2016年 07月 26日

姫君を守り通した赤錆オート三輪

d0353489_11544567.jpg




d0353489_121615.jpg




d0353489_122642.jpg




d0353489_1220843.jpg




d0353489_1235850.jpg




d0353489_1245872.jpg




d0353489_1219698.jpg




d0353489_128228.jpg




d0353489_129687.jpg




d0353489_12112470.jpg




d0353489_1294574.jpg

いつも素敵な赤錆物件を紹介してくれる、赤錆ハンターのIさん・・・
彼が新たに発見した物件を見るために、愛知県の北西部方面に出かけてきました。

事前情報を得てはいたものの、現物を目の前にすると、唖然とせざるを得ないほど、強烈な赤錆物件でした。
Iさん、いつも素敵な赤錆物件のご紹介、本当にありがとうございました♪

先日、岡崎で見たオート三輪と同じく、ダイハツ製と思われます。
ただし、こちらは衛生車(バキュームカーとも言う。^^;)仕様となっておりましたけどね。
オート三輪の衛生車、子供の頃の記憶が蘇ってきますねえ。
イキモノのように不気味に蠕動するホースを扱う作業員さん、魔法使いのように見えたものでした。^^;

さて・・・このオート三輪衛生車に守られるようにして朽ち果てたクルマがありました。
どうやらこれは、マツダ・ルーチェのようでした。
ルーチェは、当時ベルト―ネのチーフデザイナーだったジョルジェット・ジウジアーロがデザインした美しいセダンでした。
でも、このなだらかなルーフラインは、セダンには見えません。
オート三輪衛生車ががっちりとガードしていたので、確かめるのに大いに苦労しましたが、クーペボディでした。

おお、これは・・・ルーチェ・ロータリー・クーペなのか♪
ルーチェをFF化してロータリー・エンジンを載せたクーペボディで、幻の名車です。
最高速度は190km/h、0-400m加速は17.1秒の駿足を誇り、当時の国産車のレベルをはるかに凌駕したマツダ渾身の作品でした。
しかしながら、価格的にマツダ車の顧客層にはミスマッチだったことや、熟成・信頼性不足などもたたって販売実績は伸びず、たった976台で製造打ち切りとなってしまいました。

その希少な一台がこんなところでオート三輪衛生車と一緒に朽ち果てているとは・・・
「大切な姫君には、それがしが指一本触れさせん!」
まるで武骨で忠実な武将が、美しいお姫様の亡骸を守るために、ここで一緒に朽ち果ててしまった、そんな眺めでした。
ううむ、切ないなあ・・・^^

ちなみに、ポストプロセスは、赤錆だけ残して残りをモノトーン化する「錆残し」をチョイスしました。
Adobe Lightroomで、オレンジの彩度スライダーのみONにして、他の色の彩度スライダーをすべてゼロにし、明瞭度を上げてコントラストを下げるとこういう「赤錆抽出」となります。^^;

愛知県小牧市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH (1,3,7,8,9,11枚目)
LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH (2,4,5,6,10枚目)

☆ブログランキングに参加しています。
この錆残しなオート三輪をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-07-26 05:00 | Rusty Scene | Comments(24)
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-26 06:29
見過ごしてしまえばそれまでですが、
こういう錆物件も、
よく見ると(撮る技術も大きいとおもいますが)、
迫力がありますね。
自分でも撮りたくなってきました。
Commented by getteng at 2016-07-26 07:18
blackfacesheep2さん
これはいつ見ても、どこから見ても最高のゲイジュツです!
このまま土に戻るまで放置しておいてほしいものです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 07:38
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
あはは、だんだんと赤錆物件に惹かれるようになっていくかもしれませんね。^^
私はこういう真っ赤に錆びたものが大好きなので、友人知人が教えてくれるようになりました、助かります♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 07:40
gettengさん、こんにちは。^^
そーそー、一朝一夕にはできないゲージツですよね。^^
Google Mapのストリートビューでも確認できますよ、きっとずいぶん前からこのまま放置されていたんでしょうねえ。
Commented by voyagers-x at 2016-07-26 09:53
おはようございます!!
撮り方がお上手なので、芸術のように見えてきます ^^;
錆といえど、その錆び方には綺麗な錆び方などがもしかしたらあるのかもしれませんね
錆を撮り集めていくと、その境地に辿り着くのでしょう
この錆の車、存在感を感じます ^^;

Commented by iwamoto at 2016-07-26 10:34 x
これが道端に置かれているのですか。
凄過ぎますね。
みんな立ち止まって見ることでしょう。
手を合わせる人もいそうです。

早く、「大和」を引き上げて欲しいですね。
呉に特別なドックを作って展示して欲しい。
とにかく、引き上げないことには宇宙戦艦への改造も出来ません。
Commented by ペンタスキー at 2016-07-26 12:59 x
こんにちは。
錆びてますね~!
黒顔羊さんがニンマリしながら撮っている姿を想像しました♪

1枚目はちょっとグロテスクな虫に見えました!(笑)
オート三輪って懐かしいのですが、
これは何かタンクを背負っているみたいですね ・・・
と思ったら、衛生車なんですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 15:25
voyagers-xさん、こんにちは。^^
ここまで徹底的に錆びていると、いっそ清々しささえ覚えますねえ。^^;
一体、何年放置されるとこのような状態になるのか・・・タイムマシンがあったらチェックしてみたい気がします。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 15:27
iwamotoさん、こんにちは。^^
普段は赤錆にあまり興味がない人でも、これを見たら「おおっ」と思うんじゃないでしょうか。^^;
大和を引き上げるとなったら大事業でしょうねえ、沖縄の北のあたりの海底に眠っているんでしたっけ。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 15:29
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
あらかじめ情報はもらっていたとは言うものの、現物の迫力は半端ありませんでしたねえ♪
オート三輪の衛生車、小回りが利くので、都市部の狭い住宅街では活躍したんでしょうね。^^
Commented by thismoment_iml at 2016-07-26 16:33
すごい迫力ですね。
鬼気迫る…というのは言葉が違うかもしれませんが、それに似たオーラを感じます。
「錆残し」で赤錆が一層映えて、印象深い写真です。
Commented by 皐月の樹 at 2016-07-26 20:29 x
おお~、これは強烈な赤錆物件ですね~!
この錆方、凄まじいですね~!海沿いなのでしょうか?^^;
しかも、バキュームカーのオート三輪とは!
今の子供に、バキュームカーと言うと、でっかい掃除機くらいに思うでしょうかね?^^;
姫君を守る武骨なオート三輪・・・まさにですね~!
姫君ではなかったですが、なんとなく弁慶を思い浮かべてしまいましたv^^
マツダ・ルーチェってそんなに貴重だったのですね~!
知りませんでした~^^;
これは実に貴重な組み合わせの錆物件ですね♪

↓ホッケンハイムの間違いでした~^^;
どうしてマンハイムと覚えてしまったのか?
近いから?
ん~、もうそろそろ頭がやばいかもですね^^;
Commented by gaku0107boo at 2016-07-26 20:59
こんばんわ!
廃業して久しい街のモータースでしょうかね~。(違ってたらすいませーん。)
オート三輪もルーチェも強烈なインパクトがありますが、
閉ざされた扉の中にも興味深々です。

Commented by golden_giraffe at 2016-07-26 21:17
黒顔羊さん、こんにちは。
お写真も勿論ですが、ストーリー展開がお見事ですね。
一枚目から「持って行かれる」感じがしました。
そして最後に一枚だけ、ルーチェの後ろ姿が登場するという。
錆びれた姿でも当時のルーチェの美しさが伝わってきますね。
(↓)ドイツ旅行記も楽しませてもらっています。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 22:42
皐月の樹さん、こんにちは。^^
あはは、きょうびの子供はお仕事中の衛生車を見たことがない子も多いでしょうねえ♪
この2台、方や武骨な衛生車、方やお洒落なスポーツクーペ、生い立ちがまるで違うのに、ともに今や赤錆・・・切ないです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 22:43
岳のとうちゃん、こんにちは。^^
おっしゃる通りだと思います、廃業してずいぶんになるんじゃないでしょうかねえ、素晴らしい貫禄でした。
おそらく扉の中にはさらに凄い御宝が眠っているのかも・・・見たいよぉ。^^;;;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-26 22:45
金の麒麟さん、こんにちは。^^
おお~、最後の一枚に姫君を配した構成を読み取っていただきありがとうございました♪
ドイツ旅行記はまだしばらく続きそうです、また見にきてやってくださいな。^^
Commented by hoshigaoka at 2016-07-27 01:08 x
こんばんは!

オート三輪の正体はバキュームカーでしたか^^;
朽ち果てたタンクの中は一体どうなっているんだろうかと想像してしまいます(笑

昔、ルーチェってありましたねぇ。
CMが上品だったように記憶していますが
バキュームカーの横で眠っているのは面白いですね^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-27 09:02
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
このオート三輪の最後の衛生車としてのお務めはいつだったんでしょうね、タンクの中はどうなったんだろう、あはは。^^;
ルーチェ、確かに上品なイメージでした、日本車離れしたボディラインでしたよねえ♪
Commented by natsu0615 at 2016-07-27 09:29
はじめまして。いつも更新楽しみに読んでいます。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-27 10:28
thismoment_imlさん、こんにちは。
す、すみません・・・コメレス順番間違えました。^^;
この赤錆オート三輪、まさしく「鬼気迫る…」と言う感じでしたね。
赤錆物件をずっと撮り続けていますが、ここまで気合の入った個体は珍しいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-27 10:30
natsu0615さん、こんにちは&いらっしゃいませ。^^
おお、いつも見ていただいているのですか、ありがとうございます。^^
赤錆は滅びの美学・・・大好きな被写体です、また見に来てくださいね♪
Commented by film-gasoline at 2016-07-27 22:48
う~む、強烈に朽ち果ててますね~
ここまで赤錆のニオイがしてきそうです^^;
ルーチェロータリークーペ、子供の頃のお気に入りの車でした。
ファミリアロータリークーペも良かったな~♪
マツダ車って、国産らしからね個性的なデザインがいいですね。
今のマツダ車は日本一カッコイイですよね(^^)v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-28 15:59
フィルガソさん、こんにちは。^^
赤錆物件は今までにおびただしい数を見てきましたが、これほど凄い物件は貴重でしたね♪
最近のマツダは日本国内のマーケットより欧州でのセールスを重視しているので、あんなデザインになってしまいますね♪


<< ユーゲントシュティールな図書館      マンハイム早朝散歩 >>