2016年 08月 11日

日本で一番やかましいお祭り

d0353489_14402971.jpg

8月のまぶしい日差しの中を、赤い傘をさして歩く浴衣の女性たち・・・日本の夏ですねえ♪
この女性たちの前を行く賑やかなものは・・・

d0353489_14414671.jpg

こんな祭車なんでありました♪
ここは三重県桑名市です・・・そう、先日四日市コンビナートに行ったのは、このお祭りを見るためのついでだったんであります。

d0353489_144250100.jpg

このお祭りは「石取祭り」と呼ばれる天下の奇祭なんであります。
別名、日本一やかましい祭りなんであります・・・このボクが叩いているのは、金属製の鉦ですね♪

d0353489_14433115.jpg

こちらは太鼓です・・・どの祭車にもこういう鉦や太鼓が装備されており、それをたたきまくって桑名の街を練り歩きます。

d0353489_14442943.jpg

このお祭は、桑名市の旧市街地の各町を単位に行われているようです。
各町にはそれぞれの祭車があり、メンバーの法被や浴衣、日傘なども統一してあり、それぞれ見事です。

d0353489_1445081.jpg

日本にはいろいろな夏祭りがありますが、この桑名の石取祭りも、昔ながらの日本情緒を楽しむには最適かもしれません。

d0353489_14453861.jpg

桑名の旧市街の電線の多いところを進んでいくので、祭車の提灯は倒せるようになってます。^^

d0353489_1446470.jpg

この石取祭り、毎年8月第一日曜日の前日(土曜日)の午前0時から日曜日深夜まで行われるんだそうです。
土曜日午前0時からを叩き出し、それぞれの町内の祭車30数台が寄り集まって賑やかにおはやしを打ち鳴らし練り歩きます。
土曜日夜を試楽、日曜日を本楽と呼ぶそうです。

d0353489_14463443.jpg

ここは桑名宗社(くわなそうしゃ)です。
桑名神社(三崎大明神)と中臣神社(春日大明神)の両社から成っており、通称「春日さん」と呼ばれているそうです。
石取祭りの本楽では、毎年決められる順序にしたがって、各祭車はこの神社の前でおはやしを披露することになっているんだとか。

d0353489_14465352.jpg

各町から「春日さん」に献納された石です。
桑名南部を流れる町屋川の清らかな石を採って祭地を浄(きよ)めるため春日神社に石を奉納する・・・
これが石取祭りのコンセプトですね。

d0353489_1455679.jpg

こちらは石取会館に飾られている祭車です。
この祭車は、江戸時代末期に当時の技術の粋を集めて作られたもので、彫刻は、幕末期の桑名彫刻の一端を担った野々垣兵助により施された総牡丹彫りなんだそうです。
なお、この石取会館では、ビデオなどで祭の時期以外でも”日本一やかましい祭り”を体感することができる、とのことでした。

d0353489_14572365.jpg

夏のまぶしい日差しに映える日本情緒・・・

d0353489_14575086.jpg

さまざまな意匠が日本の夏を主張しておりましたねえ。

d0353489_1551019.jpg

日本人のDNAが刺激されること、このうえもないお祭りでした♪

d0353489_1552935.jpg

それにしても暑かったです・・・
夜のお祭りまで時間があるので、体力温存のために、喫茶店で一休みなんであります。
この季節は何といってもかき氷ですねえ・・・宇治ミルク金時、さいこーです♪
スタバのフラペチーノも、これには敵わないんであります♪

三重県桑名市にて
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この灼熱の化学コンビナートをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-11 05:00 | Snap | Comments(12)
Commented by getteng at 2016-08-11 06:56
blackfacesheep2さん
このような珍しいお祭りがあることを初めて知りました。
桑名といえばハマグリですが、今でも生産量は多いのですか?
ハマグリなんて何十年も食った覚えがありません:(;゙゚''ω゚''):
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 08:40
gettengさん、こんにちは。^^
天下の奇祭ですからねえ、やはり面白かったですよ。^^
はい、桑名のハマグリはいまだに名物ですよね、貝新さんが有名ブランドですよね♪
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-11 11:16
桑名には、
古い町並みが残されているのですね。
そんな町並みの中を山車が賑やかに(うるさく)
練り歩く。
まさに、日本の夏祭りですねえ。
Commented by sternenlied at 2016-08-11 15:28
大層暑かったのでしょうが、浴衣姿を見てると清々しくて涼し気です(笑)
桑名と聞けばすぐ脳裏に流れてくるのは、「桑名の殿様」の節ですけど、
写真を拝見してるだけで、祭囃子が聞こえてくるようです。
熱気も伝わってきますね。
人出はさぞ多かったことでしょうが、
車を駐車できる場所を見つけるのに苦労されたんじゃないですか。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 20:04
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
城下町なので、古い町並みはまだ残っており、それぞれの街を単位としたお祭りも健在です。^^
それでも、このお祭りを維持していくのはずいぶん大変なんだろうなあ、って思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 20:07
sternenliedさん、こんにちは。^^
朝からお天気が良く、蒸し暑かったですよ・・・でも、浴衣に日傘の日本情緒で気分的には涼しかったです。^^
「桑名の殿様」・・・そう、いまだに時雨蛤は桑名の名物です、江戸時代からのロングセラー、美味いですからねえ♪
Commented by pote-sala at 2016-08-11 20:28
そろいの浴衣、そろいの法被。
傘までそろえているなんて、粋じゃないですか!!
そしてその一体感が「この町で生きている」っていうことを実感させてくれるのですよね。
わが町下田にも太鼓台があってそれはそれは賑やかな祭りが
あるのですが、トコロ変われば様式もまったく違うのですね。
祭り好きにはたまらないお写真の数々。
ジャンジャン、ドンドンシャンシャンと腹に響くほどの
音、伝わって参りました!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 20:50
pote-salaさん、こんにちは。^^
古い街ならではのまとまりを感じましたねえ、子供のころから一緒なので、見事なチームワークでしたよ。^^
確かにやかましいと言えばやかましいんですが、不思議に気にならない・・・むしろお祭りの高揚感にあふれてました♪
Commented by thismoment_iml at 2016-08-12 09:08
祭はDNAが刺激されますね!
お囃子の音なんて聞くと、血が騒ぎます^^;
いくつかお祭りを見てきましたが、日傘のあるお祭りも品があって素敵ですね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-12 13:29
thismoment_imlさん、こんにちは。^^
おっしゃる通りですね、鉦や太鼓の音を聞いてワクワクする・・・DNAレベルで反応している感じです♪
真夏のお祭りなので、日傘は必需品なんでしょうが、それにしてもカラフルでしたねえ。^^
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-13 15:33 x
なるほど〜、日本一やかましいお祭りですか〜^^;
それは是非見てみたいのでございます♪
やはりお祭りは、どんちゃん騒ぎの賑やかなのに限りますv^^
浴衣や法被を見ますと、うずうずしてきますね〜^^;
日本の夏!
久しく体感していないのでございます〜^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-14 09:16
皐月の樹さん、こんにちは。^^
日本のお祭りの楽しさ、半端ないですからねえ、民族のDNAに刻み込まれてる感じです♪
老いも若きも一緒になって楽しめるイベント、なかなか他にはありません。^^v


<< 中世都市の猫たち      旦那衆通りからリビエラへの早朝散歩 >>