2016年 07月 06日

ドイツのチャイナレストランで食べるベトナム・フォー

d0353489_10432190.jpg

見応えのあるデュッセルドルフの美術館「K20」を出たら、ちょうどお昼時となっておりました。
どこかでランチを食べようと思って街を歩いていたら、こんな看板に遭遇しました。
”Pho"・・・おお、これはベトナム料理のフォー♪
お米で作った麺ですから身体に優しいに違いない、と言うことで、ここに入ることにしました。

d0353489_10434144.jpg

お店の中に入ってみました・・・うむむむ、このインテリア、ベトナム風と言うよりは・・・^^;

d0353489_1044745.jpg

私も相方もアムゼル師匠も、フォーを注文しました。
大量のもやしとコリアンダーとミントの葉、レモンと唐辛子が出てきました・・・これはトロピカルですねえ♪
でも、レストランのメニューを見ると、"Mini China Town"と書いてあります。^^;

d0353489_10445534.jpg

店内のインテリアも、ベトナムっぽさよりもチャイナっぽさが際立っておりますね。

d0353489_10454149.jpg

フォーが出来上がりました・・・牛肉が乗った高級バージョンのフォーなんであります♪
麺が細目のサイゴン風フォーのようでした。

d0353489_10463071.jpg

でもそれを作っている厨房は、ご覧の通りのチャイナスタイルです。^^;

d0353489_10465031.jpg

ドイツでは、ベトナム料理と言ってもピンとこない人が多いので、中華料理と言っているのでしょうか。
中国人やベトナム人がここに来たら、複雑な心境になるかもしれません。^^;
ま、名古屋にも「あんかけスパゲティ」と言うイタリア人が食べたら激怒しそうな麺が存在してますけどね。^^;

細かいことは気にせずに、大量の野菜ををフォーの上に載せていただきました。
ううむ、これは美味い♪

d0353489_10472380.jpg

お店に来るお客さんは現地の人が多かったですね。
ドイツ人は「ベトナム料理か中華料理か」なんてことには興味はなく、安くておいしければ食べる、ってことのようでした♪

Düsseldorf, Germany
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
このドイツのチャイナレストランで食べるベトナム・フォーをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-07-06 05:00 | Overseas Trip | Comments(16)
Commented by getteng at 2016-07-06 06:52
blackfacesheep2さん
これなら、日本人でも食べれるかもわかりませんね。
店構えや来客からすればゲテモノやではなさそうですし・・・。
Commented by j-garden-hirasato at 2016-07-06 06:55
ドイツでベトナム料理ですか。
しかも、チャイナレストランで。
まあ、
滞在期間が長ければ、
ドイツ料理ばかりというわけにはいきませんね。
Commented by voyagers-x at 2016-07-06 09:06
おはようございます!!
ドイツって......最先端の技術とエコ先進国と歴史を重んじる国ってイメージがありますが
ドイツにベトナム料理
雰囲気の違和感を感じますね
ドイツの方にはその違和感がスペシャルに感じるとか ^^;

Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-06 10:17
gettengさん、こんにちは。^^
はい、日本人向きの優しい味わいで、ギトギトコテコテではありませんでした♪
ドイツ人も、今はヘルシーなものを好む人が増えたようですね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-06 10:18
j-garden-hirasatoさん、こんにちは。^^
デュッセルドルフは都会なので、各国の料理が揃っているようでした。^^
田舎に行くとなかなかこういうレストランは見つけられないので、入ってみましたよ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-06 10:20
voyagers-xさん、こんにちは。^^
フランスだったら、ベトナムの旧宗主国ですからわかるんですが・・・ドイツは意外でした。^^
本格的なフォーでしたよ、日本のベトナム料理屋さんと同じ味がしておりました♪
Commented by yuta at 2016-07-06 13:16 x
こんにちは
ドイツ、チャイナレストラン、ベトナムフォー
なにか3題話ようです
味は中華風?ベトナム風?
それともミックス?
複雑そうです^^
Commented by iwamoto at 2016-07-06 13:51 x
フォーの専門店でしょうか。 春巻なども食べられるのかな。
フォーの作り方って面白いんですよ。 麺の製造法という意味ですが。
ヴェトナムの「ダンバウ」という弦楽器があり、演奏会にも行ったことがありますが、それとは別に、暫く借りていたこともあります。
ハーモニックスだけで演奏する「一弦琴」なんですよ。
とても音が小さくて、現在ではエレキ化されています。
Commented by amselstillalive at 2016-07-06 18:08
ヴィエトナム戦争が終わり、共産党政権から逃れたいわゆる「ボートピープル」と呼ばれるヴィエトナム難民が南シナ海を漂流したニュースを当時日々見聞したものですが、その後わかったことは、あれらの難民はそのほとんどが華僑の人々だったということでした。インドシナの旧宗主国フランスが彼らを多量に受け入れたわけですが、パリの13区に出現した「チャイナタウン」は彼らインドシナ難民が集中的に居住させられた地域でした。ゆえにパリで食すチャイナ飯はほとんどがインドシナ料理を給しており、フォーも無論普通にあります。

シナ飯インドシナ飯に加えてタイ飯も一緒に給するのはラオス華僑たちかもしれません。ラオスとタイはかって一つの国でしたから言語文化が共通しています。わたしの友人知人たちにもヴィエトナム・ラオス人に混じってそれらの国から来た華僑も多くいます。ちなみに彼らの多くは潮州を出身地(オリジン)とするものが大部分です。潮州あたりも米およびビーフン(米粉=フォー)を主食とする人々ですし、歴史的には百越と呼ばれるヴィエトナム(越南)人の祖先が住んでいた地域ですから、ドイツ人欧州人からみただけでなく、彼らの間でもほとんど同種の食文化を営んでいるのでしょう。

故にシナ・ヴィエトナム・タイ料理の看板も偽りではないのであります♪
Commented by 皐月の樹 at 2016-07-06 21:38 x
欧州のみならず、世界中でChinese Restaurantは見られますよね~^^;
欧米を訪れた際に、中華系レストランに入ったことはないのですが、NZ滞在中は時折利用させて頂いておりました^^;
そこで知ったのは、彼らはやはり華僑だという事でした。中国本土からではなかったのです。その為、日本の所謂中華料理屋さんとは異なるメニューでした。
一言で中華料理と言っても、あまりに多種多様ですよね~^^;
台湾では、客家料理と言うのがありますが、あれもまた独特だな~と思いました。私は、客家料理が好きなんです♪
↑アムゼル師匠のお話に、納得です!なるほど、そういう背景なのだ~!と大変勉強になりましたv^^
Commented by hoshigaoka at 2016-07-07 00:13 x
こんばんは!

レストランのオーナーは中華系の方なんでしょうか?。
外国に行くと、堂々と疑似和食レストラン店を見かけたりしますから
こちらも疑似ベトナム料理店なのかもですねぇ。
そのうちベトナム政府がお墨付き店を指定するようになったりするかもですね^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-08 12:04
yuta さん、こんにちは。^^
あはは、そうそう、その3つの国が微妙にフュージョンしているような雰囲気でした♪
味は純正ベトナム風に思いました・・・名古屋のベトナムレストランのフォーに良く似た味で、中華とはちょっと違うかな。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-08 12:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
ベトナム料理の専門店だったので、春巻や夏巻なども食べられるようでした。^^
へぇ、ベトナムの民族楽器ですか・・・聞いたことがないですが、いろいろな文化がある国なんですねえ、ベトナム♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-08 12:08
アムゼルさん、こんにちは。^^
なるほど、
こちらが考えているほど、中華料理とベトナム料理の相違は大きくない、ってことなんでしょうか。
と言うか、中国料理の多様性が大きすぎて、カバーエリアが膨大だってことなんでしょうかねえ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-08 12:11
皐月の樹さん、こんにちは。^^
そうですね、中華料理とインド料理のお店って、世界中にありますね・・・特に英連邦の国には多いです♪
客家料理、私もマレーシアで食べましたよ、私の写真友達が客家だったので連れて行ってくれました。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-08 12:12
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
レストランのオーナーさんや従業員は、漢民族と言うよりはベトナム系に見えましたね♪
中華料理と言った方が通りが良いので、中国系を装っていたのかもしれません・・・漢字はヘタでしたしねえ。^^;


<< 文月の桜猫たち      教育中のカナダガン >>