2016年 08月 06日

空中にせりだす看板たち

d0353489_21381126.jpg

鮮やかに咲くローテンブルクの薔薇・・・
でも、それ以上にこの街で目立つものがありますね。

d0353489_21475418.jpg

それは・・・この路上に張り出す看板なんであります。
例えばこのブドウの房・・・これはワイン屋さんの看板なんじゃないでしょうか。

d0353489_21223570.jpg

これは薬屋さんですかね。^^

d0353489_21235496.jpg

こちらはグラスの絵ですから、おそらく飲み屋さんじゃないかと。

d0353489_21242517.jpg

こちらはブレッツェル・・・カフェなんであります。^^

d0353489_21244659.jpg

このホテルはビールが名物なんでしょうか。

d0353489_21254654.jpg

この金色のグリフォンは・・・私たちが泊まっていたガストホフですね。^^

d0353489_21261699.jpg

中華料理屋さんの看板さえ、中世ドイツ風味なんであります♪

d0353489_21291074.jpg

字は読めなくても、そのカタチでだいたい何のお店わかるんですが、これはわからない・・・^^;;;

d0353489_21325130.jpg

ま、これはホテルでしょうね。

d0353489_21354883.jpg

これもホテル・・・

d0353489_2136209.jpg

たぶんレストランかな~、っと。^^;
あにはからんや、本屋さんでした。^^;

d0353489_21421083.jpg

これも、やっぱりホテル。^^;

d0353489_21433326.jpg

ローテンブルクの街には、中世からの伝統的な看板がいっぱいなんでありました♪

Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この空中にせりだす看板たちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-06 05:00 | Overseas Trip | Comments(24)
Commented by getteng at 2016-08-06 06:00
blackfacesheep2さん
こういう看板はドイツやヨ-ロッパ独特のものを感じますね。
我が国ももう少し見習ったらいいのにと思うのですが・・・。
Commented by voyagers-x at 2016-08-06 08:44
おはようございます ! !
すごく素敵ですね
それにひきかえ日本の看板のなんと味気なさ
看板だけ見ても楽しいし、素敵ですね
ゴージャスな感じもするし、レトロ感も感じることが出来るし、
デザインが素敵ですね
Commented by li_se at 2016-08-06 10:36
どれも凝った素敵な看板ですね~
思ったよりも大きくせり出している感じですね。
ドイツでもこの街特有の風景なのでしょうか?
赤いバラと絡めたレストランの看板、背景の細長い建物も素敵です^^
Commented by iwamoto at 2016-08-06 12:28 x
新しい店も、何かしらの規約を守っているんですね。
街作りとはそういうものでしょう。

アジアのゴチャついた看板も、それなりに面白いですが、
好みはこちらです(笑)

日本の看板も、オリパラ前に、また英語の点検などあるのかな。
Commented by movin0 at 2016-08-06 13:15
おお、これは楽しい(^^♪
カメラマンに撮っては、魅力的な被写体になりますね!
Commented by sternenlied at 2016-08-06 14:24
ドイツの各地のオールドタウンには魅力的な看板が並んでますが、
その豊富さではローテンブルクが一番ですね。
中華料理屋でもそれらしき看板があるとは?!(笑)
上から2番目のブドウの看板には覚えがあるような。
下から3番目の看板に記されてるBuchhandlungというのは
本屋さんのことです。
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-06 16:02 x
どれも素敵な看板の数々でございますね〜♪
お店の売りを、素晴らしい意匠で表現されていて、これだけで一つの芸術作品ですね。
また、長年こちらで営業されている事から、老舗だということが、一目で分かりますね。
日本は、看板というと木製を思い浮かべますが、ドイツは金属(鋳物?)製が多いようで、何十年、何百年と使われるのでしょうね〜♪
Commented by yamaboushi53 at 2016-08-06 21:08
黒顔羊さん こんばんは
素敵な看板ばかりで、見ているだけで楽しく
なってきます。もはや看板ではなく、芸術作品
ですね。日本でもこんな看板をお店の方が工夫
してくれたら、お客さん、必ず増えると思います。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 21:56
gettengさん、こんにちは。^^
欧州の看板文化、半端ない長さがあるようですね。
日本の看板も、江戸時代ごろのものはそれなりに素敵なんですが・・・和洋折衷がいかんのかも。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 21:57
voyagers-xさん、こんにちは。^^
日本も江戸時代の頃の重厚な看板はどこに出しても恥ずかしくないと思うのですよ。^^
このドイツの看板と同じぐらいの伝統と重みをもってました・・・なんでやめちゃったんだろうと。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:04
li_seさん、こんにちは。^^
ドイツの古い街では、こういうせりだす看板はよく見かけます。
でも、こんなにいっぱいある街はローテンブルクぐらいかもしれませんね~♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
中世から続く伝統をこわさないために、新しい建物を建てる時も、そのフォーマットにのっとっているようですね。^^
香港の空間を埋め尽くすような看板も迫力はありますが、美学的に面白いのは圧倒的にドイツの看板ですね♪
Commented by border72 at 2016-08-06 22:07
ネットワーク不調のためコメントするのは久しぶりですが、ドイツ写真楽しみに観させていただいております。
やはり海外の風景は絵になりますね。看板もドイツらしい重厚さとセンスでどれも見応えがあって素敵です。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:08
ムービンさん、こんにちは。^^
そーなんですよ、これが撮りたいので、ドイツへ行くときは望遠系のレンズが必要になります。
普段は便利ズームって、あまり使わないんですが、ドイツ旅行は需要がいっぱいありますねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:11
sternenliedさん、こんにちは。^^
そうですねえ、ロマンティック街道のディンケルスビュールやネルトリンゲンにも行きましたが、ここには敵いませんね。
Buchhandlungは本屋さん・・・実はアムゼル師匠にもFacebookでご指摘を受けました・・・あとでこそっと直しておきます。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:13
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ドイツの看板は金属主体ですから、日本の看板に比べるとはるかに耐久性がありそうですね♪
日本の木製の看板に比べると手間がかかりますが、その分インパクトのあるものができあがります。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:14
ヤマボウシさん、こんにちは。^^
ドイツの看板、本当に芸術作品ですよ、どれを見ても素晴らしく見ごたえがありました。^^
日本の問題は・・・こういう看板をデザインするセンスがないってことかもしれませんねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-06 22:21
border72さん、こんにちは。^^
ドイツの古い街は、古き良き伝統が残っているので、どこにレンズを向けても絵になってしまいますねえ。^^
やはり被写体に魅力がある場所って、良い写真を撮るための鉄則なのかもしれません♪
Commented by gaku0107boo at 2016-08-06 23:58
こんばんわ!
看板というと、四角くて平たい鉄板を思い浮かべるのですが、
さすがはドイツ、妥協のない?芸術的な看板ですね。
ひとつひとつに誇りすら感じますね。

Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-07 05:39
日本も、
こういう看板ばかりだったらいいのですが…。
Commented by いちご at 2016-08-08 08:57 x
素敵な看板ですね!
見とれちゃいました(*^_^*)
街の風景に溶け込んでいて自然で・・・
ほんと素敵!
景観を守られているから、いつまでもこういう素敵な風景なのでしょうね!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-08 12:30
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
ドイツって中世頃は文字の読めない人が多かったらしく、それで字が読めなくてもわかる看板ができたらしいですね。^^
凝り性な民族性ゆえ、看板の機能をはるかに超えて工芸美術品の雰囲気です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-08 12:31
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
残念ながら現代の日本の看板、こんなに美しいものはあまりないですね。
遊び心が足りないような気がします。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-08 12:33
いちごさん、こんにちは。^^
この街に初めてやって来た時は、空中の看板まかり見上げてました・・・首がつかれてしまいました~♪
ドイツは、昔の街並みの保存に積極的ですね、市民レベルでのモラルが凄いと思います。^^


<< 都市に潜む恐竜たち      おぼろにうごめく8月の駅 >>