2016年 08月 10日

旦那衆通りからリビエラへの早朝散歩

d0353489_847291.jpg

ローテンブルクに到着した翌日の朝は、まさしく目の覚めるような青空でした。
朝食後、青空を満喫するために、市内の散歩に出かけてきました。
正面の立派な建物は、市庁舎です・・・中央左側の白い塔に登るとローテンブルク市内が一望できます。
でも五年前に来た時に上ったことがあるので、今回は登りませんでした。^^;

d0353489_8475520.jpg

マルクト広場のシンボル、ゲオルクの泉に立つ水道塔の根元部分のクローズアップ・・・中世そのものですねえ♪

d0353489_8491169.jpg

マルクト広場から西に向かうヘレンガッセ(Herrngasse)の眺めです。
ローテンブルクはこの地域から発展しているので、このあたりはローテンブルクの城勤務の高官や騎士の居住区だったそうです。
ヘレン・ガッセとは「旦那衆通り」って意味なんだそうで、ここに居を構えるのは商店主のあこがれとなったようです。

d0353489_8494077.jpg

こちらはヘレンガッセにある井戸、ヘルン・ブルンネンの飾りの部分です・・・セイレーンでしょうか、ねえ。^^
背景に見える塔はブルク門ですね。

d0353489_8514361.jpg

ブルク門のある場所には、かつてホーエンシュタウフェン家の城がありましたが、1356年の地震で倒壊してしまったんだそうです。
その後城が再建されることはなく、跡地には庭園がつくられました・・・ブルク公園と呼ばれていました。

d0353489_904128.jpg

ブルク公園で朝ごはん中の鳥さんです・・・どうやら・・・アムゼルちゃんでしょうか。
和名だとクロウタドリ、英語圏ではブラックバードと呼ばれてる鳥ですね。
ドイツではこのアムゼルが囀るようになると、春が来たことを実感するんだそうです。

私のドイツ在住の写真友達、アムゼル師匠のHNはここから来ているんだそうです。
また、最近知り合ったドイツ在住のエキサイトブロガー、sternenliedさんのブログのタイトルも「木陰のアムゼル」ですね♪

d0353489_911387.jpg

さて、ブルク門からローテンブルクの外壁の外に出てみることにしました。

d0353489_2038472.jpg

ローテンブルクの外壁の南西斜面は、タウバーリビエラと呼ばれており、ブドウ畑が広がっておりました。

d0353489_9552237.jpg

ここから見るタウバー渓谷の風景、なかなかステキでした。
コーボルツェラー教会と二重橋の見える風景、なかなかに趣がありました♪

d0353489_20543980.jpg

5年前に来たときは7月だったので、小さなブドウの房がついていましたが、今年は6月中旬・・・
さすがにブドウはまるでありませんでしたねえ。^^;

Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この早朝の日差しを浴びる中世の街をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-10 05:00 | Overseas Trip | Comments(20)
Commented by getteng at 2016-08-10 06:48
blackfacesheep2さん
ドイツは戦争で相当破壊されていると思うのですが、
中世の時代の建造物への修復、復元工事は想像以上に進んでいるようですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-10 07:01
こんな素敵な町並みを朝散歩、
素敵ですねえ。
天気もいいし、
寝てなんていられない、
そんな感じでしょうか。
イイですねえ。
Commented by ペンタスキー at 2016-08-10 07:44 x
おはようございます。
朝の清々しい雰囲気が素敵ですね。
空の色が良いです♪
そして鳥さんの朝食風景も面白い!
Commented by voyagers-x at 2016-08-10 10:54
おはようございます!!
のどかな田園風景と伝統ある厳粛な歴史的な建築物を両方同時に楽しめそうな
素敵な場所ですね
鳥がご飯中........何を食べてるのでしょうか
ミミズかな
我が家は田舎で例年蜘蛛が家の中にいるのですが
しかもその蜘蛛は手を広げたくらいのでかいサイズ
夜に蜘蛛を発見したら、そいつを葬り去るまで安眠出来ません笑
だけど、今年は蜘蛛が一匹もいません
この暑さのせいでしょうか
昨日、家の中に小さなヤモリが一匹壁の隅っこに張り付いていました
可愛いですね.......見逃してやりました^_^;

Commented by yamaboushi53 at 2016-08-10 12:25
黒顔羊さん こんにちは
いつも楽しみにドイツ紀行を拝見させていただいて
おります。
素敵な街並みですね。街そのものが芸術作品のよう
です。ブドウ畑もとても綺麗に整備されていますね。
Commented by sternenlied at 2016-08-10 13:34
この市庁舎に上ったことがあります。下から見るとそんなに高そうでもないのですが、上に上ると、展望出来る場所の柵の中が狭くて直ぐ真下に見えるので、高所恐怖症の私は膝がガクガクととなりました。ローテンブルクには馬車もありますよね。日本からやってきたお客さんを案内して一緒に馬車に乗って巡ったことがあります。

ヘルン・ブルンネンのセイレーンはスタバのロゴを思い出させました(笑)髪型は違いますけど。あ、アムゼルだ。拙ブログを紹介してくださってありがとうございます。
Commented by iwamoto at 2016-08-10 14:00 x
これがクロウタドリですか。 これがブラックバード?
古い録音ですが、ジョー・コッカーの「バイ・バイ・ブラックバード」は聞き覚えがありますか。 ジミー・ペイジの間奏が素晴らしいです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 18:50
gettengさん、こんにちは。^^
ローテンブルクも前の大戦では被害を受けたらしいです。
でも、全体的には中世の街の雰囲気はよく残っているようでした♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 18:54
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
もうどこにレンズを向けても絵になっちゃうような朝でしたねえ♪
こんだけお天気が良くても、それほど暑くはないのがドイツの初夏の朝でしたよ。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 18:56
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
このブルーは、Pentaxブルーとはちょっと違う、重くて渋い蒼・・・Kodachrome 64っぽい蒼さですね。^^
便利ズームは鳥さんのお食事風景も撮れてしまうので、旅行には最高ですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 18:59
voyagers-xさん、こんにちは。^^
ローテンブルクは歴史ある中世都市と、のどかなドイツの田園が同時に楽しめる素晴らしい場所でしたね~♪
蜘蛛ですか・・・私、足が多いイキモノは苦手です・・・蜘蛛、サソリ、げじげじ、やすで、エビ、カニ・・・あはは。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 19:01
ヤマボウシさん、こんにちは。^^
やはり長い伝統に裏付けされた造形は、今の眼で見ても素晴らしいですよね、まさしく眼福でした♪
ドイツと言うとビールのイメージですが、ブドウ畑もあり、フランケン地方はワインも有名です。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 19:03
sternenliedさん、こんにちは。^^
そうそう、この市庁舎の上の展望台、結構手すりが低くて剣呑なんですよね、国宝犬山城によく似てます。^^;
ローテンブルクで馬車は見ましたよ~、ゴスラーでも見たかな、ドイツの古い街ではまだ馬車は現役なんですね(^^♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-10 19:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
へ~、Joe CockerがBye Bye Blackbirdを歌っているのですか・・・YouTubeで聴いてしまいました、良いですねえ♪
Jazzの世界だと、この曲は大スタンダードでして、マイルスの1956年のセッションがつとに有名ですね。^^
https://www.youtube.com/watch?v=KV2lNHfSXBQ
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-10 23:27 x
旦那衆通りとは、面白い名前ですね~^^;
店主を旦那と呼ぶところに、共感しますね^^;
それにしても、見事な青空ですね~!
日本で言えば、五月晴れといった感じでしょうか?
豊かな緑も、散歩のおかずには最高ですねv^^
アムゼルちゃん、可愛いですね~♪
素敵な歌声を聞かせてくれるのでしょうね~。
日本でいうところの、鶯のような感じでしょうかね^^
Commented by jikomannte at 2016-08-11 06:52
建物や看板などの意匠が、強めの光線に合いますね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 08:36
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ドイツ晴れと言いたくなるほどの青空でしたねえ、パナソニックのコダクロームっぽい蒼が重くていいです。^^v
アムゼルの鳴声、Youtubeでも聞きましたが、確かに可憐でさわやかです・・・鶯みたいな和の情緒はないですけどね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-11 08:38
純さん、こんにちは。^^
このローテンブルク、中世からこんな光蜥蜴さんがわんさかいたんでしょうね。
とっても写真写りが良かったです♪
Commented by Howlin-dog at 2016-08-13 12:30 x
最初の4枚の空、以前の黒顔羊さんの愛機K200DのCCDセンサーを思わせる深いインディゴブルーですね(笑)
Lightroomだと好みの色味を追い込めるので出てくる色に関してはメーカーにこだわる必要性は薄くなりましたね。
JPEGと同時撮影しておけばメーカー色との比較も楽しめますし。
記録写真ではなく魅せる写真として考えた時、最近のスッキリした色味も好きですが昔のCCDっぽいコントラストの強いコッテリ系はインパクトがあっていいですね(^ ^)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-14 09:11
Howlin-dogさん、こんにちは。^^
あはは~、そうですそうです、K200DのCCDセンサーっぽい青を狙ってみました、Adobe Lightroomは便利です♪
昨今のデジタルカメラはCMOSなので、そのまま使うとマイルドすぎる・・・なので、Lrでかなりいじりたおしますねえ。^^;


<< 日本で一番やかましいお祭り      鉄分補給は灼熱の化学コンビナート >>