2016年 03月 01日

猫が多めな瀬戸の動物たち

d0353489_2283955.jpg

先日のヒナミッドがあった「瀬戸蔵」、瀬戸特産のセトモノもいっぱい販売されています。
これは陶器でできた招き猫ですね。
瀬戸は常滑同様、陶器の招き猫の特産地でもあります。^^

d0353489_22102193.jpg

こちらはヒナミッドに置いてあったかわいらしいウサギの三人官女と五人囃子です。

d0353489_2211779.jpg

こちらも招き猫の吊るし雛ですね。^^

d0353489_22114314.jpg

もいっちょ、招き猫さん、行ってみよう~♪

d0353489_22125267.jpg

瀬戸蔵を出て、瀬戸のアーケード商店街へ・・・
お~、ここの吊るし雛は亀さんのようでした。

d0353489_22132434.jpg

こちらはおさかな・・・オコシモノと呼ばれる愛知県特有の食品の型です。
桃の節句に供えられる和菓子の一種で、熱湯でこねた米粉を鯛や扇などの木型に入れて成型し、蒸し器で蒸しあげた後に食紅で着色するものです。
味付けはしないのが普通ですから、そのまま食べても美味しくはなかった思い出があります。^^;

d0353489_221478.jpg

またしても亀さんですね。

d0353489_22142691.jpg

こちらはシーサー・・・かな?
獅子だそうですから、猫科ですね。^^;

d0353489_22154284.jpg

はい、こちらは窯垣の小径で出会ったリアル猫さんです。
鈴をつけてますから、飼い猫さんのようでした。

d0353489_22161177.jpg

この猫さん、とても愛想が良かったです。
同行したジャイアンさんが手を差し伸べると、すりすりと寄ってきました。
私が手を差し伸べると・・・肩に乗ってきましたよ↓、あはは。^^;

愛知県瀬戸市にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この窯元の椿まつりをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ





同行したジャイアンさんに撮ってもらいました。
MFの90mmでこのタイミングで撮れるとは・・・素晴らしい技術です♪
ジャイアンさん、どうもありがとうございました。

d0353489_7521425.jpg

[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-03-01 05:00 | Cats & Animals | Comments(18)
Commented by getteng at 2016-03-01 07:56
blackfacesheep2さん
貴兄も、可愛いものを撮るんだ(◎_◎;)
瀬戸、伊万里等々陶器づくりの里は写材も豊富で楽しそうですね。
Commented by voyagers-x at 2016-03-01 10:07
おはようございます!!
招き猫、いろいろな種類がありそうですね
僕には今のところ特別なコレクターアイテムはありませんけど
うーん、何か大きくなくて集めて飾って楽しいものがいいですね
招き猫なんてすてきかも^_^;
Commented by jikomannte at 2016-03-01 12:31
ゆったりした時間が感じられる旅写真、良いですね。
私も早く明るい単焦点が欲しいですね。
Commented by iwamoto at 2016-03-01 14:09 x
瀬戸市は海に面してないのに、その名の理由は何でしょうね。
その言葉は一般的なので、「瀬戸内海」という言葉も成立する。
子供の頃に、「セトモノ」とは瀬戸内海に面した窯業の盛んな街の産かと思っていました。
木製らしい亀さん、アゴのところを怪我しているようですが、素晴らしい造形ですね。
ネコちゃん、たくさん見せて頂き有り難うございました。
Commented by gohda_takeshi at 2016-03-01 14:25
お~~!黒顔羊さん 私のブログのご紹介ありがとうございます~~!!私の手も写ってるし(笑)

3枚目のつるし招き猫~!!私も撮りました~~!!(笑)まん丸でとても可愛らしかったですよね。

今回は初瀬戸の街散歩、連れてっていただきありがとうございました。とっても楽しかったです。
しかし、あの猫ちゃん黒顔さんには特になついちゃってめっちゃ可愛かったですよね~(^_-)-☆
Commented by 皐月の樹 at 2016-03-01 22:04 x
陶器の猫ちゃんから始まり、瀬戸の招き猫ちゃんシリーズ♪
・・・と思いきや、なんと最後はリアル猫ちゃんまで!まさに猫尽くしですね~!
商店街のカメの吊るし・・・これは何かの縁起物でしょうかね?
カメ・・・金?^^;
いえ、実は、先日こちらのアーケードにもカメの吊るし物があったので、なんだか気になりまして^^;
今度、調べてみます~^^;
ジャイアンさんのショット、ナイスパパラッチですね~!
黒顔羊さんの表情が、とても幸せそうです!
これぞ写真の王道でございますね~!
Commented by hoshigaoka at 2016-03-02 01:02 x
こんばんは!

ああ!この猫ちゃん知ってますよ(笑
僕も窯垣の小径で遭遇しました^^)
人懐っこくて招き猫のように可愛いですよね♪

おこしもの、瀬戸ではメジャーみたいですね。
瀬戸の友達の話では、一般家庭でもこの季節に作るらしいですよ~。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:23
gettengさん、こんにちは。^^
あはは~、赤錆物件だけでなく、可愛らしいものも普通に好きですよ、撮りますよ♪
おっしゃる通り、陶器づくりの里は、どこもフォトジェニックな風景が広がってますね。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:25
voyagers-xさん、こんにちは。^^
おお、良いところに目を付けられましたねえ、招き猫って結構バリエーションが多く、コレクションするには好適かも♪
うちでは、ニワトリとフクロウの人形を集めてます…世界中のものが集まってきていますよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:27
jikomannteさん、こんにちは。^^
旅行での写真は、標準画角のレンズが使いやすいですね♪
この25mmはF1.4と明るいですが、1/16000まで使えるGM5だと日中でも絞り開放で撮れますね。^^v
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:29
iwamotoさん、こんにちは。^^
ううむ、おっしゃるとおり、海に面していないのに瀬戸とは・・・面妖ですよね。
セトモノの歴史はかなり古いようなので、古くからその名前で呼ばれていたんだと思いますが、由来を知りません・・・調べて見なくては。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:31
ジャイアンさん、こんにちは。^^
あはは~、手タレとしてのご登場、どうもありがとうございました♪
また、窯垣の小径で出会った猫ちゃんとのツーショットもありがとうございました。^^
せっかく高解像度の写真まで送ってもらったのに、まだ変えてません・・・そのうち変えますね。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:33
皐月の樹さん、こんにちは。^^
うんうん、以前、「瀬戸の招き猫」シリーズはやった覚えがあります♪
亀は中国文化では重要な意味のある動物のようですね、その影響を受けた韓国や日本でもよく見かけるアートモチーフじゃないでしょうか。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:35
hoshigaokaさん、こんにちは。^^
おお~、この猫ちゃん、窯垣の小径で遭遇されましたか、とってお友好的な性格のようですね。^^
へ~、おこしものって瀬戸ではメジャーなんですか・・・名古屋だけかと思ったらそうでもないんですね♪
Commented by cobag2 at 2016-03-02 23:01
確かにニャンコが多いですね!
それより流石のsummiluxの描写にびっくりポンです^^
換算50mm/1.4ではなくf/0.95くらいかと思うような
描写ではないでしょうか?
すみません、レンズネタばっかりの書き込みで・・・(汗;)。
Commented by monopod at 2016-03-03 00:03
こりゃ可愛いわ(^▽^)
猫好きなんでほっこりしちゃいますよ〜
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-04 09:10
cobag2さん、こんにちは。^^
このSummilux、いわゆるパナライカですからお値段も安くてお手頃なレンズですが、描写は良いですよね。^^
フルフレーム機でも暗いズームレンズだと、このレンズに被写界深度の大きさで負けますよ。^^
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-04 09:12
monopodさん、こんにちは。^^
あはは~、こんな子が散歩道に出てきたらたまりませんよね。
私も撮影の手を止めてなでまくってきました♪


<< 晩冬の修道院      窯元の椿まつり >>