2016年 05月 05日

In 'n Out

d0353489_11421884.jpg





d0353489_11423552.jpg





d0353489_1142561.jpg





d0353489_11433788.jpg





d0353489_11435813.jpg





d0353489_11444275.jpg

先日の5月3日、旗日なので外来診療がなく、がら~んとした病院内でした。
また外は風が強くて変化に富んだお雲の多い空が魅力的でした。

こいつぁ、ハードボイルドな雰囲気なモノクロームの写真でも撮ってみようと思って病院内を徘徊してきました。
横構図は病院内、縦構図は病院外です。
かなり強い風が吹く中、点滴スタンドが倒れないように保持して撮影しているおっさん、これも少々キジルシに見えたでしょうねえ。^^;

病院の中と外を撮ったので"In 'n Out"と言うタイトルをつけましたが、これはJAZZテナーサックスの大御所、ジョーヘンのアルバムですね。
下記、フルアルバムでお届けします♪



1960年代のブルーノートらしい1枚です。
マッコイとエルヴィンを従えたジョーヘン、まごうことなき新主流派のJAZZをやってます。
また、フランシス・ウルフの写真を使ってリード・マイルスがデザインしたジャケットも、まさしくこの時代のブルーノートですね♪

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
このモノクロームな病院風景をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-05-05 11:46 | Lights & Shadows | Comments(8)
Commented by iwamoto at 2016-05-05 12:31 x
病院といえば、やっぱり深夜の病棟が誘われますよね。
是非、'Round About Midnight の暗い廊下を。
(冗談ですからね)

少し歩けるということで、安心しました。

あの頃のデザイン、ひとつのピークでしたね。
輝いています。 音楽も消費の対象ではなかったし。
Commented by 皐月の樹 at 2016-05-05 13:26 x
この空は、そそりますね~v^^
ハードボイルドな仕上げと、このご紹介頂いたナンバーが激ハマりでございますね~♪
この曲・・・もちろん存じ上げませんが^^; なんとも心揺さぶる曲ですね~。
なんだかそわそわしてきます^^;
縦横の切り分け、さすがでございますね~!
それにしても、最近の病院はなんとオサレになったのでしょう~^^;
およそ院内とは思えないモダンな造りなのでございます。
清潔感あふれ、まるでホテル住まいをしているかのようですね。
明治村の赤十字病棟と比べれば・・・^^;;;
因みに、病院でパシャパシャやっていても、スパルタ看護婦さんには目を付けられないのですかね?^^;;;
Commented by j-garden-hirasato at 2016-05-05 14:24
無事、手術も終わられ、
何よりです。
世はGWですが、
院内もウロウロされ、
少しは気晴らしになっているようですね。
早期退院を、
お祈りしています。
Commented by ひろちゃn at 2016-05-05 17:56 x
 いや~、殺しても死なない感じなので大丈夫のようで・・・。
 僭越ながら、私もGWが無いような仕事で深夜12時まで会社に缶詰め状態です。他にも協力会社の人(女性も含めて)がお休み返上です(家庭、大丈夫かいな?)。
 入院を逆手にとってハードボイルドに仕上げるあたりは、流石ですね。私もJAZZが好きで”ブルーノート”はすこぶる大好物なので反応してしまいました。

 闘病は、辛いでしょうが焦らずゆっくりで。あえて「頑張る」は言いません。
 
Commented by amselstillalive at 2016-05-05 18:42
退院に向け一歩前進ですね♪しかし、たしかに点滴スタンドを引きずりながら撮影とは他者の目にはナニに見えることでありましょう。また、せっかく貼っていただいたジョーヘンですがドイツでは例によって視聴不能であります凹凸
Commented by getteng at 2016-05-05 20:50
blackfacesheep2さん
病院内をくまなく探検するのも面白いかも。
愚生の場合は、入院室のある廊下に限られていました。
それも最後の5~6度目の入院時しかカメラは持ち込みませんでした。
次はちゃんと準備して入院しましょう0(^_^)0
Commented by eureka_kbym at 2016-05-05 22:27
ご入院されている間の記事を時折拝見させてもらっておりました。お加減はいかがでしょうか。
あちこち歩いている姿に、感動すら覚えます。
そして何より、どんな場所でも絵にしてしまうところが、さすがです。いやはや、もう撮る場所なんてない!などと言ってられませんね。
Commented by korekazu at 2016-05-06 14:11
なんともフォトジェニックな病院、いや病院ですらフォトジェニックに撮りあげる黒顔羊さんの感性に脱帽です。
もし何かあって病院へ行かなければならないとしたら私もここに通院したいくらいです(笑)。


<< 厄除け祈願に励むクマの大権現      雨の病室で憩う光蜥蜴 >>