2016年 08月 03日

二度と列車が渡らない鉄橋

d0353489_21392521.jpg

先日、廃駅の三河広瀬駅を撮りに行った際、矢作川を渡る鉄橋が見えました。
廃線になってもまだ鉄橋は残っているんだ・・・がぜん興味が出てきて、写真を撮りに行ってきました。

d0353489_21115758.jpg

さっそく鉄橋のたもとに行ってみました。
ご覧のように・・・おびただしい量の夏の樹木に覆われておりました。
ここは名鉄三河線の廃線区間に架かる鉄橋で、かつて枝下(しだれ)駅と三河広瀬駅を結んでいました。
もはやこのレールの上を走る列車はありません。

d0353489_21122161.jpg

危険ですから、虎柵でしっかりとふさがれておりました。
こんなところでも、昨今流行りの「ばかぽけモンGO」で遊ぶ人が出没するのかな・・・
柵の向こうへ身を乗り出したら、すこぶる危ないですけどね。

d0353489_21125310.jpg

鉄道橋に至る廃線の赤錆レール。
哀愁に満ちてました。

d0353489_21135417.jpg

矢作川の東側にわたって。この鉄橋の写真を撮るため移動・・・
ところが、川岸は獰猛な夏の蔓蔦に覆われ、見晴らしの効く場所がありません。

d0353489_21141635.jpg

せいぜいこのぐらいかな・・・川の奥に架かっている橋が見えるでしょうか。
赤いトラスのある鉄橋だったら絵になったんでしょうが、こんなちっちゃな鉄橋ですから、まるで目立たなかったんでありました。(泣)

愛知県豊田市東広瀬町 名鉄三河線「旧・三河広瀬駅」にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2 with ND8 Filter

☆ブログランキングに参加しています。
この二度と列車が渡らない鉄橋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-08-03 05:00 | Rusty Scene | Comments(16)
Commented by getteng at 2016-08-03 06:01
blackfacesheep2さん
廃線って魅力的ですよね。
「廃」とつくとすぐ反応してしまいそうです(=^.^=)
Commented by voyagers-x at 2016-08-03 08:40

おはようございます!!
線路というのは撮りたくなる素敵な被写体ですね
撮り方によっては心象的な雰囲気が出てくれますね
二枚目のアングルは........ボケの効果が効いて超素敵ですね

Commented by iwamoto at 2016-08-03 14:57 x
二度と列車が通る事のない線路。
通ろうとしても塞がれたところや、線路の無いところもある。

真昼だし、危険もないだろう。
そう思って線路に入り、鉄橋を歩いて渡っていると、
遠くから蒸気機関車の音が聞こえてくる。
そしてそれがどんどん大きくなって、列車がすぐ傍に迫っている。
でも姿は見えない。
やがて音は最高潮に達し、そして走り去って行った。
見えない列車に轢かれたであろう自分は、まだ、ここに立っている。
気を落ち着かせて、周囲を見回すと、暗くて何も見えない。
そこは、夜の闇の中だった。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-03 15:37
gettengさん、こんにちは。^^
わかります・・・滅びゆくモノの美学でしょうねえ。^^
新しくてピカピカのものには出せない美しさ、味わいの深さがありますよね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-03 15:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
線路ふぇち、たくさんいますよね、おそらく写真を撮るのが好きな人の多くは線路が好きなんじゃないでしょうか♪
このレンズは55mm/F1.2と言う大口径なので、絞り開放でぶっぱなすと、非日常的な描写になりますねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-03 15:41
iwamotoさん、こんにちは。^^
うぉぉぉ、素晴らしいファンタジーです・・・まるでレイ・ブラッドベリの短編のようなブラックな味わいです。
今度は、秋の黄昏時にでも、撮りに来てみようかな、と思ってしまいましたよ。^^
Commented by sternenlied at 2016-08-03 18:54
最後の写真の川の奥に架かってるちっちゃな橋、迷彩色の橋も魅力があるもんです^^
私も線路を見ると、撮りたくなってしまいますね。
身近だったら、トラムの線路なんてよく撮ります。
子供の頃に列車の最後に立って、長く伸びていく線路を
ワクワクしながら眺めていた名残でしょうか。

二度と列車が渡らない鉄橋といえば、
以前フロリダ半島の南端からキーウェストへと点在している島を
結んでいるUS1号線の42の橋を車で渡って行ったことがあるのですが、
ある場所で道路と平行に1960年のハリケーンで寸断されたままの鉄道の橋が未だに残ってます。
Florida Keys、車で島から島へと走ってるだけで、とてもインパクトのある場所でしたわ。
橋が青い青い大空と大海の間に浮上しているように感じるのですよね。

WoW、↑のiwamotoさんの即興ファンタジー、素晴らしいですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-03 21:26
sternenliedさん、こんにちは。^^
お~、やっぱり線路フェチでしたか・・・写真を撮る人は、あの強面な鉄の質感にやられちゃうみたいですね。^^
キーウェスト、まだ行ったことがないんですが、不思議な場所ですよね・・・日本人の想像を絶する場所なんだろうなあ(^^♪
Commented by j-garden-hirasato at 2016-08-04 06:38
おおー、
ワクワクする物件ですね。
廃線敷きに廃線鉄橋、
興味あります!
豊田市ですか。
ちょっと遠いなあ…。
Commented by ペンタスキー at 2016-08-04 07:37 x
おはようございます。
良い雰囲気の鉄橋ですね~♪
写欲をそそりますよ~!
廃線になってもこういった物は残して欲しいですね。

先日、軽井沢の帰りに 「めがね橋」 というのを見てきました。
国鉄信越本線の横川駅~軽井沢駅間でアプト式鉄道時代に使われた橋梁の一つで、
煉瓦造りのアーチ橋です。
中々迫力ありましたよ!
後日アップする予定です!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:05
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
男子ならもちろん、昨今は女子でもこういう風景を見るとワクワクする人が増えてますよね♪
ここ、豊田市でも比較的長野県に近い地域です・・・と言っても、長野県も広いですからねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:06
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
廃線になると、こういう鉄橋は撤去されてしまうことが多いんですが、ここはいまだにその気配がないですね。^^
煉瓦造りのアーチ橋ですか・・・そりゃ相当に面白そうですねえ、後日のアップを楽しみにしております♪
Commented by yamaboushi53 at 2016-08-04 15:28
黒顔羊さん こんにちには
毎日、暑い日が続いています。ヤマボウシはいささかバテ気味です。遅れましたが、コメントさせていただきます。今日の写真を観て、幼いころ、列車から見た情景が頭の中に甦ってきました。足助に住んでいた私は西中金から電車に乗って、豊田へ出ていました。もう廃線になってしまいましたが、思い出の詰まった路線でした。そういえば、この路線も廃線になってしまいましたが、豊田から岡崎の大樹寺まで電車が走っていましたね。確か真福寺近くに線路跡が残っていましたよ。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-04 15:36
ヤマボウシさん、こんにちは。^^
昔、足助に住んでいらした方なら、この名鉄三河線の廃線区間は、とっても懐かしいでしょうねえ。
豊田から大樹寺までの路線、聞いたことがあります・・・廃線になってもうずいぶんになるようですね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-08-04 22:13 x
おお~、この錆びた鉄橋、素敵ですね~!
これを見つけてしまったら、撮らないわけにはいきませんよね~^^
55/1.2でのガチ撮り、見ごたえがございますね~♪
2枚目のようなボケ味が、たまりませんね~!
こういう描写が単焦点の醍醐味かと♪
晩秋から冬にかけては、更に哀愁が出てきそうですね~!
と・・・何気にリクエストをしておきます~^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-08-05 07:16
皐月の樹さん、こんにちは。^^
真夏に出かけたので、うっそうとした夏草に阻まれ、鉄橋がどうなっているのか、よくわかりませんでした。
これは・・・晩秋の再調査は不可欠なんであります・・・それまで、撤去されずに残っていて欲しいです♪


<< 一年中クリスマスなお店      黄金のグリフォンと言う旅籠 >>