2016年 08月 04日

一年中クリスマスなお店

d0353489_763667.jpg

ローテンブルクのマルクト広場の北側に伸びる道路には、こんなギフトを満載した自動車が停まっています。

d0353489_765742.jpg

そして、その横のショーウィンドーを見ると、初夏なのにクリスマスな雰囲気でいっぱいです。

d0353489_771986.jpg

お店の中も、クリスマスなディスプレイで満たされております。

d0353489_711430.jpg

ローテンブルクには、一年中クリスマスなお店があるんですね♪

d0353489_7112416.jpg

その名前は、"Käthe Wohlfahrt"(ケーテ・ヴォールファールト)♪
ここは、1年中クリスマス用品を扱う専門店として、世界で初めてできたお店だそうです。
季節を問わず、クリスマスグッズを買うことができるんですね。
目印は路上に停められた、このギフトを満載した真っ赤なビンテージカーなんであります♪

d0353489_7114523.jpg

道路を挟んだ反対側にも、ケーテ・ヴォールファールトのお店があります。
また、ドイツ国内にもたくさん支店があります・・・ハイデルベルクにもありましたが、この本店とは規模がだいぶ違いました。^^;

d0353489_7145610.jpg

また、クリスマス関連以外のお人形さんも売ってましたね。
これはお医者さんたちでしょうか・・・なんとなくドイツっぽい雰囲気が楽しかったです♪

ローテンブルクは、5年前に初めて訪問しました。
その際に、このお店の存在を知り、クリスマスのオーナメントをお土産に買って帰りました。
私の相方は、こういう可愛らしいクリスマスグッズが大好物なので、今回はぜひ連れてきたかったんであります。
案の定、彼女は大いに気にいったようでした♪

Käthe Wohlfahrt, Rothenburg ob der Tauber, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この一年中クリスマスなお店をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-04 05:00 | Overseas Trip | Comments(18)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-04 06:34
こんなお店があるのですか。
直前になってバタバタするのがイヤな人には
打ってつけのお店ですね。
Commented by getteng at 2016-08-04 07:54
blackfacesheep2さん
ドイツ人はクリスマスをとても大事にする民族のようですね。
しかも、一年中忘れずにですから、ずいぶんメルヘンチックな人たちばかりなんだ!
そんな国からなんでナチスなんて飛び出してきたんでしょうね?
Commented by voyagers-x at 2016-08-04 08:45
おはようございます!!
眺めてるだけで楽しい気持ちになりますね
伝統的なデザインというか、クラシカルというか
昔から変わらないデザインというか、その当時を大切にしてる感じ
うーん、メルヘンですね
Commented by cana at 2016-08-04 09:36 x
こう朝から暑いと、ホワイトツリーを見るだけで
涼を得られるようです♪ 
一年中クリスマスも良いですね。ちょっと思いついたら
立ち寄れるなんて羨ましいのです。
Commented by thismoment_iml at 2016-08-04 11:00
お医者さん人形、とってもキュートですね♪
ドイツはクリスマスマーケットが有名ですが、こういったお店があるといつ行っても雰囲気を楽しめますね!
それにしても、やはり建物がどこもおしゃれですね^^
Commented by iwamoto at 2016-08-04 12:51 x
景気が良い頃には、日本にも「クリスマス専門店」がありましたよ。
すっかりクリスマスも人気が無くなりましたが、宗教的背景を持たないので当然かもしれません。
わたしは、昭和30年代のクリスマスが、日本のクリスマスだと思います。
酔っぱらったお父さんが、ネクタイを頭に巻いて、ケーキを買って千鳥足で帰る。
漠然と、洋風なものに憧れがあったのでしょうね。
我が家でも、七面鳥の替わりに蒸したチキンなどが食卓に(笑)
30年代の初頭の話です。
Commented by sternenlied at 2016-08-04 14:06
あ、Käthe Wohlfahrtだ。
ニュールンベルクにも支店がありますよ。
医者の人形、こんな風な風貌のドイツ人を見かけますよね(笑)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:08
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ドイツ人の凝り性が具現化されたようなお店ですね。
こういうお店があることを考えると、ドイツではクリスマスが大きなイベントだからなんでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:10
gettengさん、こんにちは。^^
そうですね、ドイツは北国ですから、太陽が徐々に長くなり始めるクリスマスをとても大事にするんでしょうね。^^
ナチス・・・あれはヒトラーと言う稀代のアジテーターのなせる業なのかもしれません。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:11
voyagers-xさん、こんにちは。^^
ドイツのショーウィンドーは、そのディスプレイが見事ですよね、伝統の重さを感じさせます♪
一朝一夕にはできないんだろうなあ、こういう楽しいディスプレイって。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:13
canaちゃん、こんにちは。^^
あはは~、暑さの中で見るクリスマスツリーも乙なものかも・・・って、南半球は実際にそうなんですよねえ。^^
サンタクロースが水着を着てビーチに現れるとか聞きましたよ、凄いよねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:15
thismoment_imlさん、こんにちは。^^
このお医者さん人形、ユーモラスでかわいいですよね、子供はいなくても欲しくなります。^^
このローテンブルクは中世の街並みがそのまま残っているので、建物はどこも見事でした。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:17
iwamotoさん、こんにちは。^^
ドイツの街々では、冬になるとクリスマスマーケットが盛んになります・・・やはり宗教的に大切にされてるんでしょうね。^^
昭和30年代のクリスマス、イケてなくてチープでした・・・でも、とっても懐かしくて、つい涙腺が緩みます。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:19
sternenliedさん、こんにちは。^^
Käthe Wohlfahrtは、支店がたくさんあるんですね、ハイデルベルクとローテンブルクには日本人スタッフも常駐してるようです。
このお医者さんの人形、やはりドイツ人っぽいんですか・・・ちょっととぼけた良い味わいのお人形でした♪
Commented by movin0 at 2016-08-04 22:04
クリスマスな雰囲気の写真って、とても絵になりますね(^^♪
特に7→3→1→5枚目の順にお気に入りです!
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-04 22:24 x
おお~、およそ8月とは思えない光景でございますね~^^;
なんと、年中クリスマスのお店があるのですか~!
サンタクロースさんも忙しいですね^^;
奥様がお喜びだったようで、何よりでございますね~v^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-05 07:18
ムービンさん、こんにちは。^^
7枚目・・・あはは~、被写体の魅力におんぶにだっこ、なんであります♪
ここのお店のショーウィンドーはとっても見ごたえがありましたよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-05 07:19
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ローテンブルクに着いた時は、まだウィンドブレーカーが欠かせない寒いお天気だったので、違和感ありませんでした♪
数日後、30度を超える熱波が襲いましたが、そのときにここを撮ったら面白かっただろうなあ。^^


<< おぼろにうごめく8月の駅      二度と列車が渡らない鉄橋 >>