2016年 08月 02日

黄金のグリフォンと言う旅籠

d0353489_20114111.jpg

ハイデルベルクを出て、ドイツ鉄道を3回乗り換え、3時間以上かかって到着したのは・・・
こんな中世風の看板が溢れる街、Rothenburg ob der Tauber・・・そう、ロマンチック街道のローテンブルクです。
ここは私たちが二泊したホテル-、「ガストホフ ゴールデナー グライフェン」です。
名前の通り、金色のグリフォンが道路の上に突き出していました。

d0353489_20122412.jpg

ホテルのウェブサイトによると、その創業は1374年・・・うむ~、約700年前からこの街にある老舗ホテルなんですね♪

d0353489_20173811.jpg

ガストホフと言うのは、日本で言う「旅籠」のようなものらしいです。
街道筋の宿場には昔からあった宿泊施設で、一階は食堂や酒場、二階は宿泊施設になっています。
ここがこのガストホフ・ゴールデナー・グライフェンのレストランへの入り口で、レストランの奥で部屋の鍵をもらいます。

d0353489_20181519.jpg

レストラン部分の壁画です・・・見るからに中世っぽいですねえ♪

d0353489_20221578.jpg

こちらのステンドグラスも、なにやら曰くがありそうでした。
Topplerと読めます・・・中世ローテンブルクの繁栄を築いた名物市長、ハインリヒ・トプラーがかつて住んでいた家のようです。

d0353489_20244535.jpg

レストランの奥のドアを開けると、そこは宿泊者用のエリアになっていました。
部屋のある階上部分に行く階段と、朝食部屋があるエリアですね。

d0353489_20251269.jpg

2階からの眺めです・・・この眺めは中世からあまり変わっていないのかもしれません。

d0353489_20253855.jpg

2階の踊場のデコレーションです・・・さすが古いホテルはおいてあるモノが違いますね♪

d0353489_2025566.jpg

明るい窓辺には、ゲームや本などが置いてあり、宿泊者はここで遊べるようになっていました。

d0353489_20261252.jpg

我々が止まった部屋の窓辺です・・・真っ赤なゼラニウムのプランターが見事です。
金色のグリフォンの飛び出し看板のすぐ上の部屋だったんですね。
ちなみにグリフォンとは鷲の翼と上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物だそうです・・・麒麟や竜のお仲間でしょうか。^^;

d0353489_20262839.jpg

二泊したせいか、とても良い部屋をあてがってもらいました。
ベッドルームの他に、食卓のおいてある部屋、さらにソファとコーヒーテーブルのある部屋までありました。
これで一泊85オイロ(約10,000円)は安いです・・・これ、二人分で朝ごはん付きです・・・めちゃくちゃにお値打ちです♪

d0353489_20271090.jpg

ガストホフは一階がレストランなので、夕食は便利ですね。
ここはフランケン料理が有名なレストランのようでした。

d0353489_20274512.jpg

私は例によってビール・・・ただし、慢性膵炎なのでアルコールフライと言うノンアルです。

d0353489_2028585.jpg

こちらは私が注文した豚肉の料理です。
豚肉のロースト、いわゆるシュヴァイネブラーテンでしょうか・・・味付けが日本人好みと言うのか、しょうゆ系の味を感じました♪

d0353489_20282279.jpg

こちらは相方が注文したイモの料理です・・・カルトッフェルだったかな。
イモを柔らかくマッシュしたものをホイップして空気を大量に含ませて焼いたような感じ、新鮮な味でした♪

d0353489_20324521.jpg

夕飯を食べても、夏至の時期のドイツは日が長いです・・・夜、9時過ぎまであかるいですからね。
画面右上に見えるのはローテンブルクの中心、マルクト広場です・・・歩いて1分、立地もすこぶる良いホテルです。
食後の散歩に出かけることにしました。

d0353489_2033454.jpg

ホテルから南のプレインライン方面です。

d0353489_20332341.jpg

こちらはマルクト広場から西を眺めたところですね。
翌日の天気もすこぶる期待できそうな、素敵な夕焼けでした♪

Hotel-Gasthof Goldener Greifen, Rothenburg ob der Tauber, Germany
LUMIX DMC-GM5 (1~5, 10~11, 16~18枚目)
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 (1~5, 10~11, 16~18枚目)
Olympus Pen Lite E-PL6 (6~9, 12~15枚目)
Leica DG Summilux 25mm/F1.4 (6~9, 12~15枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金のグリフォンと言う旅籠をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-02 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-02 06:57
素敵ですね。
こんな古い町並みの中のホテル、
しかもお値段もリーズナブル。
ため息です。
Commented by iwamoto at 2016-08-02 07:28 x
700年前の建物がホテルになって、そこに泊まり、食事もするなんて。
これは体験型旅行ってモノですね。
そこで石を拾って帰ったら、フランケン・シュタインというお土産になる?
Commented by getteng at 2016-08-02 11:50
blckfaceshee2さん
ドイツの木組みの建物が素敵です。
こういう町で育って、ベルリンやNYにでも出かけたらどういう気持ちになるんでしょうね?
ドイツに行って、ビ-ルが呑めないなんて悔しいですね。
愚生はイモ類が大好物で、ドイツ料理は好みかもわかりません。
Commented by voyagers-x at 2016-08-02 12:01
おはようございます!!
素晴らしい古い町並みの風景
このカメラの切れは凄いですね
コンパクトながらも素晴らしい写りですね

Commented by at 2016-08-02 12:48 x
建物を照らしたり影を作ったり、しっかりとした光と影が印象的ですね。
Commented by sternenlied at 2016-08-02 16:05
ローテンブルクは伝統的な意匠の看板がずらっと並んでいて見事なほどですよね。
看板を見ながら巡っていても楽しいです。
広場に近いなんて、本当いいロケーションにある宿を見つけられましたね。
700年前からこの街にある老舗ホテルなのに、二人で朝食付きで一泊85オイロとは安いです^^
私たちがバルト海で宿泊するペンションもそのぐらいです。700年の歴史はないですけれど。

フランケン料理は好きです。奥さんが注文されたジャガイモの料理は初めて見ました。
美味しそうですねえ。私はジャガイモ料理が好きなので、食べてみたくなりますね。
ローテンブルクの名物にSchneeball(雪玉という意味)という丸いお菓子があるのですが、
その形を模した新しく生み出された料理なのかもしれませんね。

ニュールンベルクに住んでた頃、ローテンブルクは割と近くて、
日本人が恋しくなると、日本人観光客の多いローテンブルクに行ってましたね(笑)
Commented by movin0 at 2016-08-02 20:51
おお、グリフォンのオブジェとても絵になりますね(^^♪
旅籠のインテリアとても雰囲気があって素敵です。
毎度のこと、料理もおいしそうに撮られていますね。
街並みも中世の雰囲気が残っていて素敵ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:13
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
ローテンブルクはこれで二度目ですが、今回はまた新たな発見がありました、素敵な街ですね。
ドイツって、意外にホテルの値段は安いような気がします・・・日本が高すぎるのかもしれませんが。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:14
iwamotoさん、こんにちは。^^
いわくありげな建物だなと思って調べてみたら、のけぞりましたよ、700年前の建物だったとは。^^;
フランケンの石・・・あはは~、確かに、石を拾って来ればよかったですねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:17
gettengさん、こんにちは。^^
今はネットやマスメディアで情報はいくらでも入りますので、ベルリンでもNYでも東京でも北京でもOKでしょうねえ。
イモ類が好きな方だったら、ドイツは楽しいと思いますよ、イモ料理は豊富だし、素材が美味しいですから♪
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-02 21:17 x
ななな、なんと~!1374年の創業のホテルですか~!
老舗中の老舗ですね!
そんな素敵なホテルが、お二人で85ユーロとは?!これまた驚きです!
とても素敵な建物で、本格的なレストランあり、立地も完璧、そしてこのため息の出る眺め!
素晴らしい選択ですね!
こんな素敵なホテルを見つけられるとは、さすがでございます!
いつまでも泊まっていたくなるホテルでございますね~v^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:18
voyagers-xさん、こんにちは。^^
被写体が素敵だと、写真は見栄えがすこぶるよくなりますよね~♪
マイクロフォーサーズのカメラ、今は本当に画質がよくなりました・・・小型軽量で旅行には最適でした。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:19
純さん、こんにちは。^^
ローテンブルクの光蜥蜴・・・中世から変わらないんでしょうね。
悠久な時の流れを感じましたよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:21
sternenliedさん、こんにちは。^^
ここは本当のホテルではなくて、ガストホフなのでお値段がお値打ちなんだと思いますが、それにしても安かったです。^^
Schneeball、2回も食べてしまいました・・・言われてみれば、このジャガイモ料理、あのカタチかも♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:23
ムービンさん、こんにちは。^^
ローテンブルクの街は、すべてのモノが絵になるので、今回は2泊もしてきました。^^
中世の街並みがいまだに残っているなんて、素敵ですよね~♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-02 21:25
皐月の樹さん、こんにちは。^^
高級なホテルではありませんが、歴史はたっぷりと詰まったホテルで、とても楽しめました♪
立地も良いし、料理も美味いし、値段はお値打ち・・・ローテンブルクに出かけられるならここはお勧めです。^^


<< 二度と列車が渡らない鉄橋      アーケード商店街の七夕 >>