2016年 02月 01日

時の流れが止まったお店にて

d0353489_20234215.jpg




d0353489_2024065.jpg




d0353489_20242279.jpg




d0353489_20244397.jpg

昨日の赤錆廃車から打って変わって、今日はキレイメ写真です。^^;
名古屋のセントラルパーク沿いの久屋大通を歩いていると、いつも気になるお店を撮ってみました。

ここは"Qazari"と言うお名前のドレスとジュエリーのお店なんだそうです。
エドワーディアン、アールデコ、ベルエポックなど、古き良き時代のヴィンテージな雰囲気を取り入れたドレスやアクセサリーがコンセプトなのだとか。
なるほど・・・この時間の流れが止まったような雰囲気、私のツボを直撃してくれるわけです。

19世紀中旬から20世紀初頭にかけて・・・時代で言えばヴィクトリアンやエドワーディアンなものは大好物です。
特に英国におけるラファエル前派やアーツ・アンド・クラフツなステンドグラスが大好きで、そのために英国旅行を繰り返しウェブサイトまで作ってしまいました。^^

こういうレトロ系と赤錆、どちらも共通点があります・・・古き良きものへ愛情、効率重視への抵抗、滅びの美学なんであります。^^
なので、赤錆写真を撮りつつも、こういうキレイメ写真も撮り続けるんであります♪

名古屋市東区東桜一丁目10番40号 "Vintage Wedding Style Qazari"にて
LUMIX DMC-GM5
Leica DG Summilux 25mm/F1.4


心象風景写真 ブログランキングへ


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
[PR]

by blackfacesheep2 | 2016-02-01 05:00 | Still Life | Comments(14)
Commented by korekazu at 2016-02-01 05:23
赤錆であってもどこかスマートでオシャレな感じがいつもします。
黒顔羊さんの撮られる作品に通底する個性かと思います。
同じものを私が撮れば泥臭くなるでしょう(笑)
Commented by jikomannte at 2016-02-01 08:41
レトロ系のキレイメ写真、切り取りセンスと柔らかい暈け、歪みのなさ、
三拍子揃ってますね。

Commented by voyagers-x at 2016-02-01 10:03
おはようございます!!
時間が止まってる、あるいは普通の時間の何倍も遅く時間が流れてるみたいな
素敵な雰囲気ですね
レトロって、時々安心感を与えてくれますね
優しい気持ちにさせてくれます
現代人の時間に追われるせっかちさを癒してくれるみたいな雰囲気
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-01 11:00
korekazuさん、こんにちは。^^
あはは、スマートでおしゃれな赤錆・・・う~ん、そうなんでしょうかねえ、よくわかりません。
でも、できるだけキレイに撮ってあげたいとは思ってるかもしれませんね♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-01 11:02
jikomannteさん、こんにちは。^^
GM5にこのズミルクス25mmを付けると少々大きいんですが、それでも許容範囲です。
APS-Cのカメラで35mm/F1.8のレンズを装着して撮るのと同じボケが出ますね、サイズははるかに小さいのに♪
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-01 11:04
voyagers-xさん、こんにちは。^^
写真を撮るのが好きな人の中には、レトロなものばかり狙っている人も多いですね。^^
私はカメラもレトロなものが好きで、いまだにフィルム写真ブログも毎日更新しておりますからねえ、根っからの古いもの好きなんでしょうね。^^;
Commented by London Caller at 2016-02-01 17:50 x
>特に英国におけるラファエル前派

ああ、そうなんですか?私も大好きです。
ロンドンのSt Margaret's Churchを聞いたことありますか?
その教会の中にはラファエル前派の壁画とかステンドグラスなどがたくさんありますよ。
詳しくはこちら(教会のリンク)
http://www.stmargaretslee.org.uk/gallery/?pid=2&gcatid=1&albumid=1
Commented by 844-41 at 2016-02-01 20:56
黒顔羊さんのオシャレは英国紳士風なのですねぇ!
聞いてみて納得です^^
ラファエル???とかですが、歴史あるファッションについて知識を得るのって、とても楽しそうです。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-01 22:52
London Callerさん、こんにちは。^^
お~、ロンドンの南のLeeにあるSt Margaret's Churchにも素敵な窓があるんですねえ。
ここはまだ行ったことがありません・・・私が行ったことがあるのは、下記の教会です。
http://www.blackfacesheep.com/ac_churches_list.html
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-01 22:54
シンさん、こんにちは。^^
わはは、最近行ってませんが、21世紀になってから8回ぐらい渡英してる物好きです。^^;;;
あの頃から写真は撮ってましたが、コンデジばかりでしたね。
Commented by いちご at 2016-02-02 10:38 x
こんにちは。
お洒落な佇まいですね!
こういう雰囲気大好きです。
入ってみたいけれど、私には場違い?かも・・・
Commented by blackfacesheep2 at 2016-02-02 18:37
いちごさん、こんにちは。^^
やはり素敵なものを見ると、撮りたくなりますよね。^^
私にも実生活ではまるで縁がないので、外から撮るしかないですねえ。
Commented by desire_san at 2016-03-01 23:27
こんにちは。
英国旅行を繰り返しウェブサイトを興味深く拝見しました。私はまだ英国に行ったことがないので、時々訪問させて頂きます。英国におけるラファエル前派やアーツ・アンド・クラフツなステンドグラスがお好きなようですが、アーツ・アンド・クラフツなステンドグラスは、ほとんど見たことがありませんので、ぜひ本物を見てみたいと思っています。
私は東京で『ラファエル前派』展を見て、ミレイやウォーターハウスなど『デカメロン』の美しい作品やバーン=ジョーンズのの個性的な作品にも魅了されました、私は今回の『ラファエル前派 英国の夢』展から印象に残った作品について感想と画家の魅力、及びこの美術展を全体を通して考えたラファエル前派美術史的意味についても考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by blackfacesheep2 at 2016-03-02 14:15
desire_sanさん、こんにちは&いらっしゃいませ。^^
おお、英国のアートにご興味がおありになりますか、オナカマ~♪
ラファエル前派展にも行かれたのですね、あれはなかなか見ごたえのある展覧会でした。^^
先ほどちらっとご訪問し、リンクをいただいて帰ってきました。
面白そうなブログなので、後程時間のあるときにお邪魔しますね♪
それではまたよろしくお願いいたします。


<< 大魔神が躍り出そうな空模様      管理事務所の黄色い王冠 >>