by getteng at 2016-08-20 07:04
blackfacesheep2さん
台所の左側に見えるのは竈(かまど)みたいなものですかね?
お湯などを沸かすところとか・・・。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-20 08:04
展示内容も当時の様子が感じられ、
自然でいいですね。
でも、
自分が日本人だからか、
西洋の鎧を見ていると、
動きそうで怖いです。
Commented by aitoyuuki32 at 2016-08-20 11:25
なっかなか充実した展示ですね
掃除道具、小学校といっしょでにんまり^^

蒸留装置なんか目を凝らして見てしまいました
やっぱりお酒でしょうか(^_^)v
Commented by voyagers-x at 2016-08-20 11:28
おはようございます ! !
中世の世界、素敵ですね
建物に関しては日本は木の文化ですね
ヨーロッパは石ですね
昔の人がそのまま歩いていそうな雰囲気 ^^;

Commented by jikomannte at 2016-08-20 12:27
切り取り方、光線の扱いの素晴らしさで、レンズの繊細な描写が活きてますね。
目の保養なりました。
Commented by sternenlied at 2016-08-20 14:34
修道院の趣って好きです。ここは郷土博物館にもなっているのですね。
私も入ってみたくなるでしょうね。今度ローテンブルクを訪れたら、入ってみようっと。
修道院といえば、是非行ってみたいのはヘッセの小説の舞台によくなってるマウルブロン修道院。
ヘッセの他にも天文学者のケプラーや詩人のヘルダーリン等もマウルブロン修道院の神学校に通っていました。
バーデン=ヴュルテンベルク州にあって、世界遺産リストにも登録されてるそうです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:30
gettengさん、こんにちは。^^
台所の左側に見えるのは、納戸のようでしたね。
かまどは右側の奥にありました・・・撮っておけばよかったなあ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:35
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ここ、展示物が素朴なものが多く、面白かったですよ。
西洋甲冑、あまりにボディに密着したフォルムですよねえ、ロボットみたいでしたよ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:37
愛と勇気さん、こんにちは。^^
昔の小学校にあった竹ぼうきとよく似てました・・・でもさすがドイツ、魔女がまたがりそうな雰囲気でしたね。^^
さすがお酒が好きなところは見るところが違いますね、うひひひ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
日本の木造建築、少数を除いて現存するものは少ないですよねえ、正倉院ぐらいかな?
でも、日本にも石はたくさんあったと思うのですが、それを切り出す技術の蓄積がなかったんでしょうね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:41
純さん、こんにちは。^^
戸外ではつい便利ズームを使ってしまいますが、室内だとじっくりと標準レンズを使いたくなります。^^
この25㎜は開放値が明るいので、いろんな表現が可能で楽しいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-20 16:44
sternenliedさん、こんにちは。^^
この博物館、撮影するためには3オイロ追加が必要なせいか、入場者も少なくゆっくりと見ることができました。^^
マウルブロン修道院、私も行ってみたいです・・・将来、シュヴァーベン方面に旅行するときに寄ってみたいです。


<< ローカル線で乗り鉄撮り鉄工場萌え      きらめくうみてらす >>