2016年 07月 02日

朝食が美味しいDuisburgの宿

d0353489_15361612.jpg

こちらはブロートヒェンと呼ばれる小さなパンです・・・ドイツでよく見かけるパンですね。
はい、ドイツで最初の朝に食べた朝ごはんのご紹介です♪

d0353489_15364563.jpg

ドイツやフランス、イタリーなどのヨーロッパ大陸の国々では、コンチネンタル・スタイルの朝食が多いですね。
加熱しない加工肉やサラダ、フルーツなどがテーブルの上を飾っております。
暖かく調理した朝ごはんが出てくるのは、英国のブリティッシュ・ブレックファストなんであります。

d0353489_18482875.jpg

コンチネンタルらしく、各種飲み物、フルーツなどが用意されておりました。

d0353489_2115347.jpg

英語で言う"Cold Cuts"ですね・・・ハムやソーセージ、チーズなどの盛り合わせです。
ドイツではもちろんソーセージが美味しいんですが、「シンケン」と呼ばれるハムも、とても美味しかったですねえ♪

d0353489_2128381.jpg

ここは私たちがDuisburgで泊まった"Hotel Ramor"さんです。
全味協ドイツ支部長のアムゼル師匠のお宅からとても近いので選んでみましたが、朝食が美味しかったですねえ♪
ここはその朝食部屋です。
モダンなインテリアなんですが、よく見ると奥には古めかしい伝統的な家具なども置かれておりました。

d0353489_2129398.jpg

私がとってきた朝食です。
黒パンの横に置いてあるのは「ヌーテラ」と言うチョコレートペーストで、ドイツの朝食ではよく見かけます。
これが絶妙な甘さで美味しいんですよねえ・・・ドイツに来ると必ず食べてます♪

また、コンチネンタルと言っても、暖かい料理が皆無なわけではなく、ここでは卵も好きなスタイルで調理してくれます。
また、その場でふんわりとした香ばしいワッフルも作ってくれました・・・写真を撮り損ねたのが残念です。

d0353489_21294069.jpg

このホテル・ラモアさん、こじんまりとした宿で、Expediaで検索すると"Bed & Breakfast"として記載されてます。
でも、ゲストに対するサービスは抜かりなく、到着したゲストには、お水やコーヒーのサービスもあります・・・セルフですけどね。^^

d0353489_21295585.jpg

玄関ロビーにはバラも飾られており、素敵な雰囲気です。
ロケーションは静かな住宅街、スタッフもフレンドリー、朝食は美味しくて豊富、しかも二人で一泊1万円( 朝食代込)を切るお値打ちさ。
とても快適な滞在ができました♪

d0353489_2224038.jpg

こちらは客室に置かれていたお水やワイン・・・あ、これらは有料です。^^;
ちなみに、昨今のドイツのホテルですから全室禁煙です。

d0353489_2130558.jpg

全室禁煙ですが、英国のホテルやB&Bのように「敷地内禁煙」を強制するほど厳しくはありませんでした。
上の写真の右側の玄関の前のテーブルには灰皿が並べられており、喫煙者はここでほっと一息つけるようになっておりました。
5年前に卒煙してしまった私ですが、もしまだ喫煙者だったらうれしかったでしょうねえ♪

d0353489_21311080.jpg

デュイスブルクの中央駅付近のホテルに比べると不便かもしれませんが、駅は例の「三番線」のあるデュイスブルク・グロッセンバウム駅から十分歩ける距離です。
デュイスブルクやデュッセルドルフで宿を探す時には、お勧めできるB&Bですね♪

At the "Ramor", Duisburg, North Rhine-Westphalia, Germany
Olympus Pen Lite E-PL6
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この朝食が美味しいDuisburgの宿をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-07-02 05:00 | Overseas Trip | Comments(22)
Commented by amselstillalive at 2016-07-02 05:47
デユッセルドルフでメッセがある時はこのホテルも一杯だそうです。住宅街の中にあるので静かな事は確実です。奥さまは明け方ナイチンゲールの囀りを聞かれたそうです。アムゼルもこの頃は盛んに囀っており、わたしにとっては人生の愉悦を感じる季節なのであります♪
Commented by Tz at 2016-07-02 06:46 x
こんにちは!
Tzです!ご無沙汰しておりますm(_ _)m
アメブロの時はお世話になりました。
実はこの度、ブログの引越しをいたしました!
心機一転、くだらない話をしていきますので、遊びにいらしてください!
よろしくお願い致しますm(_ _)m
Commented by getteng at 2016-07-02 07:43
blackfaceseep2さん
朝から旨そうなハム各種、パンも美味しそう、これだとビ-ルがほしくなりますね(=^.^=)
ホテル代が1万円とは安い!
というよりも、日本が高いのかも?
Commented by gaku0107boo at 2016-07-02 08:37
おはようございます!
朝はゆったり美味しい朝ごはん!
世界のどこに行ってもこれは至福の時ですよね。

日頃は「お腹に入ればいいや。」なんて、適当に食べてるワタクシとしては、なんとも夢のようなお写真です。
Commented by aitoyuuki32 at 2016-07-02 09:51
落ち着いた雰囲気で
美味しいハムとパンでゆっくり朝食

国が違うと、流れる時間の速度が違うように感じてしまいます
東横インあたりの朝食はせわしいですから^^;
Commented by voyagers-x at 2016-07-02 14:05
こんにちは!!

美味しそうな朝ご飯ですね
自然一杯の素敵な環境に立地されたホテルのようですね
便利屋高級感だけでホテルを選択してはいけないなとヾ(_ _。)ハンセイ…
だけど日本のホテルは高すぎですね
日本人はつい違う価値観を優先させてしまいますね

Commented by li_se at 2016-07-02 15:20
こんにちは
美しく盛られた朝食と落ち着いたテーブル、
どんな高級ホテルかとおもいきやリーズナブルなのですねぇ
旅慣れた方が選ぶ場所と言う感じがしました。
ロビーのバラの飾り方も素敵ですね。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:30
アムゼル師匠、こんにちは。^^
はいはい、このホテル近辺ではナイチンゲールもアムゼルも囀っておりました・・・赤リスも走り回ってました♪
このホテルを定宿にしている方がいらっしゃるとお聞きしましたが、それもよくわかる快適さなんでありました。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:31
Tzさん、こんにちは。^^
おお、ブログを引っ越されましたか。
それではそのうち、訪問させていただきます♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:33
gettengさん、こんにちは。^^
ドイツは肉の加工に長けた歴史があり、日本のものに比べるとすこぶる美味いですねえ♪
日本で「朝食付き二人で一泊1万円以下の宿」・・・あってもこのクォリティじゃないでしょうねえ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:35
岳の父ちゃん、こんにちは。^^
旅行に出かけると、「ゆったり美味しい朝ごはん」、これが最高ですね~♪
とは言いつつも、今回の旅行では駅の中のカフェなどでの朝食も、ずいぶん利用させてもらいましたけどね。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:37
愛と勇気さん、こんにちは。^^
ドイツのホテル、あまり早起きな人はいないようで、6時半に起きた我々はゆっくり写真が撮れました♪
仕事をしているときビジネスホテルに泊まると、ほとんど機械的に朝ごはんを食べていたような気がします。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:39
voyagers-xさん、こんにちは。^^
宿泊場所の選択は、旅行プランの中でも多くの時間を割くべき部分ですね~♪
今はネットで簡単に宿のクロスチェックができるし、宿泊客のレビューも読めるようになりましたのでありがたいです。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-02 16:41
li_seさん、こんにちは。^^
このホテル、お値段がリーズナブルな割には内容がよく、とても満足しました♪
おそらく交通の利便性の点で不利なので、安めの設定にしているんでしょうが、それでもお客さんは結構たくさんいましたよ。^^
Commented by yamaboushi53 at 2016-07-02 19:41
黒顔羊さん こんばんは
素敵なホテルですね。それに美味しそうな朝食、
とてもお洒落なホテルですね。
ドイツパンとソーセージ、食べたくなりました。
宿泊代も安くてびっくりしました。
京都のホテル、朝食付きで15000円(ひとり)ですよ。
Commented by 皐月の樹 at 2016-07-02 22:21 x
おお~、ここはB&Bなのですね~!でもホテル並みの朝食ですね~!
私がドイツ出張で宿泊したホテルでも、こんな朝食風景でした♪
塩味の利いたパンが、美味しかったです!もちろん、ハムもより取り見取りで目移りしました^^;
欧州の宿泊・・・高いですよね~^^;
レーゲンスブルグは、世界遺産という事もあり、どこも1.5万円以上でした^^; 我々が宿泊したところは、お客さんが用意して下さったのですが、2.5万円/泊だったそうです^^;
ミュンヘンではibisがあったので、そこに泊まりました。8000円とお手頃でした♪
ホテル館内で喫煙可能・・・ほとんど見ないですよね~^^;
日本くらいではないかな~?と思います^^;
Commented by iwamoto at 2016-07-02 22:46 x
加熱無し朝食が基本ですか。
ではお昼や夜は如何でしょうか。
暖かいものも食べますか。
Commented by volontaire at 2016-07-03 00:05
お久しぶりです!
ドイツ旅行のお写真、楽しみながら拝見させていただいています!
パン、美味しそうですねえ。
ヌッテラはイタリアで作られたものだそうですよ。
フランスにいた時に私もフランスで食べましたが、美味しいですよね。
日本でも輸入食品のお店で買えるんじゃなかったでしょうか。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-03 08:23
ヤマボウシさん、こんにちは。^^
ウェブサイトで見たときより、本物の方がステキなホテルでしたねえ、ここ。^^
日本のホテルは、最近とても高く感じるようになりました。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-03 08:28
皐月の樹さん、こんにちは。^^
B&Bとホテルの違い、よくわからないときがあります・・・ここは、ホテルを名乗ってましたけどね。
ibisは私も大好きです・・・今回もケルンとハイデルベルクで利用しましたよ、安くてキレイ、駅近です♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-03 09:16
iwamotoさん、こんにちは。^^
朝が忙しいので、加熱調理をしない、ってことのようです・・・基本的にゲルマン系の人々は質素ですね。
もちろん昼や夜は調理したものを食べますが、ラテン系の人々ほど豪快じゃないみたいですよ。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-07-03 09:18
volontaireさん、こんにちは。^^
お~、ヌーテラ、イタリアがオリジナルなんですか、そう言えば語感はイタリアンですよね♪
今回もお土産用に小さな瓶を買ってきました・・・なくなったらネットで検索してみるつもりです。^^v


<< 縦構図なデュッセルドルフ      午後9時の人工池散策 >>