2016年 03月 04日

大地に帰りつつある廃屋

d0353489_2241233.jpg




d0353489_2285145.jpg




d0353489_229967.jpg

良く晴れた冬の日に、ひっそりと林の中で崩壊しつつある廃屋・・・
家具や電化製品などの生活雑貨が、崩れた材木に混じって残っておりました。
かつてはここにも人の営みがあったのでしょうね、
もうすぐ春だというのに、哀愁ちょちょぎれる風景なんでありました。

愛知県みよし市にて
LUMIX DMC-GM5
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この崩れゆく廃屋をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-03-04 05:00 | Rusty Scene | Comments(14)
Commented by iwamoto at 2016-03-04 09:59 x
ある年齢、それは人によって様々ですけれど、自分がこの廃屋のように思われる時が来るんでしょうね。
みなさん、若いうちにたっぷり遊んでくださいね。
年寄りからの伝言でした。
Commented by voyagers-x at 2016-03-04 10:29

おはようございます!!
人知れず、ひっそりと廃屋になり長い年月をかけて土に帰るのかもしれませんが.......
この廃屋の中に白骨死体が...... なんて事はないのでしょうか。落ちている本の一節を声を出した読んで、
それが霊を蘇らせる呪文にならないだろうか.......ホラー映画の見過ぎです^_^;
Commented by いちご at 2016-03-04 10:43 x
廃屋、こういう光景が増えてくるのかなぁ~・・・と、いろいろ考えてしまいました。
家って誰も住んでいないと、どんなに綺麗な家でも朽ちてしまいますね。
不思議です・・・
やっぱり家も呼吸しているからなのでしょうね。
わが町にも、こんな光景・・・ものすごくたくさんありますよ。
過疎が進む町!ですから^_^;
Commented by getteng at 2016-03-04 12:22
blackfacesheep2さん
数度試みましたが、busyなのかコメント入力がはねられましたo(^_^)
朽ち果てていくものの哀れさと、写材としてもありがたさ!
時々、これらが元の姿に戻れば面白いと考えてしまいます。
家電に使われた鉄や非鉄は鉱石に戻るとか・・・人間はどうなるんでしょうね?
Commented by movin0 at 2016-03-04 19:33
この廃墟はすごい。哀愁が感じられます。
子どもの頃の山で遊んでいた頃を思い出しました。
この廃墟には猫ちゃんいないようですね。
Commented by 皐月の樹 at 2016-03-04 21:23 x
これはまた見事な荒廃ぶりでございますね~^^;
人が住まなくなって、かなり時間が経つのでしょうかね?
トタンが錆びて、柱が折れ、暮らしが夏草に埋もれていく姿は、涙なしでは見れませんね~^^;
ブルーシートが更に切ないのでございます。
枯れススキが見つめる様子もまた、寂しそうでございます~^^;
Commented by volontaire at 2016-03-05 01:40
この廃墟も、何年か前には人が住んでいただろうに、もうこんなになってしまって。
諸行無常を感じます。
案外、まだ住んでたりして^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 08:59
iwamotoさん、こんにちは。^^
いや~、おっしゃる通りです・・・今年、還暦を迎えますが、若いころとは明らかに違うと思わされることばかりです。
無理が効かなくなりました・・・ちょっと前までは何ともなかったのに・・・情けない~。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:05
voyagers-xさん、こんにちは。^^
なはは、廃墟写真を趣味にしている人は、ときどきとんでもないものに、に出逢うこともあるそうですね。
うちの近所の定光寺にある老舗料亭「千歳楼」の廃墟から、白骨死体が見つかったのは・・・4年ほど前でした。^^;
http://ameblo.jp/kamomett406/entry-11905165374.html
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:06
いちごさん、こんにちは。^^
おっしゃる通り、人間が住まなくなると、住宅の劣化って驚くほど速いですよね。
過疎が進む町ですか・・・私は結構好きなんですよね、優しい情緒が残っていますからね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:08
gettengさん、こんにちは。^^
最近のエキブロ、反応がイマイチよろしくないようです・・・ご迷惑をおかけしてすみません。
私も時々、ドラえもんのタイムテレビがあれば面白いなあと思うときがあります・・・この家の昔も見てみたいです。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:10
ムービンさん、こんにちは。^^
誰も住まなくなって幾星霜・・・ある日突然、ぐしゃっと倒れたって感じでしたね。
残念ながら、この廃墟では猫ちゃんに遭遇しませんでした・・・餌やりさん、来ないしなあ、このあたり。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:12
皐月の樹さん、こんにちは。^^
ほんとほんと、実に見ごたえのある荒廃ぶりで、さすがにおっかなくて中まで要は要りませんでした。^^;
枯れススキ・・・はい、ススキ―ノさん向けのサービスカット・・・じゃないんですけどね、あはは。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-05 09:13
volontaireさん、こんにちは。^^
そうですねえ、めちゃくちゃに古いわけではなさそうですが、見事に壊れてました。
さすがにここまで破壊されていると、住むのは難しそうでした。^^;


<< 春を待つガス灯      古民家のひな祭り >>