2017年 01月 22日

オアシスの光の回廊 (写真部門)

d0353489_22252358.jpg

青空とそこから入る冬日・・・素敵なワッフルパターンの光蜥蜴を見つけました。

d0353489_2226113.jpg

この建物は硬質なスチールとガラスでできており、冷ややかな輝きが都会的ですね。

d0353489_22263680.jpg

この建物は、オアシス21の南にあり、バスターミナルへの回廊になっています。

d0353489_2227796.jpg

この回廊にはWCも設置されております・・・凝った構造の看板ですねえ♪

d0353489_22283254.jpg

たかがWC、されどWC・・・オアシス21にふさわしい素敵なデザインのWCに光蜥蜴が寄り添っておりました。

d0353489_22291831.jpg

この回廊、いつか撮ってみたいと思っていた被写体なんです。
初めてガチ撮りしてみましたが、なかなか手強く、しかし魅力的な被写体でした。

d0353489_22294059.jpg

なお、この回廊の外にあったハナミズキの樹には、なぜか鍵がぶら下げられておりました。
ひょっとするとアレでしょうか・・・そう、昨年のドイツ旅行でもケルン中央駅で見たアレ・・・恋する南京錠ってやつです。
ぶら下げすぎてハナミズキの樹を折らないようにしてほしいものです。

名古屋市東区東桜1丁目 オアシス21にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このオアシスの光の回廊をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-22 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 21日

赤錆が跳梁跋扈する構外側線 (写真部門)

d0353489_1044358.jpg





d0353489_10445476.jpg





d0353489_1045997.jpg





d0353489_1046539.jpg





d0353489_1046222.jpg





d0353489_10463611.jpg


昨年末に訪れた大井川鐡道の新金谷駅の構外側線、続編です。
ドナーとなった蒸気機関車の他にも、各種の赤錆が跳梁跋扈しておりました。

どうせならこの赤錆を際立てよう、と言うことで「錆残し」で仕上げてみました・・・オレンジ以外の色は彩度ゼロです。
ただし、それだけだと面白くないので、明瞭度やコントラスト、色温度などもいじっててみました。
「色はあるけどど少々非現実的な雰囲気」に仕上がったんじゃないかと思います。

それにしても、この構外側線、様々なものが置いてありましたね。
本当の鉄ちゃんなら用途がわかると思うのですが、私のようなニワカ鉄道ファンはさっぱり見当がつきませんでした。
私は鉄道ファンと言うより赤錆ファンなので、錆が大量にあるだけで満足してしまいます。^^;

静岡県島田市金谷東2丁目にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09NII)

☆ブログランキングに参加しています。
この赤錆が跳梁跋扈する構外側線をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-21 05:00 | Rusty Scene | Trackback | Comments(14)
2017年 01月 20日

黄金のマリア像が建つ広場 (写真部門)

d0353489_19343357.jpg

ミュンヘンの碧空に映える黄金の母子像・・・
もちろん幼子はイエス・キリスト、母親はマリア様ですね。

d0353489_19345230.jpg

ここはミュンヘンの中心部にあるにぎやかな広場、マリエンプラッツ、「マリア広場」です。
中世以来ずっと市場が開かれ、時には決闘もこの広場で行われたんだそうです。
マリエン広場の北側にそびえ建っているのは、新市庁舎(Neues Rathaus)です。
新市庁舎と言っても19世紀にできたものですから、日本だったら旧市庁舎であっても不思議はないんですけどね。^^;

d0353489_19373148.jpg

こちらは新市庁舎のタワーに設けられた仕掛け時計「グロッケンシュピール」です。
ドイツ国内では最大、ヨーロッパ全体では5番目に大きい仕掛け時計で、毎日11時、12時、17時から約10分間、仕掛けが動きます。
人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲンの公女レナーテとの結婚式の様子を演じているんだそうです。

私たちも待ち構えて、じっくりと鑑賞させてもらいましたが、あまりドラマチックじゃなかったかも。^^;
また、ハト除けなんでしょうか、ネットがちょっと邪魔だったなあ。

d0353489_19385517.jpg

広場にはいろいろな彫刻もあり、被写体がいっぱい、って感じでした。

d0353489_20192275.jpg

さすが環境大国ドイツ、人力タクシーもたくさん待機してましたね。

d0353489_19402548.jpg

こんな大道芸人さんも、観光客の人気を集めていました。

d0353489_19423953.jpg

この日はとても暑い日で、ついついアイスクリームに手が伸びました。

d0353489_19432296.jpg

上のアイスクリームのブランドは、Leysieffer・・・そう、デュッセルドルフでも入ったお菓子屋さんですね。
この「ライジーファー」は、1909年にドイツ北部の街オスナブリュックで創業した老舗で、バウムクーヘンが有名だそうです。

d0353489_19434960.jpg

ミュンヘンと言えばビール・・・冷たそうなビールの絵葉書も誘惑しておりました。

d0353489_19445990.jpg

この黄金のマリア像は、スウェーデンの占領が終わったのを祝い、1638年に広場の中心に建造されたものだそうです。
それにしても・・・高倍率ズームレンズって、時間がタイトな旅行の際には最強ですねえ。^^
少々描写が甘くても、280㎜相当の望遠から28㎜相当の広角までカバーするズームレンジは、実に便利でした♪

Marienplatz, Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この黄金のマリア像が建つ広場をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-20 05:00 | Overseas Trip | Trackback | Comments(18)
2017年 01月 19日

間伐材で作られた80点主義+α (写真部門)

d0353489_20251870.jpg




d0353489_20253951.jpg




d0353489_2026277.jpg




d0353489_2026178.jpg




d0353489_20263744.jpg

先日、豊田市の参合館にある中央図書館に出かけた際に、1階アトリウムで面白いものを発見しました。
木でできた自動車の模型です。

おお、このフォルムは・・・昭和31年生まれの私にとってはとても懐かしいクルマです。
そう、トヨタのベストセラー・カー、カローラの初代モデルですね♪

カローラは昨年、記念すべき誕生50周年を迎えました。
それで豊田市が「WE LOVE とよた」=豊田市の底力 のアピールするために、間伐材で市民ボランティアが特別なカローラを作ったんだそうです。

●市民力:企画、伐採・運搬、製材、仕上げなど、市民ボランティアが主導
●企業力:実車からの図面化、加工・組み付けは市内の企業が全面協力(無償)
●地域力:豊田市の財産である森林から生み出された間伐材の活用
→ まさに クルマ × 森林 = 豊田市 の象徴である

なあるほど♪

カローラはと言えば「80点主義」・・・凡庸なクルマと言うイメージがありますが、実際には「80点主義+α」なんだそうです。
大衆に受け入れられるためには、あらゆる面で80点の合格点に達する必要がありますが、それだけじゃダメなんだそうです。
90点を超えるようないくつかの特徴を持たせなければならないんだそうです。

それで初代カローラには、日本初となる前輪マクファーソン・ストラット式のサスペンションをおごりました。
そして変速機のレバーをコラムシフトからスポーティーなフロアシフトに変更しました。
また当時一般的だった前進三段の変速機を四段にしました。
結果として、カローラは大衆に受け入れられ、トヨタの屋台骨を背負って立つ成功作となったんだそうです。

この間伐材製の初代カローラ、1月末までとよた参合館の1Fアトリウムに展示されるそうです。
昭和が大好きな方々、ぜひ見に行ってやってくださいな♪

愛知県豊田市西町1-200 とよた参合館にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm/F1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この間伐材で作られた初代カローラをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-19 05:00 | Still Life | Trackback | Comments(22)
2017年 01月 18日

睦月を演出する西洋雑貨屋さん (写真部門)

d0353489_1858232.jpg




d0353489_18584439.jpg




d0353489_1859185.jpg




d0353489_18593021.jpg




d0353489_1859515.jpg




d0353489_1924327.jpg




d0353489_1905924.jpg

私が住む街にある西洋雑貨のお店です。
ここはいつ行ってもセンスの良い雑貨が並べてあり、写欲が高まるお店ですね。
お正月も終わり、クリアランスセールの真っ最中のようでした。
低い午後の日差しに照らし出された店先・・・1月らしい、と言えばいかにも1月らしい風景でした。

愛知県みよし市ひばりヶ丘2丁目1−5 SundayMama カンパーニュ店にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この睦月を演出する西洋雑貨屋さんをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-18 05:00 | Still Life | Trackback | Comments(22)
2017年 01月 17日

とっても昭和な千頭駅 (写真部門)

d0353489_1437946.jpg





d0353489_14373993.jpg





d0353489_1438274.jpg





d0353489_1440357.jpg





d0353489_14402683.jpg





d0353489_14404613.jpg





d0353489_155269.jpg





d0353489_14415626.jpg





d0353489_14434890.jpg





d0353489_14441793.jpg





d0353489_14501160.jpg

昨年末の大井川鐡道遠征の続編です。
地名駅からローカル線に乗って向かったのは、この千頭駅でした。
1931年(昭和6年)に開業した駅で、大井川本線からアプト式鉄道の井川線への乗り換え液です。

また、この駅は大井川鉄道を走る蒸気機関車の終点でもあり、待機中の蒸気機関車や客車を見ることができます。
新金谷駅から走って来た蒸気機関車が、英国製の転車台の上で、手動にて方向転換するのをしっかりと見せてもらいました。

駅の佇まいや蒸気機関車や客車は、昭和の雰囲気に溢れており、とても懐かしかったです。
でも、あと2年で平成も終わりになるらしいですね。
そのうち「平成の雰囲気に溢れていました」なんて文章を書くようになるのかなあ・・・

静岡県榛原郡川根本町千頭1216-5 大井川鐵道「千頭駅」にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8

☆ブログランキングに参加しています。
このとっても昭和な千頭駅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-17 05:00 | Rusty Scene | Trackback | Comments(21)
2017年 01月 16日

あおい空(写真部門)

d0353489_1233534.jpg




d0353489_125341.jpg




d0353489_1255750.jpg




d0353489_1261380.jpg




d0353489_1262925.jpg

今年の一月は、深々と青い空が広がる日が多いような気がします。
冬ならではの冷たさを湛えた青空・・・青と言うより「碧」とか「藍」と言う感じが似合う空もありますね。

日本語って難しいです。
「あおい」と言ってもいろいろな漢字を書きますもんね。

名古屋の覚王山日泰寺の参道を歩きながら、目に留まった「あおいそら」をスナップしてみました。
色の濃さ、深み、色味、陰影・・・見た目はさまざまですが、どの「あお」もこの季節ならではの色のような気がしました。

名古屋市千種区 覚王山日泰寺参道にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このふゆのあおいそらをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-16 05:00 | Sky | Trackback | Comments(14)
2017年 01月 15日

凍てつく田園 (写真部門)

d0353489_17321941.jpg




d0353489_1737093.jpg




d0353489_17334355.jpg




d0353489_17371162.jpg




d0353489_17395682.jpg




d0353489_1735283.jpg




d0353489_17461328.jpg




d0353489_17355350.jpg

最強クラスの寒波が日本列島を襲っており、記録的な豪雪となっている場所もあるようですね。
私が住んでいる西三河地方も、昨日は雪が降りました。

と言っても、うっすら・・・ですけどね。
雪がめったに降らない地域なので、午前中に近所の散歩コースの田園地帯を撮影に行ってきました。

雪景色を強調したかったので、「錆残し」同様、赤の彩度のみ残して他の色の彩度はゼロにしました。
う~む、こうしてみるとほとんど白黒写真です・・・冬の田園地帯、赤いものってほとんどないことが、よくわかりました。

愛知県みよし市にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この凍てつく田園をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-15 05:00 | Seasonal Image | Trackback | Comments(20)
2017年 01月 14日

名前の読めない美しきレストラン (写真部門)

d0353489_1051650.jpg




d0353489_10515647.jpg




d0353489_10522746.jpg




d0353489_10524566.jpg




d0353489_1053105.jpg




d0353489_10533589.jpg




d0353489_10535231.jpg




d0353489_10541855.jpg




d0353489_10544429.jpg

先日ご紹介したミュンヘンの現代美術館ピナコテーク・デア・モデルネ、到着したときはちょうどお昼時になっていました。
なので、まずは腹ごしらえをすることにしました。
向かったのは、ピナコテーク・デア・モデルネの通りを挟んで東側にある、こんなレストランです。

ここ、インテリアが素敵でしたね。
いかにもミュンヘン分離派っぽい雰囲気に溢れていました・・・さすが美術館の近くだけのことはあります。^^

また、料理も良かったです。
ブラッスリーを名乗るだけあって、フランス・イタリア系料理で、味も盛り付けも素敵、お値段もリーズナブルでした。

ただ・・・お店の名前が読めません。
Brasserie Tresznjewski・・・ブラッスリー・トゥレスズンジェヴスキー?^^;

日本人は、こういう子音が連続する文字、発音不能ですね。
スキーと言う語尾と、強烈な子音連続から判断するに、チェコ系のお名前なんでしょうか・・・

チェコ語には母音が一つも含まれていない単語がたくさんあるそうです。
例えば"Strč prst skrz krk"・・・ぐわ~、ストゥルチュ・プルスト・スクルス・クルク?^^;
これ、はチェコ語の早口言葉的な言葉遊びの一種で、「指をノドに突っ込め」という意味だそうです。

日本人に発音できないお名前をもつブラッスリーでしたが、ピナコテーク・デア・モデルネ近くでランチをしようと考えている方には、お勧めのお店でした♪

Brasserie Tresznjewski, Theresienstr. 72, 80333 Munich, Bavaria, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この名前の読めない美しきレストランをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-14 05:00 | Overseas Trip | Trackback | Comments(12)
2017年 01月 13日

真冬のサバンナ (写真部門)

d0353489_9362898.jpg




d0353489_9365823.jpg




d0353489_938331.jpg




d0353489_9391726.jpg




d0353489_9395058.jpg




d0353489_9401968.jpg




d0353489_9412429.jpg

豊田市を流れる矢作川の河川敷にある白浜公園です。
黒川紀章先生の傑作である豊田スタジアムと豊田大橋、そして久澄橋に囲まれたエリアですが、なんとも日本離れした風景です。
アフリカのサバンナに生息してそうな動物の遊具が設置されているんですね。
でも、植えられている樹は温帯特有の落葉樹の大木・・・こんな樹はサバンナにはないでしょうね。^^;
何回も撮っている風景ですが、冬の午後が一番シュールでお気に入りです。

愛知県豊田市白浜町 白浜公園にて
Nikon D610
Ai Nikkor 55mm/F1.2

☆ブログランキングに参加しています。
この真冬のサバンナをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-13 05:00 | Japanese Landscape | Trackback | Comments(20)
2017年 01月 12日

私が愛したカメラたち (写真部門)

d0353489_20403543.jpg

ここに鎮座している大きなカメラはPentax 67・・・通称「ばけぺん」、私の愛機です。
ブローニーフィルムを使う中判カメラで、フィルム上の写真のサイズは名前の通り、ほぼロクナナ(5.6cm x 6.9cm)です。
さて、ここは名古屋市中区にある中古カメラ修理・販売のの「イエネコカメラ」さんです。

d0353489_20405138.jpg

中古カメラ屋さんと言うと、気難しそうな親父さんがやっている古色蒼然としたお店を想像しがちです。
でも、この「イエネコカメラ」の店主のYさんは、まだお若い方です。
確かにお店の中は懐かしい昭和のテイストなんですが、インインメツメツとした雰囲気は皆無、オサレな昭和レトロです。
その雰囲気を出すために、今回のエントリの写真は彩度を落とした「昭和ネガフィルム風味」で仕上げました。

d0353489_20411887.jpg

これは懐かしい・・・CAMERA Magazineの10年以上前のバックナンバーが置いてありました。

d0353489_20427100.jpg

こちらはもっと懐かしい・・・私が大学浪人時代に使っていたPentax KXです。
お若い方々は"Pentax K-x"と言うとデジタル一眼レフを思い浮かべると思いますが、私の世代は初代のKXを思い出します。
PentaxがM42ねじ込みマウントからKマウントへ変更した際に、最初にリリースしたカメラの一つでした。

このPentax KXを見ると、私の大学浪人時代を思い出します。
名古屋の昭和区花見通りにあった尾張屋と言うJAZZ喫茶に入り浸りの毎日でした・・・勉強はほとんどしなかったなあ。^^;
尾張屋で毎晩繰り広げられる乱痴気騒ぎを、このPentax KXに24㎜広角レンズを付けてTri-X400で撮っていました。
ちなみに当時の写真はこの辺にあります。

d0353489_21173591.jpg

こちらはさらに懐かしく、高校生時代に使っていたminolta HI-MATIC Fです。
自動露出のレンジファインダーカメラで、Pentax KXを使うようになってからも、家族旅行などで活躍していました。
これに付いているROKKOR 38mm F2.7は侮れないレンズで、Tessar並みの切れ味でした。

d0353489_20565670.jpg

さて、私のばけぺんがイエネコカメラさんにやって来たのは、修理依頼のためです。
昨年9月に使った後、昨年末に久しぶりに使ってみようと思って手に取ってみたところ、不具合が発覚・・・。

シャッターボタンが押された状態のままになって、本来の状態に戻らなくなってしまいました。
ケーブルレリーズも試してみましたが、シャッターボタンの心棒が下がりきっているせいか、押し込めません。
シャッターロックのレバーも正常に動作せず、そのあたりのメカニズムがトラブったようです。

シャッターボタンが押せない・・・カメラにとっては致命傷です。
修理しないと使えないので、私が信頼しているイエネコカメラのYさんのところに持ち込んで来たというわけです。

ところが・・・
Yさんいわく、「もうロクナナの部品はなくなってしまったので、修理は引き受けてないんです、ごめんなさい」とのことでした。
が~ん・・・

フィルム写真ブログでは、先代のPentax 6x7ばけぺんで158エントリ、この二代目ばけぺんで380以上のエントリの写真を撮ってきました。
でも、シャッターボタンが押せなければもうカメラとしては使えません・・・「思い出のカメラ」の仲間入りです。(涙)

d0353489_2150156.jpg

ところがぎっちょん。
ばけぺんは不死身なり。
重度の障害にも関わらず、私のばけぺんはまだ生きてました。

シャッターボタンを押さなくても写真は撮れる・・・想像を絶するような解決策を偶然にも発見しました。
試しに一本撮ってみましたが、ちゃんと写ってました。
まだ私のばけぺん、しばらくは現役続行なんであります♪

名古屋市中区新栄1丁目6−3 シャインビル218号室 イエネコカメラにて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この私が愛用したカメラたちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-12 05:00 | Still Life | Trackback | Comments(22)
2017年 01月 11日

睦月の神域に棲む光蜥蜴 (写真部門)

d0353489_18575058.jpg




d0353489_1858227.jpg




d0353489_185957.jpg




d0353489_1911515.jpg




d0353489_18593094.jpg




d0353489_1903048.jpg

初詣は猿投神社で済ませていますが、この季節は寺社仏閣で写真が撮りたくなります。
日本人のDNAに、ナニカが感応するんでしょうね、きっと。^^

今回は豊田市の中心部にある挙母神社です。
松の内だったので、おおぜいの参拝客でにぎわっておりました。
太陽が低い季節ならではの優しい光と影・・・光蜥蜴が神域内にひそやかに溢れておりました。

愛知県豊田市 挙母神社にて
Nikon D610
Ai Nikkor 85mm/F1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この睦月の神域に棲む光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-11 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(13)
2017年 01月 10日

黄昏のビル街で働く鶴たち (写真部門)

d0353489_18214413.jpg




d0353489_18451038.jpg




d0353489_18461589.jpg




d0353489_18463757.jpg




d0353489_1847133.jpg

豊田市の鉄道の表玄関、豊田市駅の東口は今、再開発事業で新しい高層ビルが建築中です。
2本のタワークレーンがビルのてっぺんで忙しそうに働いておりました。
もうすぐ、3本目のタワークレーンも稼働し始めると思います。

で・・・鶴はどこかと言うと・・・
鶴は英語で”Crane"・・・クレーンですね。
どこからどう見ても、蔓のような優雅な姿には見えないんだけどなあ、ぶつぶつ。^^;

愛知県豊田市にて
Nikon D610
Ai Nikkor 35mm f/1.4S

☆ブログランキングに参加しています。
この黄昏のビル街で働く鶴たちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-10 05:00 | Japanese Landscape | Trackback | Comments(14)
2017年 01月 09日

年の瀬のノリテツ (写真部門)

d0353489_2161524.jpg

去年の大晦日イブに、写真友達のI君と一緒に静岡県の大井川鐡道を撮影に行ってきました。
新金谷駅の構外側線で赤錆蒸気機関車を撮ったあと、新金谷駅の踏切近くに行ってみると・・・
ちょうど蒸気機関車C108が出発したところでした。
大井川鐡道のSL、繁忙期は一日に3往復運転されているそうですが、この年末でも一日一往復は運転されているんですね。

d0353489_2195617.jpg

このSL、乗れたら乗ろうか、とI君と話しておりましたが、乗れませんでした・・・しょうがないので、その後姿を見送ります。
なお今回のノリテツ写真、I君がモノトーンで現像しているのを見て、その長閑な雰囲気が気に入ってしまいました。
すぐに影響を受ける私も、昔懐かしいセピア系ローコントラストな写真にしてみました。
大井川鐡道の懐かしさには、こういうトーンが似合うような気がします♪

d0353489_21121996.jpg

蒸気機関車には乗れませんでしたが、大井川鐡道の通常列車に乗るために駐車場のありそうな駅を求めて沿線ドライブ。
途中駅の地名(じな)駅で、うまい具合に駐車場を見つけられました。
ここは無人駅ですが、駅舎の前にあるタバコ屋さんで切符を売っています。

d0353489_21123349.jpg

大井川鐡道の時刻表です・・・都市部に比べると、運行本数は少ないですね。
この時はフルフレーム機のNikon D610を持っていきましたが、こういう輝度差の激しい状況では助かります。
RAWでのダイナミックレンジが広いので、駅舎の中のシャドウから戸外に至るまで、みっちり情報が残っておりました。

d0353489_21125782.jpg

プラットフォームに上がり、北方向を見ると・・・トンネルのようなものが見えます。

d0353489_2113947.jpg

そう、日本で一番短いトンネルだそうです。^^;
でも実際にはトンネルではなく、線路上をまたいでいた貨物索道から線路を保護するために建設された構造物だそうです。
ロールケーキの輪切りみたいで可愛かったです。

d0353489_21132736.jpg

こういうローカル駅、赤錆物件が大量にあって、赤錆フェチの天国です。

d0353489_21133931.jpg

真っ赤に錆びた郵便箱が駅名表示版の横にかけてありました・・・これ、なんに使う箱でしょう。^^;

d0353489_21135574.jpg

下り電車がやってきました。
もっと古めかしい車両が来るのかと思ったら、意外にも新しめの車両でした。

d0353489_2114888.jpg

地名駅の前のタバコ屋さんで買った切符です。
もちろん昔懐かしい硬券・・・このあと、千頭駅までノリテツを楽しんできました♪

静岡県・大井川鐡道 新金谷駅、地名駅にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09NII)

☆ブログランキングに参加しています。
この年の瀬のノリテツをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-09 05:00 | Vehicles | Trackback | Comments(16)
2017年 01月 08日

おせちに飽きたら味噌煮込 (写真部門)

d0353489_1215137.jpg

お正月飾りのお獅子たちが何やら話しております・・・
「もうおせち料理にも飽きてきたなあ、なんか他のもんでも食べたいねえ。」
「そうそう、それにちょっと寒くなって来たしね、こういう時にはやっぱりアレが食べたいよねえ♪」
ん?なんだって?
おお、お獅子たちの後ろにあるアレか~。^^

d0353489_11535738.jpg

はい、愛知県人のソウルフード、味噌煮込うどん・・・通称「ミソニコ」です。
うどんと名前が付いてますが、讃岐系のうどんとは似て異なる食品です・・・ずっとコシが強く生煮えと思えるほどです。
それを愛知県特産の赤味噌で煮込む、超くどい食品ですね♪

お店で食べるのももちろんなんですが、自宅で手軽に食べたいときには、即席ミソニコが重宝します。
と言うわけで、今年になって初めてのB級麺類写真シリーズなんであります♪

今回のチョイスは、最近のお気に入り、「廣田味噌煮込うどん」です。
この廣田と言う会社は、名古屋市緑区にある小麦粉・うどんの専門店ですが、即席ミソニコも作っているんですね。

d0353489_11541130.jpg

名古屋の会社ですから、「名古屋流のミソニコ」にもこだわりがあります。
本格的な名古屋流は、味が濃くて麺が固くないといけない・・・ゆえに水は少なめの400cc、ゆで時間も短めの3分半です♪

d0353489_11542856.jpg

はい、出来上がりです・・・うむ~、毎度のことながら、ミソニコはビジュアルがイマイチだなあ。^^;
でも、味は極上ですね♪

味噌は粉末ではなく、本物の味噌ペーストです・・・くどさ、半端ありません♪
麺もさすがに名古屋のうどん専門店だけあって、しっかりしたコシが実にホンモノっぽいです。
今まで食べた即席ミソニコの中でもトップランクです。

即席ミソニコ、今までにいくつか試してみました。
全国的にも有名な寿がきやの即席「みそ煮込み」は、粉末スープなのでイマイチ、コクが足りません。
マルちゃんこと東洋水産が製造している「みそ煮込みうどん」はとても美味しかったんですが、どうやら製造を止めてしまったようです。
岡崎市の八丁味噌の老舗、カクキューさんが出している八丁味噌煮込は美味しいんですが、生麵タイプなのでちょっと高価です。

今手に入る即席ミソニコとしては、この「廣田味噌煮込うどん」はベストですね。
惜しむらくはマイナーブランドゆえに、販売されているお店が限られていることでしょうか。
うちの近くだと、豊田市の「えぷろん」や、「やまのぶ」と言うローカルなスーパーで売ってます。
大きな全国ネットのスーパーでは見たことがないし、アマゾンでも買えません。^^;

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX8
Lumix G 42.5mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
この寒い季節の味噌煮込うどんをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-08 05:00 | Foods & Dining | Trackback | Comments(22)
2017年 01月 07日

逢魔が時のナンキンハゼ (写真部門)

d0353489_2164945.jpg





d0353489_217883.jpg





d0353489_2183752.jpg





d0353489_21252459.jpg

11月には美しい紅葉を見せてくれたわが町のナンキンハゼ・・・
一月ともなると、すべて落葉して尖った枝を天に突き上げる姿が目に付くようになります。
この冬ならではの姿、寂しげではありますが結構気に入ってます。

それにしても、1月の太陽はあっという間に沈んじゃいますね。
例によって、手持ち長時間露光の実験をやってみました・・・3枚目は1秒の露出です。
他のナンキンハゼに背をあずけながら、カメラをしっかり保持して撮りました。

さすがに等倍で見ると甘いんですが、このブログに貼るぐらいのサイズなら特に問題なさそうです。
GX8のボディ内レぶれ補正と、Lumix便利ズームのレンズ内補正の両方を使う"Dual I.S."、なかなか侮れません。^^

また、こういう逢魔が時と呼ばれる時間帯は、刻一刻と空の色が変わっていき、レンズ交換をしている余裕がありません。
この4枚の焦点距離は、1枚目から14㎜、17㎜、14㎜、140㎜です。
高倍率の便利ズームって画質は少々アレですが、「時間が勝負」となるときには頼りになります♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この逢魔が時のナンキンハゼをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-07 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(16)
2017年 01月 06日

黄昏の廃品置場 (写真部門)

d0353489_23161432.jpg




d0353489_23163174.jpg




d0353489_23173712.jpg




d0353489_23175823.jpg




d0353489_23183729.jpg

元日の夕方、お天気が良くて暖かだったので、お散歩に出かけました。
西日に照らされる廃品置場が目に留まりました・・・滅びの美学そのものですねえ、つい撮ってしまいました。
年が改まっても、撮る写真はあまり変わりませんねえ。^^;
今年もこういう赤錆系、廃墟系、崩壊系、黄昏系の写真が多くなりそうな予感がします。

愛知県みよし市にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この聖夜に先立つ午後の農道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-06 05:00 | Rusty Scene | Trackback | Comments(12)
2017年 01月 05日

光蜥蜴が闊歩する一番新しいピナコテーク (写真部門)

d0353489_20125934.jpg

2017年になって最初のドイツ旅行シリーズです。
ミュンヘンのヴィラ・シュトゥックを出たあと、100番のバスに乗ってPinakothekenへ・・・
そこにはこんな光蜥蜴が住む建築物がありました。

ここはピナコテーク・デア・モデルネ (Pinakothek der Moderne) と呼ばれる現代美術館です。
20世紀から21世紀のアートを展示する美術館で、近現代美術の展示館としては、ヨーロッパ最大規模を誇ります。

ちなみに「ピナコテーク」とはギリシア語に由来し、「絵画館」を意味するそうです。
ミュンヘンには、バイエルン王家のコレクションを展示するアルテ・ピナコテーク(旧絵画館、古典巨匠から18世紀までの絵画)、19世紀に当時の「現代美術」を展示するために建てられたノイエ・ピナコテーク(新絵画館、18世紀から19世紀の絵画を展示)がすでに存在しており、ピナコテーク・デア・モデルネはこれらに続く第3のピナコテークとして、2002年に開館しました。

d0353489_20153490.jpg

現代美術の美術館だけあって、内部はシャープでモダンな陰影が素敵でした。

d0353489_20161338.jpg

工業製品もアート・・・バウハウスを生み出した国ならではですね。

d0353489_2017829.jpg

館内には素敵な光と影がそこら中にありました。

d0353489_20184877.jpg

これは英国のアール・ヌーボー作家、Charles Rennie Mackintoshの家具ですね♪

d0353489_20191980.jpg

モダンな家具もいっぱい展示されてました。

d0353489_20194512.jpg

ここまで来るともはや家具と言うより、オブジェかも。

d0353489_2020868.jpg

こちらはバウハウスゆかりの画家、Lyonel Feiningerの作品です。
こういう作品がさりげなく置いてあって、しかも撮影可能ってあたりがドイツの美術館です。

d0353489_20203411.jpg

ドイツ表現主義、新即物主義の画家、Max Beckmannの作品です。
新即物主義はノイエザッハリヒカイトって物々しい語感が好きでしたが、この作品はあまり即物的でもない感じでした。^^

d0353489_20214825.jpg

こちらは・・・作品ではなくお手洗いです。
しかし徹底的にデザインされており、つい撮らされてしまいました。^^;

d0353489_202657100.jpg

こちらはレストラン・・・うむ~、テーブルと椅子の無駄のないデザイン、ステキです。
いや、レイアウトさえも美しい♪

d0353489_20271941.jpg

収蔵されている作品も素晴らしいですが、建物自体もアートと呼べる素晴らしい建築でした。

d0353489_20274613.jpg

アルテ・ピナコテークとノイエ・ピナコテークも見てみたかったんですが、時間がなくて泣く泣くパスしました。
これらの3つの美術館はほぼ同じ地区にあったんですが、現代美術を最優先しました。
残りはまたミュンヘンに来る時の楽しみにとっておきましょう♪

Pinakothek der Moderne, Barer Str. 40, 80333 München, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この光蜥蜴が闊歩する一番新しいピナコテークをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-05 05:00 | Overseas Trip | Trackback | Comments(12)
2017年 01月 04日

二重螺旋に絡む光蜥蜴 (写真部門)

d0353489_19262075.jpg




d0353489_19272218.jpg




d0353489_19315757.jpg




d0353489_19331628.jpg




d0353489_19335882.jpg




d0353489_19341951.jpg

フィルム写真ブログ用の在庫写真が少なくなったので、Rollei 35を持ってお正月の名古屋の街を撮りに行きました。
大須、栄町、伏見と歩いてきて最後にやってきたのが名古屋駅の笹島交差点です。
午後の西日に照らされるスパイラルタワーとそこに絡みつく光蜥蜴、とてもフォトジェニックでしたねえ♪

名古屋駅前の摩天楼の中でも、ひときわユニークな造形で目を惹くのが、モード学園スパイラルタワーズですね。
DNAの二重螺旋を思わせる二つのタワーが、捻じれながら天を目指して高度を上げていく・・・
今年も年頭からじっくりと鑑賞してきましたが、何回見ても飽きませんでした♪

名古屋市中村区名駅4丁目 モード学園スパイラルタワーズにて
LUMIX DMC-GX8
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この二重螺旋に絡む光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-04 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(18)
2017年 01月 03日

身を削られつつある蒸気機関車 (写真部門)

d0353489_19305264.jpg





d0353489_19325910.jpg





d0353489_19342433.jpg





d0353489_19344939.jpg





d0353489_1941527.jpg





d0353489_19354199.jpg





d0353489_19372065.jpg





d0353489_19375241.jpg





d0353489_19381290.jpg

新春早々赤錆写真ですみません・・・^^;
実は昨年の12/30に、友人と一緒に静岡県の大井川鐡道の撮影に出かけてきました。

9時過ぎにうちを出て、新東名を東へ・・・最初に向かったのは新金谷駅の構外側線です。
ここ、大井川鐡道で使われた古い車両が多数置いてあることで、鉄道ファンのみならず赤錆ファンにも有名な場所なんですね。

昨年、大井川鐡道のウェブサイトでここに置かれた赤錆車両はほとんど撤去された、と言うニュースがあったそうです。
ダメ元で行ってみたら・・・おお、朽ち逝く蒸気機関車が一台残っておりました♪

これはC11の312号機だそうです。
C11機関車は1932年(昭和7年)から国鉄で生産されたコンパクトなSLで、戦前の設計でありながらも1960年代後期まで全国各地の国鉄路線で活躍したんだそうです。

大井川鉄道は、C11型機関車を3両導入しました。
1両(190号機)はSL急行『かわね路号』として運用され、もう一両(227号機)は『きかんしゃトーマス号』として運用されているそうです。

この312号機は傷みがひどくなったために2007年(平成19年)に運用終了しました。
そして、残った2両のC11型の部品取り車として利用されているのだとか。
ちなみにトーマス号として運用されている227号機のボイラーと汽笛は、312号機より移植されたものだそうです。

う~む、トーマス号が鳴り響かせる警笛は、実はこの朽ち逝く312号機の叫びなのか・・・
哀愁ちょちょぎれるお話なんですねえ。

いずれにせよ、新金谷駅の構外側線に置かれた赤錆蒸気機関車C11 312号機は実にフォトジェニックでした。
わざわざ遠くから出かけた甲斐がありました♪

静岡県島田市金谷東2丁目にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09NII)

☆ブログランキングに参加しています。
この身を削られつつある蒸気機関車をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-03 05:00 | Rusty Scene | Trackback | Comments(18)
2017年 01月 02日

安全の神さまは左利き (写真部門)

d0353489_18224472.jpg





d0353489_18461194.jpg





d0353489_18273420.jpg





d0353489_18275231.jpg





d0353489_18281343.jpg

昨日は元日、早速初詣に出かけました。
訪れたのはわが家の近くにある猿投神社ですね・・・猿を投げると書いて、「さなげ」と読む難読地名です。

祀られているのは主祭神はオオウスノミコト(大碓命)です・・・ヤマトタケルノミコト(小碓命)の双子のお兄さんですね。
とっても由緒の古い神社で、かつては三河の国の三宮でした。

この神社は、古来より左利き用の鎌を奉納して祈願する特殊な信仰があるんだそうです。
伝承によれば祭神のオオウスノミコトは左利きだったそうで、この地域を開拓する際には左鎌を用いたんだとか。
それゆえ、この神社ではもろもろの成就を祈るときに左鎌を奉納するそうです。

この猿投神社、地元では職場安全・交通安全の神様として有名です。
奉納されている絵馬は金属を使った立派なものが多く、この地域の名だたる製造業の会社名が見つかりますね。
みよし市在住のハンマー投げ選手室伏広治さんも、海外遠征するときには猿投神社のお守りを結びつけていくそうです。^^

わが家も、この神社で破魔矢と「交通安全」のお札を買うことにしています。
なにとぞ今年一年が安全で平和な年になりますように♪

愛知県豊田市猿投町 猿投神社にて
LUMIX DMC-GX8
Leica DG Summilux 25mm/F1.4

☆ブログランキングに参加しています。
この左利きの安全の神さまをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-02 05:00 | Seasonal Image | Trackback | Comments(12)
2017年 01月 01日

正月飾りのある玄関先 (写真部門)

d0353489_1112479.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます。
旧年中はいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。
本年もなにとぞご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

とりあえずお正月らしい写真でスタートしたかったので、わが家の玄関先に置いてあるお正月飾りを撮ってみました。
今年は酉年なので、一枚目には黄金のニワトリを持ってきました。

d0353489_143438100.jpg

刺し子のニワトリと鏡餅と干柿です・・・いずれも相方の手作りです。

d0353489_112742.jpg

こちらは、熱田さん(熱田神宮)の魔除け、「三つ鈴」ですね。

d0353489_14404362.jpg

さて、今年はどんな年になるのでしょうか・・・
悲惨な事件などがない、平穏な年になって欲しいものです。

LUMIX DMC-GX8
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この正月飾りのある玄関先をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2017-01-01 05:00 | Seasonal Image | Trackback | Comments(22)
2016年 12月 31日

沈みゆく冬日 (写真部門)

d0353489_22285786.jpg




d0353489_22291486.jpg




d0353489_22293483.jpg




d0353489_2230069.jpg

赤々と沈みゆく冬の太陽、そしてその光を受けて鈍く輝く赤錆・・・
結局今年も、光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光)と赤錆をたくさん撮った一年になってしまいました。
好きなものは変わらない、ってことなんでしょうね。

さて2016年もいよいよあとわずか・・・
還暦を迎えた今年、春には胆嚢摘出術を含めて3回の入院を経験してしまいました。
でも、6月下旬には無事にドイツ旅行にも出かけることができ、まずまずの一年だったんじゃないか、と思います。

今年も一年間、このブログをご訪問いただき、本当にありがとうございました。
おそらく来年も、進歩の無い写真が続くと思いますが、ぜひまたご訪問いただければ幸い、と存じております。
それではみなさま、良いお年をお過ごしください♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GX8
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この沈みゆく冬日をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-31 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(24)
2016年 12月 30日

黄昏のペデストリアンデッキにまとわりつく光蜥蜴 (写真部門)

d0353489_2274338.jpg




d0353489_2210495.jpg




d0353489_22103573.jpg




d0353489_22105938.jpg




d0353489_0125753.jpg




d0353489_0162434.jpg




d0353489_0164450.jpg




d0353489_221369.jpg

またしても冬日の光蜥蜴(ヒカリトカゲ=光と影)さんです。
今まで、隣町の豊田市駅で光蜥蜴狩りをすることが多かったんですが、たまにはわが町の駅でも光蜥蜴狩りに挑戦してみました。

わが家からわが町の駅までは、クルマの通らないペデストリアンデッキでつながっております。
そのペデストリアンデッキの駅付近に住み着いた光蜥蜴の数々を撮ってみました。

豊田市駅の光蜥蜴に比べると、高層ビルがないので地味ではあります。
でも空はその分広く、これはこれで悪くないかもしれません。^^

愛知県みよし市 名鉄・三好ヶ丘駅にて
LUMIX DMC-GX8
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この黄昏のペデストリアンデッキにまとわりつく光蜥蜴をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-30 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(8)
2016年 12月 29日

幻惑の中華妖玉 - MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95 Review (写真部門)

d0353489_22534081.jpg

ベアさんがしげしげと眺めている小さなカメラは・・・
パナソニックの超小型レンズ交換式カメラ、Lumix GM5ですね。

そこに装着されたレンズはMITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95・・・
最近私のブログで頻繁に登場するレンズです。

このレンズは、中国・瀋陽市の「中一光学」"ZHONG YI OPTICS"が作ったMFの単焦点レンズです。
ブランド名としては、欧州では”Mitakon"がよく使われているようです。

このレンズ、欧米ではそれなりに認知されているようですが、日本で使っている人は多くないようです。
それゆえ日本語で書かれたレビューもあまりないようなので、このレンズそのものをより深くレビューしてみようと思います。

d0353489_22541226.jpg

SPEEDMASTERと言う名前にふさわしく、F0.95の大口径です・・・人間の目のF値は約1.0だそうですが、それより明るいんです。^^;
焦点距離は25㎜・・・標準レンズです。
マイクロフォーサーズの標準レンズとしては、一番大きなボケが撮れるレンズの一つです。

絞り羽根は9枚、円形絞りですね。
また絞りにはクリックがないので、動画撮影の際には絞りを変えてもクリック音が気にならないという設計です。

d0353489_12153169.jpg

F0.95と言う大口径の割には、このMITAKON ZHONG YI 25mm/F0.95はコンパクトです。
左はAFのLeica DG Summilux 25mm/F1.4ですが、比較してみてもずっとスリムです・・・重さは230g、ずっしりと持ち重りします。

d0353489_12154457.jpg

このコンパクトな設計、ひとつ難ががあります・・・後玉が出っ張ってるんですね。
このせいで、オリンパス製の一部のカメラには装着できません・・・Olympus E-PL6, E-PL5, E-PM2, OM-D EM5初代はNGだそうです。
リアキャップも、ノーマルのマイクロフォーサーズレンズ用は使えず、専用の深いリアキャップがついてきます。

またAF仕様ではなくMF仕様ですから、手動でピント合わせをしなければなりません。
とは言え、ヘリコイドはしっとりした回し心地で、MFでも苦にはなりません。
電子接点はいっさいなく、焦点距離や絞値に関するEXIFは残りません・・・でも絞り優先AEやマニュアル露出で使えます。

d0353489_2305269.jpg

さて、このMitakon 25mm/F0.95、25㎝まで寄れます。
マイクロフォーサーズのレンズって寄れるものが多く、フルフレーム機のレンズに比べると近接撮影能力が高いです。

その最短撮影距離でF0.95の絞り開放で撮ったのがこのベアさんです・・・被写界深度、激浅です。
絞開放でもフォーカスの来ているところの画質は、意外にしっかりしているように思えます。

ニュージーランドのフォトグラファー、Richard Wongさんのレビューに書いてあった通りの好印象です。
「f/0.95で、すでにMitakonの中央部のシャープネスは極めて良好だ。ほとんどの状況で十分にシャープだと断言できる。Voigtlander Nokton 25mm/F0.95に比べると、F0.95ではMitakonの方がシャープだ。F1.4になると、Leica DG Summilux 25mm/F1.4と同等にシャープか、よりシャープですらある。」
納得できるレビューです。

d0353489_20193753.jpg

こちらはMitakon 25mm/F0.95の絞り開放による廃トラ・ポートレートです。
最近のミラーレス機は、ISO100の低感度や1/16000の高速シャッターが使えるモデルが多いので、F0/95と言う大口径でも、日中に絞り開放で使えるようになりましたね。

マイクロフォーサーズのボケと言うと、小さな被写体で比較することが多いんですが、あえて大きな被写体で比べてみました。
フルフレーム機のF1.4級と比べたらささやかですが、それなりに曖昧な後ボケが気持ち良いです。

d0353489_16332585.jpg

また、このレンズ、絞るとなかなかシャープな描写をします。
電子接点のないレンズなのでEXIFがわかりませんが、おそらくF8あたりで撮ったと思います・・・結構カリカリです。

d0353489_16334735.jpg

そして、こちらは上の写真の原寸切り出しです。
3456x5184のオリジナル写真のほぼ中心部を720x480で切り抜いていますが、まずまずシャープに解像しているように思います。

英国ベースの”ephotozine"と言うサイトの計測によれば、このレンズの解像度はなかなか良いようです。
このレンズ、開ければ夢見心地な大ボケ、絞ればカリカリ・・・いわゆるツンデレ・レンズですね。

さて、このMitakon 25mm/F0.95のライバルとなるのは、コシナ製のVoigtlander Nokton 25mm/F0.95 IIです。
私も最初はNoktonを検討していました・・・でも、WEB上のレビューや実写作例を検討した結果、MITAKON ZHONG YIを選びました。
その理由は下記の4つです。

Mitakon 25mm/F0.95の長所:

1. MITAKON ZHONG YIの方が絞り開放画質が使いやすい。
- MitakonのF0.95絞り開放はそれなりにクリアでシャープ、普通に使える。
- NoktonのF0.95絞り開放はハロが多く、滲んだソフトフォーカス系・・・ま、これはこれで悪くないのですが。

2. MITAKON ZHONG YIは、絞った時の玉ボケがカクカクしない。
- Mitakonの絞り羽根は9枚で、上の写真のように円形絞りに近いので、玉ボケは比較的スムース。
- Noktonの絞り羽根は10枚だが、昔ながらの直線絞りのため、絞ると玉ボケがカクカクする。

3. MITAKON ZHONG YIの方が小型軽量。
- Mitakon: フィルター径:43mm、 全長 : 55mm、 直径 : Φ54mm、 質量 : 約230g
- Nokton: フィルター径:52mm、 全長 : 70mm、 直径 : Φ60mm、 質量 : 約435g

4. MITAKON ZHONG YIの方が安い。
- eBayでは399USD、アマゾンだと51,800円と、Nokton IIのほぼ半額。

ちなみにMITAKON ZHONG YIがVoigtlander Noktonに比べると負けるのは下記のポイントでしょうか。

Mitakon 25mm/F0.95の短所:

1. ブランド力が弱い。
中華ブランドですからドイツの名門ブランド・フォクトレンダーに敵いません。
「そのレンズ、どこの?」と聞かれた際の会話は、こんな感じでしょうか。
- Nokton: 「フォークトレンダーだよ!」「おお、あの世界最古の光学機器メーカーか、すげえ♪」
- Mitakon: 「「中一光学だよ、ヅォンギィ、ミタコンとも言うよ。」「えっ・・・なにそれ。」

2.逆光時にフレアが多い。
コーティングがあまり良くない感じですが、フードをつけることでほぼ解消します。

3.ボケに癖がある。
うるさい背景の時に二線ボケになりやすいです・・・ここでもXenon 50mm/F1.9を思い出しました。

4.太陽を撮った時の光条の描写が特殊。
絞り込んで太陽に向けて撮影すると、とても不思議な光条が撮れます・・・普通の光条は撮れません。↓

d0353489_18133438.jpg

通常一番鋭い光条が出る最小F値、F16で撮ってます。
うむ~・・・これはちーと凄い。^^;
私もいろいろなレンズで逆光時の光条を撮ってきましたが、こういう面妖な光条を見たのは初めてです。
まさしく、「出たな~、妖怪変化・・・」って感じの不穏さ・・・Mitakonは妖玉ですね。

d0353489_20382696.jpg

フルフレーム機Nikon D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8Sと、Lumix GM5 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95を並べてみました。
この2つの撮影機材、大きさはかなり違いますが、ほぼ同じ画角・被写界深度の写真が撮れます。

d0353489_205979.jpg

こちらがその比較です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

d0353489_2054197.jpg

こちらはやや近接で撮った例です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

d0353489_12173951.jpg

こちらは室内撮影の例です。
左: D610 + Ai Nikkor 50mm/F1.8S
右: Lumix GX8 + MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

Nikon D610にAi Nikkor 50mm/F1.8S装着したものは、有効径27.8です。
Lumix GX8にMitakon 25mm/F0.95を装着したものは、有効径26.3・・・これ、50mm/F1.9と同じです。

どちらも画角は47度です。
この二つのレンズで撮った写真の被写界深度、よく似てます。

もちろんF1.8と換算F1.9の違いがありますから、D610+50mm/F1.8で撮った写真の方が若干ボケが大きいです。
でも、Mitakon 50mm/F0.95もそれなりに健闘しているんじゃないでしょうか。

この程度のボケで良いのであれば、大きく重いフルサイズ機を持ち出さなくても良く、ありがたいです♪
もちろん高感度性能やダイナミックレンジの点で、マイクロフォーサーズがフルフレーム機に敵わないのは事実ですけどね。

d0353489_20401042.jpg

MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95、しばらく使ってみましたが、なかなか楽しいレンズです。
MFなので、ジャスピンを出すにはフォーカスピーキングを使ったり、部分拡大を使ったり、少々面倒な作業が必要です。
誰にでも使いこなせるレンズとは言い難いです・・・でも。^^
この「中華妖玉」には、抗いがたい魅力があるのも事実なんであります♪

なお、このレンズによる他の作例は、下のタグの中の"Speedmaster 25mm f/0.95"をクリックすると、見ることができます。
ご興味があればご覧ください。

愛知県みよし市にて
Lumix GX8
Lumix G 42.5mm/F1.7
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この中華妖玉研究 - MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95 レビューをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-29 05:00 | Hardware | Trackback | Comments(18)
2016年 12月 28日

聖夜に先立つ午後の農道 (写真部門)

d0353489_21214994.jpg




d0353489_21331073.jpg




d0353489_21333182.jpg




d0353489_21335116.jpg




d0353489_213481.jpg




d0353489_2135913.jpg




d0353489_21442360.jpg

12月24日の午後に撮った近所の農道です。
街では楽しいクリスマス・イブを迎えようとしている時間帯なんですが、このあたりはとても殺風景でした。
これはこれで味わい深い・・・聖夜らしからぬ即物的な冬写真を撮ってみたくなりました。^^;

愛知県豊田市にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
この聖夜に先立つ午後の農道をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-28 05:00 | Japanese Landscape | Trackback | Comments(10)
2016年 12月 27日

世紀末の分離した青春様式の邸宅 (写真部門)

d0353489_223533100.jpg

さて、ミュンヘンのドイツ博物館を出た後、"Deutsches Museum"の電停から16番の”St. Emmeram"行きのトラムに乗りました。
やってきたのはここ・・・なにやら立派なお屋敷なんであります♪

d0353489_2236337.jpg

建物の銘盤には、"Villa Stuck"とあります。
ここはドイツの画家、フランツ・フォン・シュトゥックの旧住居で、19世紀末にシュトゥック自身により設計・建設されました。
現在はミュンヘン市による管理で、美術館として運営されています。

d0353489_22364024.jpg

フランツ・フォン・シュトゥックはミュンヘン分離派の創始者の一人です。
分離派・・・ゼツェシオン(Sezession)と言う名前でも知られておりますね。
保守的な芸術家組合から分離する形で誕生したため、この名がついているんだそうです。

この運動はその後ベルリンやオーストリアにも波及し、ベルリン分離派やウィーン分離派の活動につながり、さらにはドイツ版アール・ヌーボーである「ユーゲント・シュティール」(青春様式)につながりました。

ユーゲントシュティール様式と言えば、ダルムシュタットの芸術家村「マチルダの丘」が有名です。
アール・ヌーボーふぇちの私は2011年のドイツ旅行の際に訪問しました。
そして、ミュンヘンのヴィラ・シュトゥックもぜひ行ってみたい場所だったんであります。

d0353489_22365883.jpg

中に入ると・・・おお、フランツ・フォン・シュトゥックらしいほの暗い妖しい雰囲気で満たされておりました。

d0353489_22382166.jpg

ウィリアム・モリスやエドワード・バーン=ジョーンズなどの英国アーツ・アンド・クラフツ系のアールヌーボーとも共通する何かがありましたねえ♪

d0353489_223955.jpg

うねうねと曲線を描くデザイン・・・やはりユーゲントシュティールもアール・ヌーボーなんであります♪

d0353489_22392594.jpg

館内に飾ってあったVilla Stuckのミニチュアモデルです。

d0353489_22403365.jpg

こんなティールームもありました。

d0353489_22405217.jpg

外部のバルコニーの天井にもびっしりとユーゲントシュティールななデザインがほどこされておりましたねえ♪

d0353489_22411493.jpg

さて、ヴィラ・シュトゥックを出て100番のバスに乗って、次の目的地へ向かいます。
バスもトラムもバイエルンチケットでまかなえますから、便利なんであります♪
次のドイツ旅行記は・・・年明けですね。^^

Museum Villa Stuck, Prinzregentenstraße 60, 81675 München, Germany
LUMIX DMC-GM5
LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

☆ブログランキングに参加しています。
この世紀末の分離した青春様式の邸宅をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-27 05:00 | Overseas Trip | Trackback | Comments(12)
2016年 12月 26日

初冬の駅にひそむ光蜥蜴 (写真部門)

d0353489_17494669.jpg




d0353489_17503067.jpg




d0353489_175141.jpg




d0353489_17513765.jpg




d0353489_17525257.jpg

冬至は過ぎましたが、まだまだ薄暗い午後が続きますね。
光蜥蜴ハンターにとってはまたとない稼ぎ時、ついつい似たような光蜥蜴写真の乱造に励むんであります。^^;

それにしても・・・好きなものって、撮っていても飽きませんね。
私の写真友達の皐月の樹さん・・・この方は大のススキふぇちでススキばかり撮ってらっしゃいます・・・別名ススキーノさんです。
そのため、秋はブログタイトルが「ススキの樹」になっております。^^;

私も黒顔羊改め「光蜥蜴羊」とか「赤錆羊」にした方がいいのかなあ。^^;

愛知県みよし市 名鉄・三好ヶ丘駅にて
Nikon D610
Tamron SP AF 28-75mm F/2.8 (Model A09IIN)

☆ブログランキングに参加しています。
この翳りゆく師走の紅葉をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-26 05:00 | Lights & Shadows | Trackback | Comments(18)
2016年 12月 25日

クリスマスなテディベアたち (写真部門)

d0353489_2248297.jpg

みなさま、Happy Holidays!
昔は無邪気にMerry Christmasって言ってたもんですが、昨今はポリティカル・コレクトネスの点から、言えなくなりました。
世界には多様な宗教がありますから、キリスト教の「メリー・クリスマス」だけ言うのは不公平なんだとか・・・^^;

何はともあれ、今日はクリスマスです。
我家の玄関にもクリスマスなものがたくさん飾ってあります。
こちらは今年の初夏のドイツ旅行の際、ローテンブルクで買い求めたオーナメントですね。
さて、その横にある2016と書かれたものは・・・

d0353489_16434639.jpg

シュタイフ社の2016年度のサンタ・ベアです。
羽根の生えた真っ白なエンジェルベアで、鼻などにスワロフスキーのクリスタルがあしらわれたスペシャルバージョンですね。
その右後ろに見えるサンタ・スーツのテディベアは・・・

d0353489_16435562.jpg

2001年度のサンタ・ベアです。
確か日本限定だったんじゃないかな、と思います。

d0353489_1644983.jpg

こちらは2002年度のアジア地区限定サンタ・ベアです。
深緑色のサンタスーツを着ております。

d0353489_16442242.jpg

こちらは2003年度のアジア地区限定のサンタ・ベアですね。

d0353489_1644342.jpg

こちらは2004年度のアジアン・サンタです。

d0353489_16444560.jpg

そしてこちらは2005年度のアジアン・サンタです。

実はこの他にもリトル・サンタ・シリーズと言うものもありまして、二回りぐらい小っちゃい可愛らしいベアです。
今年は出してませんが、これも十体近くあります・・・来年はリトル・サンタを撮ってみようかな。^^

さて、昨日はヤマタツの「クリスマス・イブ」へのリンクを張りましたが、それと双璧をなす二大クリスマス失恋ソングと言うと・・・
WHAM!のLast Christmasですねえ。
数年前に、やはりテディベアとコラボしたクリスマスエントリを書き、この歌の歌詞を翻訳してみたことがありました。

それでは皆様、楽しいホリデイの日曜日をお過ごしください♪

愛知県みよし市三好ヶ丘にて
LUMIX DMC-GM5
MITAKON ZHONG YI Speedmaster 25mm f/0.95

☆ブログランキングに参加しています。
このクリスマスなテディベアたちをご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-25 05:00 | Seasonal Image | Trackback | Comments(14)
2016年 12月 24日

ノエルな季節の赤煉瓦 (写真部門)

d0353489_212983.jpg




d0353489_21293056.jpg




d0353489_2130342.jpg




d0353489_21302438.jpg




d0353489_2130524.jpg




d0353489_213153100.jpg

みなさま、メリー・クリスマス♪
私はクリスチャンではありませんが、いまだにクリスマス・イブになるとワクワクする因果なタチです。^^;

さて、こちらの写真は今月初旬に撮ったものです。
昔、私が所属していた写真塾「写房」の作品展を見に、名古屋のノリタケの森ギャラリーに行ってきました。
家元の指導冴えわたり、どの作品も気合の入った完成度で、夥しく刺激を受けてかえってきました♪

d0353489_21322664.jpg

このノリタケの森、この季節になると毎年クリスマスデコレーションが始まり、赤煉瓦の旧工場に映えてとても美しいです。
マンネリではありますが、せっかくなので今年も撮影してきました。^^

このノリタケの森、名古屋駅から歩いても15分です。
クリスマスイブの名古屋駅と言うと・・・ヤマタツのアレを使ったJR東海のXmas ExpressのCMを思い出しますねえ。
携帯電話もメールもない時代でしたが、あの頃の方が感動は大きかったなあ。^^

それでは皆様、楽しいクリスマスをお過ごしください♪

名古屋市西区 ノリタケの森にて
LUMIX DMC-GX8
Lumix G 20mm/F1.7 ASPH

☆ブログランキングに参加しています。
このノエルな季節の赤煉瓦をご覧になって、心にナニカをお感じになった方・・・
下の「心象風景写真」の2つのバナーをクリックしていただければ幸いです。
みなさまの応援が、何よりの励みになります♪
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


心象風景写真 ブログランキングへ

第一回プラチナブロガーコンテスト
[PR]

# by blackfacesheep2 | 2016-12-24 05:00 | Seasonal Image | Trackback | Comments(10)