2016年 02月 17日

哲学的な気分になれる冬の散歩道

d0353489_20374053.jpg




d0353489_2038147.jpg




d0353489_20382895.jpg




d0353489_20385841.jpg




d0353489_20391994.jpg




d0353489_20394851.jpg




d0353489_2040628.jpg




d0353489_2041265.jpg




d0353489_20412649.jpg

近所にある野辺を撮ってみました。
錆びれた雰囲気が好きで、時々散歩するコースです。
冬枯れした雰囲気が素敵だったので、Adobe Lightroomで少々盛ってみました。

まずはグレースケール化し、その後スプリットトーニングでハイライトにブルー系、シャドウにセピア系を入れ、明瞭度をあげてやりました。
うむ~、実に寒々とした雰囲気になりましたねえ・・・苦虫をかみつぶしたような顔をして散歩すると似合いそうです。^^;

でも、実際にこの時は南からの低気圧が近づいていたおかげで、とっても暖かでした・・・18度ぐらいあったんじゃないでしょうか。
写真とは真を写さない、このことなんであります。^^;

愛知県みよし市にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm/F2.8 (Model A09IIN)

☆ブログランキングに参加しています。
この冬の散歩道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・下のボタンをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-17 05:00 | Seasonal Image | Comments(24)
Commented by korekazu at 2016-02-17 05:05
これまたなんともフォトジェニックなスポットですねぇ。
色調もまたなんと表現してよいやら、黒顔羊さんの真骨頂ですね。確かに頭をかかえて思索にふけるしかないような緊迫感漂う雰囲気を醸し出しています。
Commented by voyagers-x at 2016-02-17 09:20
おはようございます ! !
モノクロにすると少しだけ非現実的なテイストを帯びてきて
精神的な味付けがそこに加わり
味わい深く、少し異質で惹きつけられる光景になってくれますね
外国の冬の寂しい光景の雰囲気にも見えてきますね
モノクロって、やっぱり一番冬が似合うのかな......
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 10:16
korekazuさん、こんにちは。^^
うちのあたりは25年ほど前に開発されたニュータウンなんですが、その周りにはまだこういう田舎の風景が広がっているんですよ。
Adobe Lightroomは、白黒写真に簡単に着色ができるので、温黒調・冷黒調・発狂系など、その時の気分に合わせてチューン具ができて楽しいです♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 10:19
voyagers-xさん、こんにちは。^^
最初はカラーで仕上げたんですが、どうもあの侘しさが出ない・・・お~、モノトーン化すればいいんだ・・・と思ってやってみました。
カラーに比べるとモノクロは非日常感を出しやすいですよね・・・でも、もう少しビザールな雰囲気を出したいので着色しました。^^
Commented by 皐月の樹 at 2016-02-17 11:33 x
今日のタイトルから、京都東山の哲学の道を思い浮かべました~♪
でも、こちらの方がより哲学的な想いにふけれるような気がしますv^^
タイヤを失った猫車・・・強い哀愁を感じますね~!
高架のコンクリートの汚れ具合も、味わい深いのでございます。
こういう景色は、冬枯れした草がと木立が実に合いますね~v^^
それにしても、この空の存在感はハンパないですね~!
なるほど、暖かい空気が入って来ていたのですか~。
湿った空気が作る雲でしょうかね。
しゃしんは、やっぱり写心でございますね~^o^
Commented by getteng at 2016-02-17 12:30
blackfacesheep2さん
Really impressive work!
Commented by いちご at 2016-02-17 16:15 x
こんにちは。
モノクロだと、すごくいろんな事を想像してしまいます。
「この道、どこに続いているんだろう・・・」って。
素敵なお写真ばかり・・・冬ってモノクロが似合いますね♪
冬の散歩道♪サイモン&ガーファンクルの曲♪
今、お写真を拝見しながら、私の頭の中で流れています♪
Commented by gohda_takeshi at 2016-02-17 16:31
1枚目!めっちゃかっこいいです~!!まさに哲学を感じる愛知版「哲学の道」って感じですね(^_-)-☆
Soul Eyesのタイトルに使っているお月様がシンクロして余計に素敵なのであります。

先日暗雲立ち込めるなか写真を撮ってきましたが、これもやはりコントラストをあげてモノクロにして現像しました(笑)
Commented by ペンタスキー at 2016-02-17 16:57 x
こんにちは。
何だか遠い昔に見た事のありそうな、
そんな雰囲気になりますね!
でも、空の感じは何かが起こりそうな雰囲気もします!!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 17:04
皐月の樹さん、こんにちは。^^
京都の哲学の道も、昔はそんなにこぎれいな道ではなく、疎水べりの孤独な道だったそうですね。
哲学的な気分になるためには・・・やはり北風が吹き、錆系の置いてある場所が似合うのですが・・・ちょっとこの日は暖かすぎました。^^;
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 17:07
gettengさん、こんにちは。^^
Thank you so much for your hearty comment.
I love this deserted atmosphere typically found in mid winter!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 17:10
いちごさん、こんにちは。^^
色を抜くと非現実感が強くなってきますよね・・・この道、魔界に続いているんですよ、なんて言いたくなってしまいます。^^;
そーそー「冬の散歩道」と言えばサイモン&ガーファンクルの名曲ですよね、今度は”Sound of Silence"ってタイトルの写真を撮ってみるかなあ♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 17:13
ジャイアンさん、こんにちは。^^
このブログのバナーの満月、ちょっと不気味な雰囲気なので、こういう写真にはぴったりの禍々しさなんですよね。^^;
お~、暗雲立ち込める中のお写真、ハイコントラストなモノクロにしされましたか、大正解だと思います、色は邪魔ですよね、こういう雰囲気だと♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 17:15
ペンタスキーさん、こんにちは。^^
うんうん、「遠い昔に見た事のありそうな不気味な景色」を目指してポストプロセスしましたよ。^^
冬はこういうドラマチックな雲が出てくるので、曇りの日でも撮影が楽しいですよね♪
Commented by iwamoto at 2016-02-17 19:32 x
サイモン&ガーファンクルですね。
The sky is hazy shade of winter.
Commented by movin0 at 2016-02-17 20:19
どの写真も絵画を見ているようで、堪能しました。
逆に色がついたらどんな感じなのだろうと想像し楽しめました!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 21:06
iwamotoさん、こんにちは。^^
あはは、やはり「冬の散歩道」と言えば、対句のようにS&Gの名前が出てきますよね。
You Tube貼ろうかと思ったんですが、あれ、結構アップテンポなので写真に合わず、諦めました・・・もっとゆるいテンポのほうが合いそうな景色でした。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-17 21:10
ムービンさん、こんにちは。^^
古い欧州の銅版画のような雰囲気に仕上げたかったので、うれしいコメントです、ありがとうございます♪
色がつくと・・・ここまで寂しい雰囲気にはならないかもしれませんね。^^;
Commented by cobag2 at 2016-02-18 21:45
ガーーーーーン!と物凄いインパクトで身体が震えております^^;
どのお写真も目からウロコ状態で拝見してますが特に 2、3、5 枚目から目が離れず先へ進めません、
何とか少しでも近づけるようにガンバリま〜す(笑)。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-19 09:39
cobag2さん、こんにちは。^^
うちの近所には、まだこういう風景が残っております・・・いかにも冬と言うインパクトに溢れておりました♪
Adobe Lightroom、いいですよ~、直感的に使えますし、オリジナルデータは非破壊ですから安心です。^^
Commented by cobag2 at 2016-02-19 10:05
おはよ、うございます
再書き込みにて失礼をば、
LR は私も使っておりますが古いiMacとの相性が悪いのでしょうか4にアップグレードしてからと言うもの
編集したあとの書き出しで加工処理した画像の結果が正しく反映されなくなりました。
そちらはそんな事はなさそうですね^^
アドビのスタッフに問い合わせをしても旨く解決せず結果、Nik など他のソフトのプラグインソフト化してます、ヤレヤレ。
そんな訳で6cc への移行を躊躇っております、来週のCP+でアドビのブースへお邪魔して来ようかと思ってます。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-19 11:21
cobag2さん、こんにちは、再訪ありがとうございます。
おお、Lrはすでにお使いでしたか、失礼しました。
私はPhotoshop CCとペアリングされたプランでLrを使ってます・・・ほとんどLrしか使いませんけどね。^^;
Photoshopを持ち出すのは、邪魔な背景を消したりする大技の時ぐらいです。^^;;;
Commented by eureka_kbym at 2016-02-19 18:44
これモノクロなんですね。
色を感じます。でも、枯れ果てていくなかにあるかすかな色合い。自分の好みど真ん中です。
特に最後の一枚はたまりません!
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-19 20:11
eureka_kbymさん、こんにちは。^^
そうなんです、いったんモノクロにして、ハイライトとシャドウにそれぞれ微妙に寒色と暖色を入れてみたんですね。
単なる白黒だと、あまり荒涼とした雰囲気が出ないんですが、ちょっと色を入れることで、俄然、荒れ果てた印象になるから不思議です。^^;


<< バリの廃墟に生息する光蜥蜴      原色「桜猫」図鑑 - 厳冬編 >>