2016年 05月 02日

暮れなずむ皐月の空中庭園

d0353489_20293423.jpg





d0353489_20294886.jpg





d0353489_2030794.jpg





d0353489_20302581.jpg





d0353489_20311161.jpg





d0353489_20313164.jpg

4/26(火)に最後の更新をしてから6日ぶりに更新です♪
私の胆嚢摘出手術は、4/27(水)の夕方に無事終了・・・いわゆるラパロ( Laparoscopy)、腹腔鏡手術です。
従来の開腹手術に比べると痛みが少なく、治りも早く、傷が目立たないなど、患者にとってメリットのとても多い手術です。

ところがぎっちょん・・・手術直後の4/28(木)の午前中はゾンビ並みの活きの悪さでした。
酸素マスクは付けられてるし、尿道カテーテルは入れられてるし、エコノミー症候群を防ぐために強制的に足を動かす機械は付けられてるし。
何より、切られたところが痛くてたまらんかったんであります・・・は、話がちがうじゃないかっ。。^^;

私の生徒のアメリカ人たちも、能天気なことを言って励ましてくれたよなあ・・・
「センセ、アメリカじゃ、ラパロは一泊二日だよ、Take it easy, サヨナラ fuckin' gall bladder!」って。^^;
やはりコーカソイドは、体力的にモンゴロイドに優越するのかも・・・ランボーとかね。^^;
でも・・・おなかに穴ぼこ、3つも開けられてたら、痛くないほうがおかしいと思うんだけどなあ・・・
あ、どーせわたしゃヘタレですけどね。^^;

さらに外科のナースさんは、術後の翌日の朝から、なかなかにスパルタンなことをのたまわれるのですよ。
「おしっこの管、抜きますからね、自分の足でトイレに行ってね~」とか、
「少しずつ歩かないと、回復が遅れるから、今日の午後はできるだけ歩いてね~」とか、
「男の人は、女の人より痛がりだからね~・・・(お産の痛みに比べれば、ってことかな^^;)」などと言われてしまいました。(涙)
しょうがないので・・・術後翌日の午後からは、歩いてきました・・・意外と歩けるのでびっくりでした。^^

見舞いに来た相方に、摘出された私の胆嚢ちゃんの写真を見せてもらいました。
執刀医に「手術は無事成功しました、これがご主人の胆嚢と胆石です・・・お写真、撮りますか?」と聞かれたそうです。
相方のスマホには、しなびた蛸のような胆嚢と小さめの粒胡椒サイズの胆石が2粒、写っておりました。
ぐぬぬぬぬ・・・こいつらかぁ。^^;

さて、今日で手術が終わって5日経過・・・ゾンビはかなり人間に近くなってきました・・・
と言っても、体感的にはまだ25%ぐらいの回復具合かな。
まだ炎症が残っているのですよ・・・お腹にはドレーンの管も刺さったままで、時々膿が出ます。
痛みも時々あるのでロキソプロフェンは手放せません。

でも、なんとかブログ投稿できるくらいまでには回復してきました。
今日の写真は、本日の夕方に撮ったものです・・・私の入院先の病院、3階の屋上が空中庭園になっているんですね。
久しぶりに戸外に出られ、皐月の風を感じながら撮影ができ、とても幸せでした。
でも、点滴スタンドをぶらさげながら写真を撮っているオッサン、かなりの不審者に見られていたんじゃないでしょうか。^^;

私はなんとか生きてます。
応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
皆様の激励がどれほど勇気を与えてくれたことでしょう・・・心から感謝申し上げます。
コメントをいただきた皆様にレスを付けたり、それぞれのブログご訪問できるほどの回復はしていないので、とても申し訳ないです。
本当にごめんなさい。
あせらずじっくりと静養させていただきます・・・なんせ還暦オヤジですから。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この暮れなずむ5月の空中庭園をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-05-02 19:40 | Seasonal Image | Comments(21)
Commented by hoshinamiho at 2016-05-02 22:34 x
あぁ〜〜よかった〜〜( ・ ̫・)
何とかお元気そうで…。
この後もしっかり用心して
お大事にされてください☆

それにしても。
点滴の袋すら
美しく切り取られていて♡︎(°´ ˘ `°)
さすが師匠です☆
Commented by ffan940 at 2016-05-02 22:38
復活、おめでとうございます。
これで無事に還暦を過ごせそうですね、安心しました。
しかし、入院してなお写真を撮る!凄いですね~私にはできそうにないです。
軽量小型のミラーレスのおかげでしょうか?道具は大事ですね。
Commented by pikorin77jp at 2016-05-02 22:52
手術成功 おめでとうございます。
投稿される日を お待ちしていましたが 今 みました。^^
よかったです~~~ 後は時間の問題ですね。^^
Commented by volontaire at 2016-05-02 23:17
手術無事に終わったようでよかったです。
また色んな写真を見れることを楽しみにしていますが、今はそういうことを考えず、ゆっくり養生なさってください。
お大事に。
Commented by miyabine at 2016-05-02 23:19
生きてたね~。良かった良かった~。^^
不審オジサンの病院写真、しばらく楽しませてもらえるのかな?
何はともあれ、無事?の生還おめでとうさんです~。^^
Commented by film-gasoline at 2016-05-02 23:30
なんとそんな酷い目にあっていたんですか!
おれが師匠の仇をとってやるじょ~! 
でも、悪さしたのは胆嚢^^;
とりあえず、手術成功おめでとうございます(^^)v
もうこんな素敵な写真を撮れるのですから、順調に回復している証ですね^^
油断せずにゆっくり休んでくださいね~。
Commented by golden_giraffe at 2016-05-02 23:44
まずは手術の成功おめでとうございます。
近いうちに「退院しました」のエントリーが届くのを
お待ちしております。
くれぐれも無理なさらぬよう、お大事にして下さい。
Commented by gaku0107boo at 2016-05-02 23:49
こんばんわ!手術の成功とともに、ブログ復帰、おめでとうございます。
ワタクシはこれといって大きな手術はしたことないのですが・・・、やっぱり痛いですか。(汗)

私の番になったら、・・・怖~い。
私もヘタレであります。(汗)
Commented by jpn2282 at 2016-05-02 23:50
手術の無事終了おめでとうございます。
粒故障いや胡椒サイズが2個、ですか。
憎き奴らもそんなに小さいとは拍子抜けですね。
薫風の中、しばしの養生とご自愛を。
Commented by 皐月の樹 at 2016-05-02 23:56 x
お待ちしておりました~!
快方に向かわれているということで、何よりです♪
手術も成功とのことで、万々歳ですねv^^
なんと、これは今日の撮影でしたか~!病院の屋上に庭園・・・粋ですね~!
点滴ぶら下げながらの撮影、フォト魂でございますね!魂は20代!^^;
でも、くれぐれも無理なさらずに~!
ゆっくり静養してください。
看護婦さんのスパルタに・・・負けず^^;
第一声を聞けて、ホント、良かったです!
Commented by renchiyan3 at 2016-05-03 04:39
おはようございます
何はともあれ退院おめでとうございます やはり話と実際は違
うこと多いみたいですね
Commented by serena-k-sk-1958 at 2016-05-03 06:39
おめでとうございます!
僕も以前腹腔鏡手術で胆嚢胆石を撮りました。これからは胆石が暴れる心配もなくなって、安心ですよ!痛みもすぐに取れると思います。しかし、看護婦さんはいずこもスパルタですね〜(T ^ T)
Commented by ichizo77 at 2016-05-03 06:57
写真が撮れるまで回復されて本当に良かったですね。
リハビリの先生に誉められるぐらい撮りまくってください(^^)
Commented by border72 at 2016-05-03 08:11
おおー、手術成功おめでとうございます。
で、スパルタンな看護師さん。(^^;)
私は虚弱なくせにこれまで、手術はおろか入院も一度も体験しておりません。点滴すらもこれまでの人生で二度だけです。
これからどこか悪くなって手術しなけりゃならんことにでもなったら、きっとギャーギャー騒いで、嫁にあきれられるんだろうなと。(笑)
Commented by cobag2 at 2016-05-03 09:34
お帰りなさいませ^^
それにしてもこのバイタリティは・・・!
ここまで客観的にご自分を観察されるコンジョーとそれを
レーセーに伝える文章力にある意味呆れております(笑)。
これなら大丈夫!の感を強く致しました、スパルタンなナースに
お会いしてみたい、ケアしていただきたい、って私はMか?^^;
Commented by getteng at 2016-05-03 12:11
blackfacesheep2さん
さすがですね!
チュ-ブで繋がれた状態で活躍されているとは驚きです。
しかも、カメラやPCを病室に持ち込んで更新するブロガ-精神には感服ですよ(●^.^●)
早く回復、退院されますように・・・。
Commented by movin0 at 2016-05-03 13:50
何はともあれ手術の無事成功おめでとうございます。
まずはゆっくり休まれて、また素晴らしい写真で楽しませてくださいね。
遠くから祈っております(^^♪
Commented by yamaboushi53 at 2016-05-03 16:47
黒顔羊さん こんにちは
よかった!よかった!
手術成功、おめでとうございます。
私も声帯ポリープ摘出手術を6年前にしましたが、全身麻酔でのオペでした。意識が戻ったときは集中治療室の中、体にたくさんのチューブとコードが付いていました。看護師さんから「声を出してはいけません。」と言われ、全て筆談でした。
体力が回復して、私もこの空中庭園をよく歩きました。家の方角を見ては、子どものように「お家へ帰りたい。」と退院の日を指折り数えていました。
黒顔羊さん、術後、あまり無理をなさらないように、しっかり静養されてください。
Commented by denden5603 at 2016-05-03 17:39
こんにちは。
手術成功、おめでとうございます。良かった、よかった。
お写真を拝見して、写真を撮る歓びを感じます。
無理せず、ゆっくりとご静養されてください。
Commented by monopod at 2016-05-05 00:36
おめでとうございます^^
僕の胆嚢は大きなうずら卵ぐらいありました(爆)
当時は何年も続いた七転八倒の苦しさ(原因不明でした)から開放されて嬉しかったですねぇ。
予後は問題ないと思いますが、僕はケロイドになっちゃいました(体質らしいです)。
5枚目、面白いですね。最初わからなくて考えてしまいました(笑)
Commented by kenzo at 2016-05-05 08:52 x
手術ご苦労様でした!
無事終わったとのことで安心しましたよ。
以前、私の母が肺がんを患い(完治)手術しましたが、術後に痛いと言ってたのを思い出しました。
そりゃ肺の一部切り取りゃ痛いよね…と口喧嘩する事が多い母に同情的になりました。
黒顔羊さんも痛くて当然です。
ゆっくりお休み下さい^^
コメントレス不要ですー


<< パジャマで入れるレストラン      忘却の青空 >>